家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓子供と楽しむボードゲーム↓↓↓ 子供と遊ぶボードゲーム

ボードゲームは、ここまで人を感動させるのか。
 
 ボードゲーム「ウェザーマシン(Weather Machine;ウェザー・マシーン/ウェザーマシーン)」で遊びました。

 天気を操る発明「ウェザーマシン」が引き起こした異常気象。実験データを集めて論文を発表、実地検証でメカニズムを解明せよ。科学技術に関わる人ならば、100%感銘を受けるテーマです。

 2023/1/28、日本語版(ふるりん本舗)が発売予定。
 海外通常版(Eagle-Gryphon Games)の定価は149.99USドル。プレミアム価格に注意。


◎関連記事:ラセルダ氏著作のボードゲーム




★天候を操る発明には、致命的な欠陥があった。


 天気を自由に操れる発明「ウェザーマシン」。しかし欠陥があり、ある場所の天候を変えると、別の場所に異常気象が発生してしまう。気づいたときには、人類存続の危機になるほどの影響が出ていた、というストーリー。
20230107zw00.jpg
↑政府機関・研究室・開発センターの3箇所で、さあ実験の始まりだ!

 プレイヤーは科学者です。この原因を究明するとともに、解決の方法を実地検証し、各地の異常気象を解消する足掛かりを得ることが目的です。データを集めて、論文を発表して、実試験で効果を実証する、という流れは、理系の職業人が取り組む内容そのものです。この喜びを、子供たち(娘11歳、長男8歳、次男6歳)に、ぜひ理解してほしい!

 やはり圧倒的なのが、コンポーネント(物品)の豪華さ。まず、タイル1枚1枚の厚さが違う(体感1.5倍)。紙チップでじゅうぶんな物品まで、いちいち造型の細かい木製コマです。こ、これが高級ゲームか…。
20230107zw01.jpg
↑もちろんインサート付き。きちんと並んで、ああ美しい。


★論文と実地検証で、科学者の使命を果たせ!


 プレイヤーは、ウェザーマシンの欠陥の原因を突き止め、論文を書き、改善試作機を作り、実地検証で効果を実証する、というストーリー。このストーリーのもと、ゲーム中では、以下の①~③の手順を踏んでいきます。それぞれが、個別に得点を得る行動になっています。

①3箇所の場所をめぐり、研究データを集める。
②研究データが集まったら、論文を発表する。
③論文を実地検証し、効果を確認する。
20230107zw02.jpg
↑ちっちゃくてかわいい実験ロボ。倒れやすいので優しくしてね。

 おもしろいのが、ウェザーマシンを稼働するアクションが、各地の気象に影響を及ぼすところです。3箇所にあるマシンのうち、2ヶ所(政府・開発センター)のマシンは、異常気象を解消に向かわせます。共通ボードには天気タイルがあって、このタイルを取り除くことで、異常気象が解消されていきます。

 ところが、研究室にあるオリジナルのウェザーマシンは、欠陥品です。稼働のたび、異常気象をひどくしてしまうのです。それでも稼働しなければならないのは、そもそも異常気象の原因がオリジナルマシンにあり、その原因を特定するには、実際に稼働させてデータを収集するしかないからです。なるほどそうだよね、と思いつつ、実際それをやるにはどれほどの勇気がいるのか、と考えさせられます。責任は少しでは済みません。そこには科学者としての、強い使命感と覚悟があるのです。
20230107zw03.jpg
↑マシン稼働で気象が悪化しても、今はデータ取得のほうが重要だ。

 そして、異常気象の進行・解消自体は、ゲーム進行に大した影響を与えません。あくまでプレイヤーの目的は原因究明と対策明示までです。異常気象を完全に解消することは、ゲームの範囲外にあります。そうした現場的な課題は、また別の英雄たちが(ゲーム後に)引き継ぐのです。


★パズル的な遊び心地は、ゲーム進行とともに変化!


 基本ルールは、各人1個のワーカーコマを移動して、そのマスのアクションを実行する方式。ルール・物品の量的には、「グレートウエスタントレイル(GWT)」と同等くらい。ただし、個々のアクションの処理分量が多めで、それぞれGWTのゴール処理くらいあります。とはいえ、主要アクションは6個だけ。かつ、すべてアイコン記載があり、1個ずつ確認していけば、漏れなく処理ができます。 丁寧なアイコン記載とともに、テーマとゲーム内容が高度にリンクしていることもあり、初回に遊んだときでも、ルール上で大きな混乱に陥る部分はありませんでした。 
20230107zw04.jpg
↑言語依存ゼロ! カードレスで、意外とコンパクトに遊べるのも嬉しい。

 ただ、上手にプレイできるかと言うと、まったく別の話。こっちのアクションを実行するには、あっちのアクションの結果から得られる物品が必要。しかしそれを得るにはこっちのアクションを先に。でもそれには…。と、目的に至るまでの手順が交錯したループのような構造になっていて、どこから手をつけて良いのやら、途方にくれてしまいます。特に「歯車」は、入手できる方法が限られており、これをどう融通するかが、前半の主要な悩み事でした。
20230107zw05.jpg
↑多数のリソースが複雑に絡み合う。どれを選べばよいのか?

 そうした悩ましさも、後半になると大きく変化していきます。特に影響が大きいのが、「引用」という要素です。通常、論文を発表するには、3箇所の場所からデータを入手する必要があります。ところが、誰かが論文を発表すると、同じ天候の論文は、2ヶ所のデータだけで発表可能になるのです。これによって、論文の発表が加速されます。さらに、論文発表後の実地検証が成功すると、「重要データ(表彰コマ)」がもらえます。このコマは任意の1データとして、論文発表に使えます。引用と重要データをうまく利用すれば、データ収集をスキップして、発表と実地検証を連続的に繰り返すことができます。一気にノーベル賞(重要データ3個取得)に近づきます!
20230107zw09.jpg
↑後半、一気に加速する論文発表競争!


★まとめ:科学者たちは、今日も仮説と検証を繰り返す。


 まさに、「理系の職業人の仕事そのもの」のテーマ。遊ぶ前から興奮して、遊んで感動しました。以下、感想です。

◎素晴らしい点


  • ストーリー。数々の実験を行ってデータを取得し、考察の末に理論を組み立て、実用に耐える試作ユニットを作る。ついに論文をまとめあげた。その長年にわたる活動の最終段階として、試作ユニットを組み込んだ「改良版ウェザーマシン」で実地検証を行う。それが成功し、実際に異常気象が取り除かれることを確認できた。そのときの震えるような達成感、科学者・技術者としての誇りを想像すると、涙が出てくるほど感動的だ。こんなに感銘を受けたボードゲームは初めて。
  • 最終目的。異常気象の完全除去でなく、解決への足掛かりを作るところまでが目的になっている。科学者の立場として、実に現実的で素晴らしい。ゲーム内で科学者は、科学者としてできることを果たす。その後は、各分野の専門家が実用の道を切り開いていくのだろう。そうしたゲームの後日談的な部分にまで、想像が広がっていく。これほどイメージが広がっていくことも、ボードゲームでは初めての経験だ。
  • テーマとルールの融合。データ収集、仮説の文書化、実地での検証と、科学者・技術者が日常的に行っている仕事。この仕事の流れを、具体的に手順を追って体験できる。ロボ、燃料、パーツなど、さまざまな物品が登場するが、すべてマシンによる実験という部分でつながっていて、混乱は生じない。データ収集、論文発表、検証試験の3大要素が得点と強くリンクしている点も実に自然だ。テーマとルールの整合が素晴らしく、違和感なくプレイに集中できる。
  • 進行とともに変化する遊び心地。各アクションで必要な物品、獲得できる物品が複雑に絡み合い、どこから手をつけてよいか途方にくれる状態からスタート。しかし誰かが論文発表をしたところから、「引用」によりゲームが急激に加速していく。拡大再生産らしい要素が見当たらないにもかかわらず、実際には後半ほどプレイの幅が拡大していく。たった十数手番とは思えないほど、濃密で中身のあるゲームに感じた。遊ぶたびに新たな発見がありそうで、何度も遊びたくなる。ぜひ、ベストスコアを目指したい。
  • 言語依存フリー。今回、フランス語版を買ったが、言語依存がまったくない。個々のアクションは何段階かの手順を踏むが、すべてボードにアイコンで記載されており、漏れなく、スムーズに進められた。子供たち(娘11歳、長男8歳、次男6歳)と遊ぶ場合に、言語依存がないことは、非常に重要だ。ゲーム内のイメージを自由に膨らませるためにも、言語依存がないことは有用だと思う。

◎気になった点


  • 価格。物品が豪華とはいえ、本体2万円弱という、ボードゲームでは考えがたい高価格。確かに素晴らしい内容であるが、はっきり言って、コストパフォーマンスが悪い。理系の人にぜひ薦めたいのだが、さすがにこの価格だと躊躇してしまう。結果的に、遊ぶ人が限られてしまうことは、とても残念だ。



★総評:期待以上


※期待以上/期待通り/失敗した、の3段階評価。

 世界中で、さまざまな事象を研究し、物品の実用化に励む科学者・技術者たちが、日々活動しています。

 このゲームで味わう経験は、実際本当に、そうした科学者・技術者すべてが取り組み、理想とし、成し遂げることを夢見ているストーリーなのです。


20230107zw06.jpg
↑理系スペシャリストの活動を丁寧に再現。この感動をぜひ味わってほしい!




◎関連記事:ラセルダ氏著作のボードゲーム





この記事が役立ちましたら、ランキングクリックをお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング
関連記事
↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング学習&論理的思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg



 神奈川県藤沢市では、2022/12/1~2023/1/31の間、「フジサワトレジャー2023~竜神の試練と守られし大地~」が開催されています[1]。毎年開催されているイベントで、今年も、このフジサワトレジャー(通称「フジトレ」)を楽しみました。

<エノシマトレジャー/フジサワトレジャーの記事>
 ★2022年の記事は →こちら
 ★2021年の記事は →こちら
 ★2020年の記事は →こちら
 ★2019年の記事は →こちら
 ★2018年の記事は →こちら
 ★2017年の記事は →こちら
 ★2016年の記事は →こちら
 ★2015年の記事は →こちら
 ★2014年の記事は →こちら。
 ★2013年の記事は →こちら
 ★2012年の記事は →こちら

[1]公益社団法人藤沢市観光協会:エノシマトレジャー~さよならの竜と伝承の宝~


 開催期間があと2週間ほどとなりましたので、ネタばらしにも似た「クチコミ情報」(寸止め回答集)を書きます。何時間も歩き回ってもどうしても解けない場合、小さい子供が「だっこ/おんぶ」を要求して困り果てた場合、などなど、最終・最後のヒント・解決手段としてご活用ください。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 これから取り組もうとしている方は、
 可能な限り見ないように注意してください。
 自力で探したほうが、何倍も楽しめます。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


 毎度ながら、たいへんよくできた宝探しイベントです。内容を味わいつくし、遊びつくすために、この記事を書きました。イベント開催者の皆様に、感謝します。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 <注意!!>ここから先は、ネタバレがあります。
 もう一度、もう10分だけ、自分の力で考えてください。
 自力で解く楽しみを捨ててしまって、本当に良いですか?
 熟考の上、この先を読むかどうか、決めてください。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



★フジトレ2023:竜神の試練と守られし大地


 例年、「エノシマトレジャー(エノトレ)」として開催されている藤沢市の宝探しイベントですが、今年(2023年)は「フジサワトレジャー(フジトレ)」として、小田急江ノ島線・長後駅周辺で行われました。開催期間は、2022/12/1~2023/1/31です。今回は、次男6歳と私の2人で参加しました。私は12回目の参加で、もはや常連です。
 参加日は2022/12/3(土曜日)。やや遅く、午後14時から捜索をスタートしました。長後駅までは電車(小田急江ノ島線)で行きました。捜索はすべて徒歩です。


★試練1:×の地に手がかり


 最初の謎は、図形を見て、「×」の地を特定するものです。3本の上下に伸びる線があり、それぞれが、なんらかの線上の地形を示しているのでしょう。思い浮かぶのは、川、線路、道路などですが、はて、どれがどれを示すのか。「捜索マップ」を見れば、いいアイデアが浮かぶかもしれません。

 それはそうと、長後駅周辺には、たくさんの公園があります。下の写真は、長後駅からほど近い、線路の近くにある公園です。次男6歳がいっしょなので、ちょっと公園で遊ぶことにしようかしらん。
20230113ze100.jpg

 ちょうどよく、ジャングルジムがありました。青・黄・赤の「三色の丸」い構造体が特徴的です。
20230113ze101.jpg

 そのジャングルジムの近くにあったものが、次男は気になっているようです。しかし私は今、「銀色の板」を探しているのです。掲示板には用がないのです。
20230113ze102.jpg

 …と考えていたら!

 思わぬところで、合言葉①を見つけることができました。


20230113ze103.jpg


★試練2:「あみきむだもち」の花


 試練2は、意味不明です。「あ→み→き→む→…」の花を読め、ですって。なんのことやら、さっぱりです。花は図中にありますが、その色ときたら、赤(あか)、緑(みどり)、黄(き)、紫(むらさき)、橙(だいだい)、桃(もも)、茶(ちゃ)といったもの。例えば「あ→み」は、「あ」から「み」に向かって線をつないで読め、ということなのかもしれませんが、どうすればよいのやら。

 考えても仕方がないので、次男と一緒に公園めぐりをすることにしました。ここは、長後駅の西側、駅からは少し離れたところにある公園です。ここに来るのは、はじめてです。おもしろい遊具があるといいなあ。
20230113ze201.jpg

 そして次男が見つけたのが「ぱんだ」の遊具です。6歳にもなると、この遊具は小さいと思うのですが。え、白(「し」ろ)と黒(「く」ろ)が気になるですって? なにを言っているのでしょう、この子ってば。
20230113ze203.jpg

 …ところがどっこい、ぎっちょんちょん!

 まさかこんなところに、合言葉②があるなんてッ!!


20230113ze204.jpg


★試練3:順に並べろ


 そんなこんなで、私と次男の公園めぐりの旅は続きます。いや違った、トレジャー探しの旅でした。今日は何曜日? 日月火水木金土…なんて歌いながら、次の目的地を探す私たち。日(太陽)=う、月=え、火=と、…てな具合でして。

 それでたどり着いた公園がこちら。はい、「第2」です。
20230113ze302.jpg

 ありましたよ。「2つの石」。
20230113ze303.jpg

 ここは順当に、合言葉③を発見です!


20230113ze304.jpg


★試練4:藤棚の迷路


 試練4は、迷路ゲームです。スタートからゴールまで抜けて、文字を読めばよいのでしょう。これは簡単! 行き止まりの文字なんて、気にしなくっていいよーだ。え、気にしないとダメですか?

 次の目的地までは、けっこう距離があって大変でした。しかも道が狭く、車の交通量が多くて、ヒヤヒヤしながら歩きました。ようやくたどりついたのが、こちらの公園です。(いちど行き過ぎてしまい、引き返しました。ちょっと分かりにくい場所にありました。)
20230113ze401.jpg

 ここにも小さい子むけの遊具がありました。飛行機(「空の乗り物」)とライオン(「陸の生物」)の組合せです。
20230113ze402.jpg

 そして、合言葉④を見つけました!


20230113ze403.jpg


★最後の試練:忘れし心を思い出せ!


 すべての手がかりが見つかりました。ここまで、合言葉をスマーホに入力して、「最後の試練」の最初の4行のマスが埋まりました。しかし、下半分のマスは、空っぽのままです。よく見ると、それぞれのマスには、色と模様が付いています。よもや、同じ色・模様のマスには、同じ文字が入るなどということではあるまいな。

 なんとかして下半分の文章を解読した私たち。しかし、この文章は、暗号のようでもあります。ここはエノトレ(フジトレ)名物、「パンフレットを折る」作戦に出るところでしょうか? ここは今回のハイライトなので、モザイクかけておきます! 
20230113ze601ab.jpg

 いよいよ大詰めです。たどりついたのは、この場所。2018年のエノトレでも、この場所に来たことがあります。
20230113ze501.jpg

 この灯篭は柵に囲まれ、まるで「結界に守られ」ているかのようです。
20230113ze502.jpg

 そしてついに、「宝」を発見しました!!


20230113ze503.jpg

 書かれた「合言葉⑤」をフクロウに報告すれば、ゲームクリアーです!!

 おめでとう! 君はみごと竜神さまの意図を明かすことができた! そして、フジサワに「竜神の守り」を取り戻すことができたのだ!!
 おめでとう、おめでとう!!



★まとめ:今年もありがとう、フジトレ!
 今回は次男6歳=幼稚園年長と私の、2人での参加しました。スタートは14時と遅めでしたが、16時前ににクリアーできました。謎のボリュームは少なめでしたが、それなりの移動距離があって、次男と楽しい散歩時間を持てました。ただ、道中、道がせまく、かつ自動車が多い箇所が続いて、子供連れで歩くのには神経を使いました。試練4に向かうルートは、裏道を通るべきだったかもしれません。ともあれ、楽しい時間を過ごせました。

 今年も、開催に尽力くださいました皆様に、感謝します。ありがとうございました!!




この記事がインプレッシブでしたら、ランキングクリックをお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング
関連記事
↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング学習&論理的思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg



新発売・未発売のボードゲームの購入を検討する記事です。今回は「ヒート:ペダル・トゥ・ザ・メタル(Heat: Pedal to the Metal)」。

 エンジンの熱気が伝わってくる。アクセルをベタ踏みして、フルスピードでコーナーに突っ込め! 2023年1月に日本語版が発売予定。

20221213zh01.jpg
画像出典:Days of Wonder; Heat: Pedal to the Metal 英語版ルールブック(2022)




★ゲーム内容の確認


1)基本情報:プレイ人数、プレイ時間など
2)テーマ:世界観、ゲームのあらまし
3)外観:絵柄、コンポーネントなど
4)ルール:手順概要、特徴的な要素など
5)遊びやすさ:言語依存、リプレイ性など
6)入手性:価格、在庫状況など



1)基本情報


・タイトル: ヒート:ペダル・トゥー・ザ・メタル
・作者: Asger Harding Granerud, Daniel Skjold Pedersen
・原題: Heat: Pedal to the Metal
・発売年:2022年11月(英語版)
・出版社(一例): Days of Wonder [1]
・プレイ人数:1~6人
・プレイ時間:60分
・推奨年齢:10歳以上

[1] Days of Wonder: Heat Pedal to the Metal
[2]Board Game Geek: Heat: Pedal to the Metal (2022)

2)テーマ


・年代:1961年~1963年
・場所:車のレース場
・プレイヤーの立場:レーサー
・目的:レールに勝利すること。
・行うこと:
 ・マシンを操り、コースを走る。

※「ペダル・トゥー・ザ・メタル」は、アクセルをベタ踏みすることを示すらしい。

3)外観


・絵柄:劇画調レース漫画ふうのイラスト、色褪せた感じの色調
・コンポーネント:
 ・ボード:メインボード2個、補助ボード1個、個人ボード6個
 ・プラ製コマ:約10個
 ・カード:約330枚
 ・紙製チップ:約20個
・箱サイズ:30×30cm(カタンサイズ)
・共通ボード:75×50cm程度(推定)
・個人ボード:25×15cm程度(推定)

4)ルール


 以下、英語語版マニュアル(Days of Wonder、2022年)を参照した情報。(主に基本ルールについて記載。)

○基本システム


・個人用カードセットの繰り返し使用。
・共通ボードの一方通行トラック進行(勝利条件の獲得)。

○主要物品


・共通ボード:
 ・コース:各人のマシンが進む。4種から選択。
・個人エリア:
 ・個人ボード:
  ・カード置場:個人デッキの山・捨て札置場。
  ・エンジン:ヒートカードの山。
  ・ギア:現在のギアを示す。
 ・手札:7枚をデッキから引いて持つ。

○大まかな手順


1)ラウンド制。終了条件を満たすまで続ける。
2)全員同時に、以下を順に行う。
 ①ギアを1段まで上げ下げできる。
 ②ギアと同数だけ、手札からカードを裏向きに出す。
3)先頭の人から順に1手番ずつとる。
4)手番では、以下を順に行う。
 ①カードをすべて表にして、数字を合計する。
 ②合計値の歩数だけ、自色マシンを進める。
 ③条件に応じ、各種の効果を実行できる。
 ④コーナー通過したら、制限速度と、カード合計値を比較する。
 ⑤制限速度を越えたら、差分のヒートカードを捨てる。
 ⑥残った手札を捨てられる。捨てなくてもよい。
 ⑦手札を7枚に補充する。山が尽きたら、捨て札を混ぜて山にする。
5)全員が手番をとったら、次ラウンドへ。2~
6)全員が所定数の周回を終えたラウンドで、ゲーム終了。

○勝敗


・最初にゴールした人が勝ち。

○特徴的な要素


・内容が固定された個人カードセットから、カードを繰り返し使う。
・カードには、以下の種類がある。
 イ)通常カード:スピードを示す数字が記載されている。
 ロ)効果カード:特別な効果を持つ。
 ハ)ストレスカード:数字が不定のカード。
 ニ)ヒートカード:最初、専用の山にある。コストとして払う。
・個人ボードには、ヒートカードの山がある。
 ・ヒートカードは、カーブでの速度超過時などに払う。
 ・払ったヒートカードは、個人デッキに加わる。
 ・手札のヒートカードは、コストには使えない。
 ・手札のヒートカードは、低速ギヤを選ぶと山に戻せる。
・以下の要素がある。
 ・ストレスカード:デッキから1枚めくり、その数字として扱う。
 ・マーク:カードやギアに記載。冷却や移動歩数増加の効果。
 ・後方ボーナス:毎ラウンド最後尾の人は、所定ボーナスを得る。
・以下の応用ルールがある。
 ・追加要素:効果カードの追加、エリアごとの特殊効果の追加など。
 ・無人プレイヤーの追加。
 ・ロングゲーム:3~4レースを続けて遊ぶ。

5)遊びやすさ


・言語依存:
 ・基本ルールでは、処理に関する言語記載はない。
 ・カードタイトル(フレーバー)は、文字による記載。
 ・応用ルールのカードには、文字による効果説明がある。
・プレイ人数依存:
 ・1~6人用:同じルールで遊ぶ。無人プレイヤーの追加可。
・リプレイ性:
 ・使用物品変化:
  ・コースは4種類から選ぶ。
  ・応用ルール:異なる初期セットアップがある。
 ・ランダム要素:
  ・カードの引きはランダム。

6)入手性


・海外版:
 ・英語版が発売中。やや品薄か。
 ・参考価格:74.99USドル

・日本語版の発売予定[5]:
 ・取扱いメーカー:ホビージャパン
 ・発売予定時期:2023年1月
 ・メーカー価格:9350円

[4] Days of Wonder: Heat Pedal to the Metal
[5]ホビージャパン:ヒート



★考察:「ヒート」の魅力と懸念点


 分かりやすいレースゲーム。ちっちゃい車のコマもかわいらしく、興味を持ちました。

◎魅力を感じた点


  • ルール。個人デッキは固定で、ゲーム中の追加はない。所定数のカードを出して、マシンを進めることを繰り返すだけで、とてもシンプル。しかし、シフトの調整がキモで、スピードを出し過ぎるとカーブが曲がれないし、遅すぎると先に進めない。コストとなるヒートカードをどこで使うかもカギになるだろう。ルールがシンプルなぶん、戦略や駆け引きに集中できそうだ。白熱したゲームになるに違いない。
  • カスタマイズ感覚。応用ルールの「ガレージモジュール」では、ゲーム前に改造カードを自由に組み合わせて、特徴のあるデッキを組み立てることが可能。コースの特徴や、相手マシンの傾向に合わせて、戦略的なセッティングが求められる。こうした個人別マシンのカスタマイズは、昔のファミコンゲーム(ディスクシステム)の「ブリーダー」を思い出す。勝負に勝っても負けても、調整をしながら繰り返し遊びたくなることだろう。
  • 物品。ちっちゃいクルマのミニチュアは、見た目がよい。車レース漫画ふうのカードイラストも、気分を高めてくれそうだ。

◎懸念点


  • 価格。9350円は高額すぎる。応用ルールの物品が多数付属し、価格を押し上げてしまっているのが残念。ライトな感覚ながら白熱して遊べるファミリーゲームとして魅力を感じたのだが、この価格はとても「ライト」ではない。
  • テーマ。「レースゲーム」は分かりやすいテーマだが、私も子供たち(娘11歳、長男8歳、次男6歳)も、まったく関心がない。しかも1960年代のレースカーである。電気自動車や空飛ぶ車に関心が移っている情勢下では、どうしても時代遅れに感じてしまう。モチベーションが上がらない。


★判定結果:「ヒート」は買うべきか?


 以上を踏まえて、「ヒート」を買うべきかどうか、判定しました。

 判定結果:うちには必要ない。

※ぜひ買いたい/気になる/うちには必要ない、の3段階評価。

 デッキ固定のシンプルなルールながら、駆け引きの要素があり、まさに白熱した「レース」に集中できそうです。ただ、残念ながら我が家では、カーレースに関心のある人がいません。得られる体験の「濃さ」を考えると価格が高すぎると感じ、見送りとしました。

20221213zh01.jpg
画像出典:Days of Wonder; Heat: Pedal to the Metal 英語版ルールブック(2022)


この記事が役立ちましたら、ランキングクリックをお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング





関連記事
↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング学習&論理的思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.