家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓子供と楽しむボードゲーム↓↓↓ 子供と遊ぶボードゲーム

未発売のボードゲームの購入を検討する記事です。今回は2023年発売予定「エイジ・オブ・インベンター(Age of Inventors)」。
20221112za01.jpg
画像出典:Maple Pug; Age of Inventors 英語版ルールブック (2022)


★ゲーム内容の確認
1)基本情報:プレイ人数、プレイ時間など
2)テーマ:世界観、ゲームのあらまし
3)外観:絵柄、コンポーネントなど
4)ルール:手順概要、特徴的な要素など
5)遊びやすさ:言語依存、リプレイ性など
6)入手性:価格、在庫状況など



1)基本情報
・タイトル:エイジ・オブ・インベンター/発明家の時代
・作者:Aiollus, Iskios, VantoN
・原題:Age of Inventors
・発売年:2023年(予定)
・出版社(一例): Meeple Pug [1]
・プレイ人数:1~4人
・プレイ時間:60分~
・推奨年齢:14歳以上
・支援金額:通常版49ユーロ、DX版59ユーロ
※2022/10 キックスターター募集終了

[1] Kickstarter: Age of Inventors
[2]Board Game Geek: Age of Inventors (2023)


2)テーマ
・年代:19世紀後半を中心とする発明の黄金期
・場所:世界の各地
・プレイヤーの立場:発明家
・目的:発明を通じ、文明を発展に導くこと。
・行うこと:
 ・機材をそろえ、必要な資材を集める。
 ・発明家の協力を得て、発明品を完成する。


3)外観
・絵柄:セピア調の落ち着いた色使い、漫画風の人物画
・コンポーネント:
 ・ボード:メインボード1個、個人ボード4個
 ・木製コマ:約180個
 ・紙製タイル:約70個
 ・紙製チップ:約70個
 ・カード:約50枚
 ・その他:専用インサート5個、袋1個

・箱サイズ:30×30cm(カタンサイズ)
・共通ボード:60×60cm程度(推定)
・個人ボード:30×15cm程度(推定)


4)ルール
 以下、英語語版マニュアル(Meeple Pug、2022年)を参照した情報。

○基本システム
・ワーカープレイスメントとアクション選択の併用。
・共通ボードへのタイル配置(物品の獲得)。

○主要物品
・共通エリア:
 ・共通ボード:
  ・地図:発明家・発明品タイルを置く六角マス群。
  ・トラック:着想、工業、経済、学会。
  ・売場:機材チップ、実験チップ、発明品タイル、発明家カード。
  ・イベントカード:毎ラウンド発生するイベント。
 ・袋:ブレークスルーチップを入れる。

・個人エリア:
 ・個人ボード:
  ・実験室:機材チップを置く。
  ・歯車:現金の所持数を示す。
  ・スイッチ:アクション実行時にONにする。4個。
  ・自色ワーカー:アクション実行に使う。4個。
  ・自色本:タイルの所有権を示す。
  ・自色マーカー:各トラックの進捗を示す。
 ・発明家カード:特殊効果を与える。発明家タイルとセット。
 ・発明品タイル:手札として持つ。

・資源:現金、資材4種


○大まかな手順
1)ラウンド制。最大4ラウンド。

2)着想トラック上位から順に、以下を行う。
 ①機材チップ1個を、売場から選んで買う。
 ②チップのあった場所に、自色の順番マーカーを置く。
 ③チップを個人ボードの実験室に置く。設置ボーナスを得る。
 ④所有する機材チップすべての効果を得る。

3)順番マーカーが左の人から順に、手番をとる。
 ①手番では、以下いずれか1個を行う。
  a)自色ワーカーをアクションマスに置き、アクションを実行。
  b)個人ボードのスイッチをONにして、アクションを実行。
  c)パス。以降、このラウンドの手番はこない。
 ②全員がパスをするまで、何周も繰り返す。

4)以下を行い、次ラウンドへ進む。
 ①ワーカーをすべて手元に戻す。
 ②個人ボードのスイッチをすべてOFFにする。
 ③イベントカードを更新する。
 ④着想トラックに応じ、収入を得る。

5)以下いずれかを満たしたら、ゲーム終了。
 イ)全4ラウンドが終了した。
 ロ)共通ボードの地図の空マスがなくなった。


○勝敗
・終了後、勝利点を集計し、点数が高い人が勝ち。
・得点源:各トラック順位、ブレークスルーチップ、実験チップの条件充足。


○アクション
a)ワーカーによるアクション:
 イ)機材:個人ボードの機材効果を得る。
 ロ)利用:共通ボードのタイルに置き、その効果を得る。
 ハ)着想:着想トラックを進める。
 ニ)実験:実験チップを買う。
 ホ)更新:発明品タイル売場を更新する。

b)スイッチによるアクション:
 ヘ)雇用:発明家カードを買う。
 ト)特許:発明品タイルを得る。
 チ)登場:発明家タイルを置く。
 リ)発表:発明品タイルを置く。

○特徴的な要素
・地図上に発明家・発明品タイルを置く。
 ・発明家:
  ・ほかの発明家タイルと隣接不可。
  ・配置後、自色の本コマを置いて所有権を示す。
  ・配置後、対応する発明家カードが使用可能になる。
  ・発明家カードの効果:永続、ラウンド1回、など。
  ・使用時は、所有者に記載コストを払う。
 ・発明品:
  ・同色の発明家と隣接して置く。
  ・配置後、記載物品とトラック進行を得られる。

・以下の要素がある。
 ・イベントカード:毎ラウンド更新。特別な効果を与える。
 ・メダル:各トラックで1位の人が持つ。所定資源を万能化。
 ・リタイヤ:周囲を囲われた発明家タイルは除去される。
 ・ブレークスルー:発明家をリタイヤさせると得る。終了時得点。


5)遊びやすさ
・言語依存:
 ・発明家カードの効果は、文字による説明がある。
 ・イベントカードの効果は、文字による説明。
・プレイ人数依存:
 ・1~4人用:人数によらず、同じルールで遊ぶ。
・リプレイ性:
 ・使用物品変化:
  ・個人ボードは異なる内容の4種類×各両面。
  ・発明家カード・発明品チップの初期手札はランダム。
 ・ランダム要素:
  ・イベント・発明家カード・発明品タイルの出現順はランダム。
  ・機材・実験チップの出現順はランダム。
  ・ブレークスルーチップの引きはランダム。

★考察:「エイジ・オブ・インベンター」の魅力と懸念点
◎魅力を感じた点
・理系テーマ。自動車・電球・X線などなど、実在の発明品が、ベンツ・エジソン・レントゲン等の実在の発明家とセットでゲームに組み込まれている。説明書には発明品の一覧表が付いており、発明の年代や発明者の確認ができる。人類の文明の進歩の様子を知ることができ、とても興味深い。タイルをめくるたびに、子供たちとの会話が弾みそうだ。
・ルール。個人ボードでなく、共通ボードにタイル配置をするシステム。他プレイヤーの置いたタイル効果を使用することもできて、適度なインタラクション(プレイヤー相互の干渉)が期待できる。他プレイヤーの動向にも注意しつつ、待ち時間も集中を切らさずに遊べるだろう。
・物品。歯車やスイッチのついた個人ボード。ワーカー・本・資源・各マーカーはカラフルで多様な形状の木製コマ。見ていて楽しくなる。プレイヤーごとにインサートまで用意されている。とても豪華で、所有欲を存分に満たしてくれそうだ。

◎懸念点
・直接攻撃要素。発明家タイルを囲うと、その発明家をゲームから除外(リタイア)できる。発明家カードの効果も無効になり、かなり強力そうだ。そのほか、他者の現金を奪う、スイッチ(アクション権利)を奪うという効果もある。直接攻撃が嫌いな我が家では、相当な脅威を与える可能性がある。ちょっと不安。
・言語依存。多くのカードの効果説明が、文字による表記。英語版だと、特に子供たちは難儀しそうだ。また、発明者や発明品のタイトルも英語。フレーバーとはいえ、豆知識的な楽しさが損なわれてしまうのは、なんともモッタイナイ。


★判定結果:「エイジ・オブ・インベンター」は買うべきか?
 以上を踏まえて、「エイジ・オブ・インベンター」を買うべきかどうか、判定しました。

 判定結果:ぜひ買いたい。(キックスターターでバック済)

※ぜひ買いたい/気になる/うちには必要ない、の3段階評価。

なんといっても、発明に主眼を置いたテーマ設定が、興味の中心に刺さりました。ギミック満載の個人ボード、カラフルでにぎやかな物品も嬉しい。やや強めのインタラクションが気になるところですが、むしろ普段と違う良い刺激になるのでは、と期待しています。
20221112za01.jpg
画像出典:Maple Pug; Age of Inventors 英語版ルールブック (2022)


この記事が役立ちましたら、ランキングクリックをお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング
関連記事
↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング学習&論理的思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg






管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★






トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.