家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓子供と楽しむボードゲーム↓↓↓ 子供と遊ぶボードゲーム

ターンの概念がなく、待ち時間がないけれど、時間待ちがある。アクティブタイム・ワーカープレイスメント・ボードゲーム「ペンデュラム:振り子の王国」で遊びました。これは、とんでもなくおもしろいぞ!!


★ワカプレ+砂時計=ボードゲーム「ペンデュラム」
 新ボードゲームを入手しました。以前に購入検討した「ペンデュラム:振り子の王国(原題:Pendulum)」です。
20220819zp802.jpg

 架空のファンタジー世界が舞台。失われた王の座を求めて、各勢力が覇権を争います。ワーカープレイスメント方式(共通ボードのマスに自色コマを置き、その場所のアクションを実行できる仕組み)で、資源を集め、交換し、ポイントを集めていくタイプです。ゲーム終了時、得点の高い人が勝ち。
20220819zp101.jpg

 ワーカープレイスメントなのですが、「砂時計」を組み合わせているのが、本商品の一番の特徴です。この砂時計は、全員に対して、ワーカーを置く/アクションを実行するタイミングを、実時間(30秒とか3分とか)によって規制します。
20220819zp202.jpg


★動と静の調和「アクティブタイム・ワーカープレイスメント」だ!
 通常のワーカープレイスメントでは、手番が来たらワーカーを置き、アクションをします。しかし、このゲームでは、砂時計が置かれた位置によって、ワーカーを置くか、アクションを実行するかが、全員に対して規定されます。すなわち、砂時計がないエリアには、誰でも/いつでも、ワーカーを置く(または除く)ことができます。逆に、砂時計があるエリアでは、置かれたワーカーのアクションを実行できます。そして砂時計は、砂が落ち切ったら、誰でも隣のエリアに移動できます。

 したがって、ゲーム中のワーカーの配置は、以下のようになります。
①砂時計のないエリアを選び、自色ワーカーを置く/回収する。
②隣のエリアの砂時計が、落ち切るまで待つ。
③落ち切った砂時計を、ワーカーを置いたエリアに移す。
④砂時計を置いたエリアのアクションを実行する。(資源の取得など)
⑤再び、砂時計が落ち切るまで待つ。
⑥落ち切った砂時計を、隣のエリアに移す。
⑦砂時計がなくなったエリアから、ワーカーを回収する。

 ここさえ押さえておけば、インストは簡単。ワーカーを置いて、アイコンの通り支払う→もらう、ごく普通のワカプレ定番ルールです。

 砂時計の動く間、各自が黙々と、ワーカーを置いたり戻したり、資源を取ったり戻したり、思い思いに動きます。ときおり、全員の手がとまる時間帯もあったりして、面白い。「砂時計」「リアルタイム」と聞くと、わちゃわちゃした急かされる感じを想像しますが、これは全然違います。有名RPGの「アクティブタイム・バトル」と同じで、静と動の絶妙な取り合わせです。いくら手を早く動かしたところで、きっちり計画しないと、ろくな成果が上がりません。
20220819zp201.jpg


★実時間の要素で、こんなに面白くなるなんて!!
 全4ラウンド。ラウンド間には、すべての砂時計がロックされる「評議会」が挟まれます。ここが、お互いの成果を確認する主要な場となります。ホッと一息、落ち着いてじっくりと盤面を見渡し、次の戦いに備えます。
20220819zp203.jpg

 そうして最後まで、熱中して遊ぶことができました。待ち時間がなく、常に自分のターン。かといって、砂時計の制約があり、好き勝手にできるわけでもない。不思議なプレイ感でした。常時頭を回転させている、とても濃密な時間を過ごしました。基本はシンプルな資源交換のワーカープレイスメントなのに、実時間の要素が入ると、こんなに面白くなるなんて。感動しました。

 最終得点です。全員、勝利の必須条件である「歴史的偉業」は達成しました。しかし、すべてのコマをゴールまで進ませられた人は、1人もいませんでした。この場合、得点トラックの中で、もっとも後ろのコマの位置が、いちばんゴールに近い人が勝ちになります。私は、下の写真の通り、赤がいちばんとおく、マイナス4点です。優勝は、マイナス2点まで進めた、娘11歳でした。しかし、ゴールまでは、あと3点あります。全部のコマをゴールさせるのは、まだまだ修行が必要そうです。
20220819zp301.jpg

 そして遊んだ後は、きっちりと箱に収納! インサート付きの箱が用意されているのは、素晴らしいことです。プレイヤー物品は、プレイヤーごとにまとめて袋に入れておくと、次回の準備が簡単です。
20220819zp801.jpg


★まとめ:とんでもなく面白いワカプレだ!
 ボードゲーム「ペンデュラム:振り子の王国」を遊んで、良かった点・悪かった点を書きます。

◎良かった点
・アクティブ・タイム。砂時計を使い、実時間による規制を取り入れることで、今までに経験したことのない、濃密なプレイ感を体験できた。待ち時間をまったく気にすることなく、テンポよく遊ぶことができる。ラウンド間の評議会が、適度に緊張をほぐし、静寂の時間を演出する。ほどよい集中力を保ち、ゲームにどっぷりと漬かることができた。
・シンプルなルール。基本は資源収集・変換のワカプレ。言語依存がなく、小さい子供(5歳~)でも、まったく問題なく遊べる。ルール部分で考える必要がないおかげで、リアルタイムの世界に没入できる。
・個別能力。個人ボードのB面は、個人別の特殊能力が強化されて、より非対称のゲーム性を楽しめる。錬金術師は物品でいっぱいになったり、平和主義者は武力を集める必要がなかったり、それぞれに「偏った」戦略を楽しめる。非常にリプレイ性が高い。
・箱。100均のタッパなどを購入せず、そのまま箱に、キッチリと収まる。片付けるまでがゲームです。当たり前だがなかなかない、素晴らしい配慮。

◎気になった点
・個人ボード。得点トラックが3つあるが、ふとしたことでコマがずれやすい。ともすれば、「テラフォーミングマーズの悲劇」の再来だ。ささいなことでゲームが「台無し」になるのは、とても悲しい。
・物品。緑の砂時計が、たまに落ちずに止まっていることがある。(しかしそれもまた、時間にもてあそばれる経験ということで、ゲームの一部なのか。)
・リアルタイム。ゲームを途中で中断するのが難しい。(説明書を見ると、砂時計を横向きに倒すことで、時間を止めることができるとのこと。なるほど。)
・ソロプレイ。ルールを読んだものの、複雑すぎて遊ぶ気になれない。リアルタイムで、無人プレイヤーまで操作するのは、とてもできそうにない。


★総評:期待以上。素晴らしい。
 ※期待以上/期待通り/失敗した、の3段階評価。

基本はシンプルなワカプレなのに、砂時計のもたらす動と静の繰り返しが、独特の思考様式を要求し、かつてない緊張感とワクワク感、達成感を与えてくれます。これは、とんでもなく面白いぞ!!




この記事が役立ちましたら、ランキングクリックをお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング
関連記事
↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング学習&論理的思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg






管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★






トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.