家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓子供と楽しむボードゲーム↓↓↓ 子供と遊ぶボードゲーム

ボードゲームの購入を検討する記事です。今回は「リビング・フォレスト(Living Forest)」。
20220814zl001.jpg
画像出典:Ludonaute, Living Forest 英語版説明書(2021)


★検討にあたって
 以下の条件を前提に、ボードゲームを物色しています。候補となった物件について、詳細を検討します。
・遊ぶ相手は、家族(妻、娘11歳、長男8歳、次男5歳)。
・長い期間、繰り返し遊びたい。
・我が家はお金がない。本当に買う必要があるかどうか、厳選したい。

 今回の候補は、「リビング・フォレスト(Living Forest)」です。



★ゲーム内容の確認
 以下項目について、確認を行います。
1)基本情報:プレイ人数、プレイ時間など
2)テーマ:世界観、ゲームのあらまし
3)外観:絵柄、コンポーネントなど
4)ルール:手順概要、特徴的な要素など
5)遊びやすさ:言語依存、リプレイ性など
6)入手性:価格、在庫状況など


1)基本情報
・タイトル:リビング・フォレスト
・作者:Aske Christiansen
・原題:Living Forest
・発売年:2021年
・出版社(一例):Ludonaute [1]
・プレイ人数:2~4人
・プレイ時間:40分
・推奨年齢:10歳以上

[1] Ludonaute: Living Forest


2)テーマ
・年代:架空の世界
・場所:神聖な森
・プレイヤーの立場:四季の精霊のひとり
・目的:森を鬼火の炎から救うこと。
・行うこと:
 ・森の仲間を集め、鬼火を消火する。
 ・木を植えて守りを固め、鬼火の攻撃を防ぐ。
 ・花を集め、神樹「サンキ」を目覚めさせる。


3)外観
・絵柄:ファンタジー絵本のような絵柄。陰影が強く立体感のあるキャラクター。
・コンポーネント:
 ・ボード:共通ボード3個、個人ボード4個
 ・カード:動物ほか 約130枚
 ・紙製タイル:キャラ、木ほか 約50個
 ・紙製チップ:鬼火、無効ほか 約80個
 ・その他:紙製立体コマ立て2セット

・箱サイズ:30×30cm(カタンサイズ)
・個人ボード:20×15cm程度(推定)


4)ルール
 以下、英語版マニュアル(Ludonaute、2021年)を参照した情報。

○基本システム
・デッキ強化(個人専用の山札を繰り返し使用)
・個人ボードへの建築(勝利条件の達成)


○大まかな手順
1)ラウンド制。終了条件を満たすまで繰り返す。

2)個人別に異なる開始デッキを持ってスタート。

3)全員同時に、以下を行う。
 ①山札からカードを1枚めくる。
 ②もう1枚めくるか、やめるかを選ぶ。
 ・黒マークが3個になったら、それ以上めくれない。
 ・白マークが出たら、黒マーク1個を無効にできる。
 ③黒マークが3個にならない限り、好きなだけめくれる。

4)開始プレイヤーから、時計まわりに1回ずつ手番をとる。
 ・黒マークが2個以下:異なる2アクション。
 ・黒マークが3個  :1アクションだけ。

5)以下手順で、鬼火攻撃を処理する。
 ①中央ボードの鬼火チップの合計点を確認する。
 ②各人、水マークの合計点と比較する。
 ③水マークが少なかった人は、炎カードを受け取る。

6)次ラウンドの準備をする。
 ①売場カードの空マスに応じ、鬼火チップを補充する。
 ②売場カードの空マスを補充する。
 ③各人、めくったカードを捨札に移動する。
 ④開始プレイヤーマークを左に移す。
 ⑤次ラウンドを開始する。

7)誰かが以下どれかを満たしたラウンドで、ゲーム終了。
 イ)個人ボードに12個の木を置く。
 ロ)花マーク12個を集める。
 ハ)鬼火チップ12個を集める。


○勝敗
・最初に勝利条件を満たした人が勝ち。


○アクション
a)無効化:無効チップを得る。
b)カード:売場のカードを得る。★
c)消火 :鬼火チップをとる。★
d)進行 :中央ボードのトラックを進む。★
e)植樹 :木タイル1個を個人ボードに置く。 ★

★印:対応マーク数をアクションポイントとして使う。


○特徴的な要素
・アクションポイント制。
 ・ポイントは、カード・木タイルのマークの合計。
 ・マークは5種類あり、用途が異なる。
 ・太陽:カード購入のコスト。
 ・水 :鬼火チップ取得のコスト。
 ・風 :トラック進行の歩数。
 ・木 :木タイル取得のコスト。
 ・花 :勝利条件の充足。

・個人ボードに木タイルを配置する。
 ・すでにあるタイルに隣接して置く。
 ・タイルは即時/永続効果をもたらす。
 ・1行/列を埋めると永続ボーナスがある。
 ・タイル配置時にボーナスのマスもある。

・以下の要素がある。
 ・無効チップ:めくったカード1枚を捨てられる。
 ・炎カード:黒マークのみが付いた、無駄なカード。
  ・無効チップでデッキから除ける。
 ・勝利タイル:勝利条件に加算される。
  ・勝利タイルは、各人3個を持ってスタート。
  ・トラックで他者コマを抜くと、勝利タイルを奪える。


5)遊びやすさ
・言語依存:
 ・使用物品に、文字記載はない。
 ・日本語版説明書が、メーカーサイトから入手可能[5]。
・プレイ人数依存:
 ・2~4人用:人数に応じて、一部物品数を調整する。
・リプレイ性:
 ・使用物品変化:
  ・担当キャラクター(個別能力)は、ランダムに選ぶ。
 ・ランダム要素:
  ・個人デッキの引きはランダム。
  ・動物カード売場の出現順はランダム。

[5]Ludonaute: Living Forest - download


6)入手性
・日本語版の存在は確認できない。
・海外版は、2021/10発売。メーカー販売価格35ユーロ。
 アマゾンドットコム(Amazon.com)では販売なし。
 ドイツ版アマゾン(Amazon.de)では普通に販売。実売30ユーロ+送料40ユーロ程度。

※2022/8現在の状況。


★考察:「リビング・フォレスト」の魅力と懸念点
 「アークノヴァー」「砂の惑星デューン」などの強豪を抑え、2022年ドイツゲーム大賞・エキスパート部門を受賞した注目商品。国内情報が少ないため、内容を確認しました。

◎魅力を感じた点
・バースト要素。黒マークを数えながら、もう1枚めくるかどうか、ドキドキできる。もしバーストしても、アクションが1回に減るだけなので、ダメージは少なそうだ。楽しい「運だめし」ができるだろう。
・言語依存がない。物品に文字の記載がない。さらに、日本語版説明書が、メーカーサイトから入手可能。これは嬉しい! 子供たちとも、すぐに遊べそうだ。

◎懸念点
・12点先取。自分がうまくいっても、相手が強いと負けてしまう。最終得点を競うゲームに比べて、上達を感じにくいのでは。さらに、中央トラックで他プレイヤーを抜かすと、勝利条件になるチップを奪える、直接攻撃がある。これで勝負がついてしまうと、負けたほうは精神的ショックがかなり大きい。我が家の心が弱いメンバーは、立ち直れないのでは。
・動物カードの絵柄。かわいらしいとも言えず、クセが強いとも言えず、無難な印象。カード集め自体には、あまり魅力を感じそうにない。
・入手性。2022/8時点、日本での入手が困難。海外調達だと送料がかかり、割高。


★判定結果:「リビング・フォレスト」は買うべきか?
 以上を踏まえて、「リビング・フォレスト」を買うべきかどうか、判定しました。

 判定結果:うちには必要ない。

※ぜひ買いたい/気になる/うちには必要ない、の3段階評価。

複数の勝利条件で戦略性を高めつつ、バーストによる運要素があり、最後まで分からない勝敗を楽しめそう。ただ、直接攻撃と12点先取のルールが我が家向きでありません。残念ながら、購入には至りませんでした。


この記事が役立ちましたら、ランキングクリックをお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング

関連記事
↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング学習&論理的思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg






管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★






トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.