家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓子供と楽しむボードゲーム↓↓↓ 子供と遊ぶボードゲーム

ボードゲームの購入を検討する記事です。今回は「タペストリー:文明の錦の御旗(Tapestry)」。
20220502zt01.jpg
画像出典:Stonemaier Games; Tapestry 英語版ルールブック (2019, r17)


★検討にあたって
 以下の条件を前提に、ボードゲームを物色しています。候補となった物件について、詳細を検討します。
・遊ぶ相手は、家族(妻、娘10歳、長男7歳、次男5歳)。
・長い期間、繰り返し遊びたい。
・我が家はお金がない。本当に買う必要があるかどうか、厳選したい。

 今回の候補は、「タペストリー:文明の錦の御旗(Tapestry)」です。



★ゲーム内容の確認
 以下項目について、確認を行います。
1)基本情報:プレイ人数、プレイ時間など
2)テーマ:世界観、ゲームのあらまし
3)外観:絵柄、コンポーネントなど
4)ルール:手順概要、特徴的な要素など
5)遊びやすさ:言語依存、リプレイ性など
6)入手性:価格、在庫状況など



1)基本情報
・タイトル:タペストリー 文明の錦の御旗
・作者:Jamey Stegmaier
・原題:Tapestry
・発売年:2019年
・出版社(一例):Stonemaier Games [1]
・プレイ人数:1~5人
・プレイ時間:90-120分
・推奨年齢:12歳以上

[1]Stonemaier Games: Tapestry


2)テーマ
・年代:人類の誕生から未来まで
・場所:架空の地球上
・プレイヤーの立場:人類
・目的:文明を築き成長させること。
・行うこと:
 ・分野を選び、文明を発展させる。
 ・世界を探検し、領地を増やす。
 ・建物を建て、収入を高める。
 ・新しい時代の扉を開く。


3)外観
・絵柄:落ち着いた色使い。印象派ふうの人物イラスト。
・コンポーネント:
 ・ボード:メインボード1個、個人ボード6個
 ・建物ミニチュア:約20個
 ・プラ製コマ:建物など 約100個
 ・木製コマ:資源など 約140個
 ・紙製タイル:領地など 約80個
 ・カード:手札など 約110枚
 ・その他:専用サイコロ 3個

・サイズ感:箱30×30cm(カタンサイズ)、ボード:56×56cm


4)ルール
 以下、英語語版マニュアル(Stonemaier Games、2019年、r17)を参照した情報。

○基本システム
・トラック進行によるアクション実行。
・個人ボードへの建物配置によるパターン形成。
・共通ボードへのタイル・コマ配置による陣取り。

○大まかな手順
1.ラウンド制。全5ラウンド。

2.開始プレイヤーから、時計まわりに手番をとる。

3.手番では、以下いずれか1個を選ぶ。

a)発展:今の時代を発展させる:
 1)トラックを1つ選ぶ。
 2)コストを払い、トラックを1歩進める。
 3)止まったマスのアクションを実行する。

b)新時代:新しい時代を始める:
 1)文明マットの効果を適用する。
 2)手札カード1枚を個人ボードに置き、効果を得る。
 3)技術カードの効果を発動できる。
 4)個人マットから収入を得る。

4.新時代を5回選んだ人は、ゲームから抜ける。

5.全員が抜けたら、ゲーム終了。


○勝敗
・ゲーム終了後、得点が高い人が勝ち。主な得点源は以下。
 ・発展 :開拓・占領、建物配置など。
 ・新時代:収入、技術カードなど。


○アクション
a)開拓:共通ボードに新たな土地タイルを置く。
b)発明:技術カードを得る。
c)占領:共通ボードの土地タイルに自色拠点コマを置く。
d)研究:科学サイコロを振る。出目のトラックを進める。
e)物品:手札カード・建物・土地などを得る。


○特徴的な要素
・4トラックから選んで進め、アクションを実行する。
 ・開拓:おもに開拓アクションがある。
 ・科学:おもに研究アクションがある。
 ・技術:おもに発明アクションがある。
 ・軍事:おもに占領アクションがある。

・建物を個人ボードの地図に配置する。
 ・一般建物:農園・住居・商店・工場
  ・個人ボードの置場からコマを取る。
  ・コマを取ったマス記載の収入が有効になる。
 ・大型建物:特定条件の達成時に取得。
 ・建物の配置パターンに応じ、物品や勝利点を得る。

・共通ボードにタイル・自色拠点を配置する。
 ・開拓:ボード上の土地タイルを増やす。
  ・自色拠点のあるタイル周辺だけに置ける。
  ・トラック進捗により宇宙タイルも出現する。
 ・占領:土地タイルに自色拠点を置く。
  ・他色拠点がある場所は自色で上書きできる。
  ・防衛カードを出されると上書きは失敗。
  ・上書きはタイルごとに1回だけできる。

・個別能力を与える文明マットがある。
 ・開始時に1枚がランダム配布される。
 ・ゲーム中、追加の機会がある。


5)遊びやすさ
・言語依存:
 ・文明マットやカードは、文字による効果記載。
 ・トラック上の効果は、アイコンで記載。
・プレイ人数依存:
 ・1~3人用:小さな地図を使用する。
 ・4~5人用:同一のルールを適用する。
 ・無人プレイヤーを追加できる。
・リプレイ性:
 ・使用物品変化:
  ・個人ボードは、ランダムに選んで使用。
 ・ランダム要素:
  ・技術カード、タペストリーカードの出現順はランダム。
  ・領地タイルの出現順はランダム。
  ・技術・軍事で使うサイコロの出目はランダム。


6)入手性
・日本語版:日本語版がアークライトより販売[5]。定価13200円。
 ・国内アマゾンで、普通に購入できる。実売約9800円。
・英語版:メーカーサイトの定価は、105ドル。
 ・海外Amazon.comで普通に販売。約87ドル+送料23ドル。

※2022/5現在の状況。
[5]アークライトゲームズ:タペストリー ~文明の錦の御旗~ 完全日本語版




★考察:「タペストリー」の魅力と懸念点
 人類の歴史をつづる壮大なテーマ。豪華な使用物品と、4ページしかないルールブックが、興味をひきました。

◎魅力を感じた点
・テーマとルール。人類の歴史をつづる壮大なテーマながら、トラックを進めるだけというシンプルなルール。いったいどんなプレイ感なのか、とても気になる。
・豪華物品。大型建物のミニチュアは、塗装済み、かつ、18種類がすべて別形状。所有欲を満たしてくれそうだ。

◎懸念点
・言語依存。個人ボードやタペストリーカードの効果は、文字による記載。しかも、文字が小さい。小さな子供にも、老眼の中年人物(私のこと)にも、優しくない設計だ。本編部分のルールがシンプルなのに、惜しい。
・陣取り。かなりマイルドと思われるが、他プレイヤーのコマを除去できるアクションがある。子供相手だと、こうした直接攻撃アクションを行うのは躊躇してしまう。純粋な勝負ができない懸念がある。
・テーマ。壮大なテーマだけれど、地味でもある。
・価格。豪華なミニチュアだけあって、価格も豪華(定価約13000円)。これは、とても手が届きません。


★判定結果:「タペストリー」は買うべきか?
 以上を踏まえて、「タペストリー」を買うべきかどうか、判定しました。

 判定結果:うちには必要ない。

※ぜひ買いたい/気になる/うちには必要ない、の3段階評価。

壮大なテーマですが、子供の関心を得られるかと言うと、望みは薄そうです。豪華物品も、我が家にとっては価格を上げるデメリットのほうが大きい。残念ながら見送りです。



この記事が役立ちましたら、ランキングクリックをお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング


関連記事
↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング学習&論理的思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg






管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★






トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.