家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓子供と楽しむボードゲーム↓↓↓ 子供と遊ぶボードゲーム

ボードゲームの購入を検討する記事です。今回は「リフトオフ(Lift Off)」。


★検討にあたって
 以下の条件を前提に、ボードゲームを物色しています。候補となった物件について、詳細を検討します。
・遊ぶ相手は、家族(妻、娘10歳、長男7歳、次男5歳)。
・長い期間、繰り返し遊びたい。
・我が家はお金がない。本当に買う必要があるかどうか、厳選したい。

 今回の候補は、「リフトオフ(Lift Off)」です。



★ゲーム内容の確認
 以下項目について、確認を行います。
1)基本情報:プレイ人数、プレイ時間など
2)テーマ:世界観、ゲームのあらまし
3)外観:絵柄、コンポーネントなど
4)ルール:手順概要、特徴的な要素など
5)遊びやすさ:言語依存、リプレイ性など
6)入手性:価格、在庫状況など
20220417zl01.jpg


1)基本情報
・タイトル:リフトオフ
・作者:Jeroen Vandersteen
・原題:Lift Off
・発売年:2018年
・出版社(一例):Z-man games [1]
・プレイ人数:2~4人
・プレイ時間:60-90分
・推奨年齢:12歳以上

[1] Z-man Games: Lift Off


2)テーマ
・年代:現代
・場所:ロケット打ち上げ施設
・プレイヤーの立場:宇宙開発団体
・目的:宇宙開発競争で優位に立つこと。
・行うこと:
 ・専門家を雇う。
 ・ロケットで構造物を宇宙に運ぶ。
 ・技術を蓄積し、ロケットの性能を強化する。
 ・研究所を増強し、難易度の高い任務に挑む。


3)外観
・絵柄:レトロ調の色使いのイラスト。コントラストの強い色使い。
・コンポーネント:
 ・ボード:メインボード1個、
 ・カード:専門家、任務など 約230枚
 ・木製コマ:宇宙船 約50個
 ・紙製チップ:現金など 約100個
 ・紙製タイル:ロケットなど 約10個
・サイズ感:箱32×23cm(オルレアンサイズ)、ボード:40×30cm程度(推定)


4)ルール
 以下、英語語版マニュアル(Z-man Games、2018年)を参照した情報。

○基本システム
・ブースタードラフトによる、使用カード選定。
・カードによるアクション実行。
・個人ボードのパラメータ強化(トラック・物品累積)。

○大まかな手順
1.ラウンド制。全8ラウンド。

2.全員、専門家カードを手札3枚に補充する。
 ・2ラウンド目以降は、収入トラックの収入を得る。

3.専門家カードをブースタードラフトする。
 1)開始プレイヤーが方向(時計/反時計)を決める。
 2)各自1枚を残し、残りを指定方向の人に渡す。
 3)再度1枚を残し、残りを指定方向に渡す。
 4)各人の手元に3枚のカードが残る。

4.開始プレイヤーから、指定方向で手番をとる。
 1)手札から1枚を選んで出す。
 2)出したカードの効果とアクションを実行する。
 3)全員が1手番ずつ終えたら、もう1周手番をとる。
 4)各人の手元に1枚のカードが残る。

5.開始プレイヤーから、時計まわりで手番をとる。
 1)任務カードの山1つを選び、3枚を引く。
 2)1枚を選び、2枚を山に戻す。

6.プレイ順、または同時に、ロケット打ち上げを行う。
 1)打ち上げ条件の充足を確認する。
 2)必要コストを支払う。
 3)任務カードの得点・効果を取得する。

7.ボードをリセットし、次ラウンドに進む。

8.8ラウンド終了したら、ゲーム終了。

○勝敗
・ゲーム終了後、得点が高い人が勝ち。主な得点源は以下。
 ・ゲーム中:ロケット打ち上げ、任務カードの遂行など。
 ・終了時 :任務カードの加点、目標カード充足など。

○アクション
・専門家カードによるアクション(代表例):
a)記載の現金を得る。
b)任務遂行時、記載の勝利点を得る。
c)記載の技術タイルを、記載コストで買える。
d)記載コストを払い、容量を増す。
e)記載コストを払い、研究所レベルを増す。
f)記載コストを払い、打ち上げ費用を下げる。
g)投資マスに自色コマを置き、収入を増やす。

○特徴的な要素
・専門家カードは、効果とアクションの2要素を持つ。
 ・効果は、即時効果・ラウンド中の持続効果がある。
 ・アクションは、1~2個ある。1手番ですべて実行可能。

・主な得点源は、任務カードの打ち上げ。
 ・手持ちの任務カードは、下の行(地上エリア)に置く。
 ・遂行済の任務カードは、上の行(宇宙エリア)に移す。
 ・遂行時、即時得点と、終了後条件による得点がある。
 ・4ラウンド終了時、レベル3・4の任務カードが出現。

・ロケット・研究所の性能:
 ・ロケット数:1手番で打ち上げられるロケット数。
 ・費用 :ロケット1個の打ち上げに必要な金額。
 ・容量 :乗せられる任務カードの最大重量。
 ・レベル:乗せられる任務カードの最大難易度。
 ・技術 :任務レベルに応じ、所定の色・数が必要。
 ・収入 :ラウンド開始時の現金収入を決める。


5)遊びやすさ
・言語依存:
 ・任務カード・専門家カードの固有名詞は文字表記。
 ・専門家カードの効果は、主に文字で記載されている。
・プレイ人数依存:
 ・2~4人用:使用するカード枚数などを調整。
・リプレイ性:
 ・使用物品変化:
  ・目標カードは所定数を抜き取って使用。
 ・ランダム要素:
  ・専門家カードの登場順はランダム。
  ・任務カードの登場順はランダム。
  ・目標カードの配布はランダム。


6)入手性
・日本語版:日本語版がアークライトより販売[5]。定価6380円。
 ・国内アマゾンで、普通に購入できる。実売約4000円。
・英語版:メーカーサイトの定価は、59.99ドル。
 ・海外Amazon.comで普通に販売。約38ドル+送料16ドル。

※2022/4現在の状況。
[5]アークライトゲームズ:リフトオフ 日本語版




★考察:「リフトオフ」の魅力と懸念点
 見た目が明るく楽し気で、ロケットを打ち上げるというテーマも分かりやすい。子供たちの興味を引きそうです。

◎魅力を感じた点
・テーマと物品。陽気な感じの人物イラスト、かわいらしいロケットの木製コマなどが、明るいイメージで好印象。ロケットを打ち上げるという目的も明瞭で、子供たちが受け入れやすいだろう。
・ドラフト。専門家カードは、ブースタードラフトで回覧しながら選択する。どの専門家を、どんな組み合わせで使うのが効率的か、考えるのが楽しそうだ。

◎懸念点
・言語依存。専門家カードの効果は、文字による記載になっている。漢字混じりの文字を読むのが得意でない子供(長男7歳、次男5歳)は、遊ぶのに難儀しそうだ。
・プレイ時間。ドラフト、アクション、任務達成の比較的単調な作業の繰り返しで、公称プレイ時間が60~90分。途中で飽きてしまわないのか。後半に高レベルのミッションが出て、変化はあるのだが、それにしても長すぎるのでは。


★判定結果:「リフトオフ」は買うべきか?
 以上を踏まえて、「リフトオフ」を買うべきかどうか、判定しました。

 判定結果:うちには必要ない。

※ぜひ買いたい/気になる/うちには必要ない、の3段階評価。

 硬派な雰囲気が多いSFボードゲームの中で、暖かみのある人物イラストで、子供たちも受け入れやすそうです。ただ、雰囲気もルールも軽めに見えるのに、プレイ時間が長め。単純作業で飽きてしまう心配があります。好印象なのですが、購入は見送りとします。



この記事が役立ちましたら、ランキングクリックをお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング


関連記事
↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング学習&論理的思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg






管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★






トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.