家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓子供と楽しむボードゲーム↓↓↓ 子供と遊ぶボードゲーム

ボードゲームの購入を検討する記事です。今回は「ビヨンド・ザ・サン(Beyond The Sun)」。


★検討にあたって
 以下の条件を前提に、ボードゲームを物色しています。候補となった物件について、詳細を検討します。
・遊ぶ相手は、家族(妻、娘10歳、長男7歳、次男5歳)。
・長い期間、繰り返し遊びたい。
・我が家はお金がない。本当に買う必要があるかどうか、厳選したい。

 今回の候補は、「ビヨンド・ザ・サン(Beyond The Sun)」です。



★ゲーム内容の確認
 以下項目について、確認を行います。
1)基本情報:プレイ人数、プレイ時間など
2)テーマ:世界観、ゲームのあらまし
3)外観:絵柄、コンポーネントなど
4)ルール:手順概要、特徴的な要素など
5)遊びやすさ:言語依存、リプレイ性など
6)入手性:価格、在庫状況など
20211212zb01.jpg


1)基本情報
・タイトル:ビヨンド・ザ・サン
・作者:Dennis K. Chan
・原題:Beyond The Sun
・発売年:2020年
・出版社(一例):Rio Grande Games [1]
・プレイ人数:2~4人
・プレイ時間:90~120分
・推奨年齢:14歳以上

[1]Rio Grande Game: Beyond The Sun


2)テーマ
・年代:核戦争後の未来
・場所:銀河系
・プレイヤーの立場:宇宙開発団体の代表
・目的:人類の繁栄に寄与すること。
・行うこと:
 ・蓄積した技術から、新技術を獲得する。
 ・食料や鉱石の生産量を増し、人口を増やす。
 ・宇宙船で星系を探索し、居住区を作る。
 ・人類繁栄のためのマイルストーンを達成する。


3)外観
・絵柄:落ち着いているがカラフルな色彩、劇画ふうの絵柄
・コンポーネント:
 ・ボード:メインボード1個、サブボード1個、個人ボード4個
 ・カード:技術・イベント・惑星など 約100枚
 ・木製コマ:ワーカー・ディスクなど 約30個
 ・プラ製コマ:資源など 約80個
 ・その他:紙製チップなど 少量

・箱サイズ:箱37×27cm(特大サイズ)
・ボードサイズ:メインボード60×40cm(推定)


4)ルール
 以下、英語語版マニュアル(Rio Grande Games、2020年 2nd Print)を参照した情報。

○基本システム
・ワーカープレイスメント。盤面変化あり。
・接続マス移動・陣取り(マジョリティ)。

○大まかな手順
1.ラウンド制。終了条件の充足まで繰り返す。

2.開始プレイヤーから、時計まわりに手番をとる。

3.手番では、以下を順に行う。
 i)ボードの自色コマを、現在と違うマスに移動する。
 ii)そのマスのアクションを実行する。
 iii)生産アクションから1つ選び、実行する。
 iv)目標カードを1個まで達成できる。

4.目標カードの総達成数が所定数になったら終了。

○勝敗
・ゲーム終了後に点数計算し、高い人が勝ち。主な得点源は以下。
 1)全体:獲得した技術、充足した目標カード、など。
 2)星系:居住区とした星系、など。
 3)個人ボード:各トラックの進捗、など。

○アクション
・ボード上のアクション(代表例)
a)研究 :人口コマを技術タイルに移動し、技術を獲得する。
b)自動化:個人ボードの食料/鉱石トラックを進める。
c)宇宙船:宇宙船を作る。
d)強化 :宇宙船のレベルを増す。
e)航行 :地図上の宇宙船を移動する。
f)居住区:星系に居住区を作る。

・生産アクション
a)人口:個人ボードの物資コマを除き、人口コマを得る。
b)鉱石:個人ボードの生産力に応じた数、鉱石を得る。
c)交換:鉱石→人口/宇宙船→人口/人口→鉱石に交換。

○特徴的な要素
・共通ボードのアクション選択肢は、技術タイルの配置で増加する。
 ・研究アクションで、新しい技術タイルを置ける。
 ・技術タイルは、左から右に枝分かれするツリー状に配置される。
  ・置けるタイルは、左にある技術タイルで種類が制限される。
  ・置いたタイルは、右に置けるタイルの種類を制限する。
 ・自色人口コマを置くと、そのタイルを使用可能になる。

・6面サイコロ形状の資源コマがある。
 ・面により、人口・宇宙船(レベル1~4)・物資を示す。
 ・物資を人口に、人口を宇宙船に、などの変換アクションがある。

・地図ボードの接続マスを、宇宙船が移動する。
 ・ボード上の固定星系と、星系カードが配置される。
 ・その星系にある宇宙船レベルが高い人が、星系を管理下に置ける。
 ・管理下に置いた星系からは、特典を得られる。
 ・他プレイヤーに管理権を奪われたら、特典は失う。
 ・管理下に置いた星系は、必要コストを払って居住区にできる。
 ・居住区にした星系は取り除かれ、新たな星系カードが置かれる。

・個人ボードには、能力を強化するトラックがある。
 ・置かれたコマを除くことで、トラックを進行する。
 ・食料トラック:生産で得られる人口の数が増す。
 ・鉱石トラック:生産で得られる鉱石の数が増す。


5)遊びやすさ
・言語依存:
 ・固有名詞の文字記載がある。ルールには影響なし。

・プレイ人数依存:
 ・2~4人用:ワーカースペースの数などを調整。

・リプレイ性:
 ・使用物品変化:
  ・目標カード・イベントカードは所定数を抜粋使用。
 ・ランダム要素:
  ・イベントカードの配置はランダム。
  ・技術タイルの出現順はランダム。
  ・惑星カードの初期配置・出現順はランダム。
 ・バリアント:
  ・プレイヤー個別能力が適用される上級ルール。
  ・技術開発タイルの選択に制限が加わる上級ルール。


6)入手性
・日本語版:ホビージャパンより、2022/4上旬に発売予定[5]。定価11000円。
 ・国内アマゾンで予約開始しているが、すでにプレミアム価格!約15000円。
・英語版:定価84.95ドル(Rio Grande Games)。
 ・国内アマゾンでは取扱いなし。
 ・海外Amazon.comは普通に入手できる。約62ドル+送料22ドル。

※2022/3現在の状況。

[5]ホビージャパン:ビヨンド・ザ・サン




★考察:「ビヨンド・ザ・サン」の魅力と懸念点
 宇宙開拓をめぐる技術開発がテーマ。ハードなSF調で、理系教育を兼ねた体験ができそうです。

◎魅力を感じた点
・技術開発。研究開発によって、メインボードに新しい技術タイルが置かれて、アクションの幅が広がる。どの技術タイルを置くかを自分で選択できて、その結果によって、次に置けるタイルの種類が制限される。その結果、毎回違った盤面ができて、リプレイ性が高そうだ。
・個人ボード。個人ボード上に、多数の資源やマーカーを設置してスタート。ゲーム進行とともに、これらのコマが取り除かれて、能力が解放されていく。自分の成長を目に見えて感じられるので、高い達成感を得られそうだ。

◎懸念点
・テーマと外観。ハードなSF風味で、家族の中で喜ぶのは、たぶん私だけだろう。使用物品も地味で華やかさに欠ける。子供たちが「ぜひ遊びたい」とは、ならないだろう。
・直接攻撃。地図ボードは、宇宙船を使った陣取りになっている。強い宇宙船を使って、他プレイヤーから権利を取り上げる要素がある。直接攻撃が好みでない我が家では、受け入れられにくいかも。
・資源コマ。メインの資源は、サイコロ形状のコマで、資源変換と称して面の向きを変える。機能的ではあるが、見た目が貧相に思えて、夢が広がらない。
・価格。2022/4発売予定の日本語版は、1.1万円。箱もかなり大きめ(37×27cmらしい)で、収納に困りそう。


★判定結果:「ビヨンド・ザ・サン」は買うべきか?
 以上を踏まえて、「ビヨンド・ザ・サン」を買うべきかどうか、判定しました。

 判定結果:うちには必要ない。

※ぜひ買いたい/気になる/うちには必要ない、の3段階評価。

 技術開発の方向性を自分で選択し、その結果によって盤面が変化するのが特徴的。理系テーマであり、個人としては好みです。ただ、子供たちの興味を引きそうになく、家族と楽しめそうにありません。価格も高いので、残念ながら見送りとします。



この記事が役立ちましたら、ランキングクリックをお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング
関連記事
↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング学習&論理的思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg






管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★






トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.