家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング&論理思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg

ボードゲームの購入を検討する記事です。今回は「オン・マーズ(On Mars)」。

★検討にあたって
 以下の条件を前提に、ボードゲームを物色しています。候補となった物件について、詳細を検討します。
・遊ぶ相手は、家族(妻、娘10歳、長男7歳、次男5歳)。
・長い期間、繰り返し遊びたい。
・我が家はお金がない。本当に買う必要があるかどうか、厳選したい。

 今回の候補は、「オン・マーズ(On Mars)」です。



★ゲーム内容の確認
 以下項目について、確認を行います。
1)基本情報:プレイ人数、プレイ時間など
2)テーマ:世界観、ゲームのあらまし
3)外観:絵柄、コンポーネントなど
4)ルール:手順概要、特徴的な要素など
5)遊びやすさ:言語依存、リプレイ性など
6)入手性:価格、在庫状況など
20211223zo01.jpg


1)基本情報
・タイトル:オン・マーズ
・作者:Vital Lacerda
・原題:On Mars
・発売年:2020年
・出版社(一例):Eagle-gryphon Games [1]
・プレイ人数:1~4人
・プレイ時間:60~120分
・推奨年齢:14歳以上

[1]Eagle-gryphon Games: On Mars
https://www.eaglegames.net/On-Mars-p/102253.htm


2)テーマ
・年代:近未来
・場所:火星と宇宙ステーション
・プレイヤーの立場:火星開発企業の責任者
・目的:火星を地球に依存しない居住区とすること。
・行うこと:
 ・火星と宇宙ステーションを行き来する。
 ・宇宙ステーションで物資や技術を集める。
 ・火星に施設を建て、自給レベルを高める。
 ・火星表面に探査メカを走らせ、発見物を得る。
 ・科学者を雇い、先進的な施設を作り、能力を高める。
 ・火星開発に重要なミッションを遂行する。


3)外観
・絵柄:落ち着いているがカラフルな色彩、劇画ふうの絵柄
・コンポーネント:
 ・ボード:メインボード1個、個人ボード4個
 ・カード:設計図・契約ほか 約100枚
 ・木製コマ:ワーカー・メカなど 約170個
 ・プラ製コマ:資源など 30個
 ・紙製タイル:施設・技術ほか 約80個
 ・紙製チップ:研究・発見ほか 約60個
 ・その他:タイル置場1個、カード置場1個

・箱サイズ:箱40×32cm(特大サイズ)
・ボードサイズ:メインボード60×40cm(推定)


4)ルール
 以下、英語語版マニュアル(Eagle-gryphon Games、2020年)を参照した情報。

○基本システム
・アクション選択とワーカープレイスメントの併用。
・共通ボードへの六角タイル配置・建物建築。

○大まかな手順
1.ラウンド制。終了条件の充足まで繰り返す。
2.順番トラックにしたがい、手番をとる。
 1)メインアクション1個を選択し、実行する。
 2)フリーアクションを1個まで実行できる。
 3)アクション結果に応じ、各ミッションが進行する。
3.全員が1手番ずつとったら、以下を行う。
 1)共通ボードのシャトルを進める。
 2)手番順に、火星・宇宙間を移動するか決める。
 3)移動する人は、順番トラックの自色コマを移動する。
4.ラウンドの最初に戻り、繰り返す。
5.ミッション3個を遂行したら、ゲーム終了。

○勝敗
・ゲーム終了後、得点が高い人が勝ち。主な得点源は以下。
 1)ゲーム中:施設配置、居住区レベルアップなど。
 2)ゲーム後:所持物品、契約カード充足など。

○アクション
・★印:ワーカーを対応マスに置く必要がある。
・☆印:ワーカーでアクション効果を強められる。

・宇宙ステーションでのアクション:
a)ポッド:火星に移動する。
b)設計図:先進施設の設計図を得る。★☆
c)新技術:技術タイルを得る。☆
d)R&D:個人ボードの技術タイルを進める。★☆
e)補給 :物資を得る。☆

・火星でのアクション:
f)管制室:共通ボードの自色メカを移動する。
g)施設 :共通ボードに施設タイルを置く。★
h)先進化:共通ボードに自色の建物コマを置く。★
i)宇宙船:自色宇宙船を有効化+ワーカー獲得。☆
j)科学者:科学者カード/契約カードを得る。★

・フリーアクション:個人ボードに記載。
イ)特殊施設のアクションを使う。
ロ)自色メカを移動する。
ハ)設計図を得る。
ニ)資源を得る。
ホ)特殊施設を作る。
ヘ)個人ボードの技術タイルを進める。

○特徴的な要素
・共通ボードには、火星と宇宙ステーションがある。
 ・自分がいる側のアクションだけを実行できる。
 ・火星・宇宙間の移動は、ラウンド終了時にできる。
・アクション選択式とワーカープレイスメントの併用。
 ・ワーカー不要と、必須のアクションがある。
 ・不要でも、ワーカーを使って効果増強できる。
・共通ボードに施設タイルが配置される。
 ・施設タイルには、所有権はない。
 ・設計図があれば、タイルに自色コマを置ける。
・施設を作るたび、火星の自給レベルがアップする。
 ・対象4施設のセットがそろうたび、レベルが上がる。
 ・レベルが上がるとき、全員がボーナス点を得る。
 ・ボーナス点数は、各人の建てた施設の種類数で決まる。
・技術タイルを使うと、アクション効果が強まる。
 ・得た技術タイルは、個人ボードの左端マスに置く。
 ・R&Dアクションでタイルを移動してレベルを上げる。
 ・タイル種類により、自他ともに繰り返し効果が得られる。


5)遊びやすさ
・言語依存:
 ・固有名詞の文字記載がある。ルールには影響なし。
・プレイ人数依存:
 ・3~4人用:同じ物品を用いる。
 ・2人用:使用物品の数、ワーカー配置コストで調整。
 ・1人用:無人プレイヤーと競う。
・リプレイ性:
 ・使用物品変化:
  ・ミッションカードは所定数を抜粋使用。
 ・ランダム要素:
  ・個人目標カードの初期配布はランダム。
  ・発見チップの出現順はランダム。
  ・設計図・施設タイルの出現順はランダム。
  ・契約カードの出現順はランダム。
 ・バリアント:
  ・初回ゲーム用ルールあり。


6)入手性
・日本語版:アークライトより販売。定価22000円。
 ・国内アマゾンでは在庫なし。
・英語版:定価124.99ドル(Eagle-gryphon games)。
 ・国内アマゾンではプレミアム価格。実売約4.0万円など。
 ・海外Amazon.comは普通に入手できる。約120ドル+送料28ドル。

※2021/12現在の状況。

[5]アークライトゲームズ:オン・マーズ 完全日本語版
https://arclightgames.jp/product/%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%BA/



(参考サイト)
 基本情報、ユーザーのレビューなどの情報源として、例えば、以下を参考にしました。

[2]ボドゲーマ:オン・マーズ
https://bodoge.hoobby.net/games/on-mars

[3]Board Game Geek: On Mars (2020)
https://boardgamegeek.com/boardgame/184267/mars


★考察:「オン・マーズ」の魅力と懸念点
 火星に町をつくるSFゲーム。見るからに複雑そうな盤面と、豪華な物品に興味を引かれました。

◎魅力を感じた点
・物品。ワーカー・ロボット・ロケットなど、豪華な木製コマが大量に入っている。タイル類も非常に数が多い。これらを使ってどんなゲームができるのか、見ているだけでワクワクしてくる。
・プレイヤー間の協力。火星に居住区を作るのだが、全員が協力して自給レベルを高めたり、ミッションを達成していく。各施設を拡大するのに必要な「技術タイル」は、他プレイヤーの所有でも使用可能(使われた人もメリットあり)。人類のために、協力して火星を開発していく過程を楽しめそうだ。その一方で、発展への寄与が大きかった人ほど勝利点を獲得できる。協力しつつ、自己の利益も追っていく、その両立が面白そうだ。
・システム。パッと見、ワーカープレイスメントっぽいが、ワーカー不要のアクションもある。かと思うと、ワーカー不要アクションでワーカーをコストとして使うと、効果が増強できたりする。ワーカーは自動的には戻って来ない。他プレイヤーに押し出されるのを待つか、タイミングよく火星・宇宙間を移動する必要がある。どのようなワーカーのやりくりになるのか想像ができず、ぜひ遊んでみたいと感じさせる。

◎懸念点
・テーマ。火星を地球化する、例の世界的人気ゲームと酷似している。その「テラフォーミング・マーズ」のSF的世界観は、我が家では不評(特に妻が無関心)だった経験がある(→こちらの記事)。同じ失敗を繰り返してしまうのではないか。
・ルールの複雑さ。各アクションについて、実行のための細かい条件や、前後に付随する細かな作業がある。特に施設の建設は、多層的で複雑(自色メカの位置、周辺の施設との関係、必要な技術タイル、コスト、設置後のマーカー移動、トラック進行など)。スムーズに遊ぶには、これらを十分に理解し、記憶し、注意する必要がある。その上で楽しむ余裕を持てるほどのボードゲームスキルが我が家にあるか、相当疑わしい。(「ブラス・バーミンガム」(→こちら)と比べれば、なんとかなりそうな気はするが。)
・プレイ時間が不定。ミッション3個の充足で終了。ラウンド数は不定である。進捗マーカーで達成度が分かるとはいえ、総プレイ時間が読めないのがキツい。加えて、我が家はハイスコア志向である。テラフォーミングマーズでは、タイルを置き続ける遅延プレイが横行した。そしてこのオン・マーズにも、タイル配置がある。果たして2時間で終わるのか、5~6時間かかるのか。まったく読めない。遊び始めるのが怖くなるかもしれない。
・価格。日本語版は2万円(実際は、さらに高いプレミアム価格)。海外版でも120ドル(+送料30ドル)≒1.7万円。いくら豪華とはいえ、ボードゲーム1個に2万円を払うなんて、とても考えられない。我が家は裕福でないので、もっと有用なお金の使い道を考えるべきであろう。


★判定結果:「オン・マーズ」は買うべきか?
 以上を踏まえて、「オン・マーズ」を買うべきかどうか、判定しました。

 判定結果:うちには必要ない。

※ぜひ買いたい/気になる/うちには必要ない、の3段階評価。

 豪華な物品と想像できないプレイ感で、ぜひ遊んでみたいゲームです。ただ、テラフォーと類似したテーマで、我が家では不人気になりそうです。そして何より、値段が高すぎる。残念ながら、我が家には不要と判断しました。



この記事が役立ちましたら、ランキングクリックをお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング
関連記事
スポンサーサイト



↓↓↓SIKU&BRUDER記事リスト(画像をクリック!)↓↓↓ 20190224_sikubruder.jpg










管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★






トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.