家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング&論理思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg

ボードゲームの購入を検討する記事です。今回は「トリスメギストス(Trismegistus)」。

★検討にあたって
 以下の条件を前提に、ボードゲームを物色しています。候補となった物件について、詳細を検討します。
・遊ぶ相手は、家族(妻、娘10歳、長男7歳、次男5歳)。
・長い期間、繰り返し遊びたい。
・我が家はお金がない。本当に買う必要があるかどうか、厳選したい。

 今回の候補は、「トリスメギストス(Trismegistus)」です。


★ゲーム内容の確認
 以下項目について、確認を行います。
1)基本情報:プレイ人数、プレイ時間など
2)テーマ:世界観、ゲームのあらまし
3)外観:絵柄、コンポーネントなど
4)ルール:手順概要、特徴的な要素など
5)遊びやすさ:言語依存、リプレイ性など
6)入手性:価格、在庫状況など
20211223zt01.jpg


1)基本情報
・タイトル:トリスメギストス:ザ・アルティメット・フォーミュラ
・作者:Federico Pierlorenzi, Daniele Tascini
・原題:Trismegistus: The Ultimate Formula
・発売年:2019年
・出版社(一例):Board&Dice [1]
・プレイ人数:1~4人
・プレイ時間:90~120分
・推奨年齢:14歳以上

[1]Board & Dice: Trismegistus: The Ultimate Formula
https://boardanddice.com/our-games/trismegistus-the-ultimate-formula/

2)テーマ
・年代:16世紀頃(推定)
・場所:錬金術の実験室
・プレイヤーの立場:錬金術師
・目的:錬金術を究め、賢者の石の秘密を見出す。
・行うこと:
 ・材料を変換し、別の材料を得る。
 ・材料を集めて実験を行い、熟練度を上げる。
 ・秘術を見つけ、賢者の石を完成に近づける。
 ・成果をまとめ、書物に著す。


3)外観
・絵柄:線画の人物イラスト、暗めの背景に明るいアイコン類。
・コンポーネント:
 ・ボード:メインボード1個、個人ボード5個(両面)
 ・カード:実験・目標など 約120枚
 ・木製コマ:秘術・マーカーなど 約70個
 ・プラ製コマ:材料 80個
 ・紙製タイル:改良など 約50個
 ・紙製チップ:元素・ボーナスなど 数量不明
 ・その他:サイコロ 17個

・サイズ感:箱30×30cm(カタンサイズ)、共通ボード:50×50cm(推定)


4)ルール
 以下、英語語版マニュアル(Board and Dice、2019年)を参照した情報。

○基本システム
・共通の場からのサイコロ選択。
・アクションポイント制。
・セットコレクション(勝利点の獲得)。

○大まかな手順
1.ラウンド制。全3ラウンド。
2.所定数のサイコロを振る。出目ごとに分ける。
3.プレイ順トラックにしたがい、1人ずつ手番をとる。
4.手番では、以下を行う。
 i)アクションポイントがゼロなら、サイコロ1個を取る。
 ii)アクションポイント消費し、アクション1個を行う。
 iii)フリーアクションを行う。
 iv)他プレイヤーは、割込みアクションを行える。
5.サイコロ3個を使い切った人は、このラウンドは終了。
6.全員がサイコロ3個を使い切るまで繰り返す。
7.ボードを更新し、次ラウンドを行う。
8.3ラウンドが終了したら、ゲーム終了。

○勝敗
・3ラウンド終了後、点数の高い人が勝ち。主な得点源は以下。
 1)ゲーム中の得点:各種ボーナスなど
 2)終了時の得点:実験・著作カード、賢者の石、熟練トラックなど

○アクション
・アクションポイント消費
a)素材:サイコロ出目に対応する素材を得る。1個1点
b)元素:サイコロ出目に対応する元素を得る。1個1点
c)変換:サイコロ色に対応する変換を進める。1歩1点
d)強化:サイコロ色の売場から強化タイル1個を得る。3点
e)再生:強化タイルを使用可能に戻す。1点
f)実験:サイコロ出目の売場から実験カード1個を得る。1点

・フリーアクション
イ)秘術:秘術チップを買う。
ロ)使用:秘術チップを使用する。
ハ)実施:実験カードを完了する。


○特徴的な要素
・使用サイコロは、出目:6種の記号、色:3色。
 ・ラウンド開始時に振る。4人用:16個を使用。
 ・出目ごとに分けて、共通ボードに置く。
・アクションポイント制。
 ・サイコロを取るときに、アクションポイントを得る。
 ・場にある同じ出目のサイコロ数が、ポイントになる。
 ・個人ボードのポイントトラックにサイコロを置く。
 ・1手番では1アクションだけできる。
 ・残ったポイントは、次手番に繰り越される。
 ・ポイントが尽きたら、次のサイコロを取る。
 ・1ラウンドでは、サイコロ3個を使える。
・個人ボードで、素材を変換する。
 ・素材種類は、個人ボードの対応マスにコマを置いて示す。
 ・変換アクションでコマを動かし、別素材に変換する。
 ・変換には元素チップが必要。
 ・変換した素材は、実験実行などに使う。
 ・強化タイルにより、変換時の追加ボーナスを得られる。
・個人ボードで、賢者の石の秘術チップを配置する。
 ・秘術チップは、使い切り効果をもたらす。
 ・秘術チップは、直接購入または実験完了で得られる。
・素材変換・実験実施のたびに、熟練トラックを進める。
・個人別目標カードにあたる、著作カードがある。
・他プレイヤーの手番中に、割込みアクションができる。
 ・割込みでは、他プレイヤーの出目・色を使える。
 ・割込みは、1ラウンドに1回だけできる。


5)遊びやすさ
・言語依存:
 ・物品には、文字記載はない。
・プレイ人数依存:
 ・2~4人用:サイコロ・カード等の数量を調整。
 ・1人用:無人プレイヤーと競う。
・リプレイ性:
 ・使用物品変化:
  ・個人ボードは10種類からランダムに選択。
 ・ランダム要素:
  ・実験・著作カード、強化タイルの出現順はランダム。
  ・サイコロの出目はランダム。
・バリアント
 ・導入用ルールがある。


6)入手性
・日本語版:日本語版の存在は確認できない。
・英語版:定価不明。
 ・国内アマゾンではプレミアム価格。実売約1.6万円など。
 ・海外Amazon.comでも品薄。在庫なし。

※2021/12現在の状況。



(参考サイト)
 基本情報、ユーザーのレビューなどの情報源として、例えば、以下を参考にしました。

[2]ボドゲーマ:トリスメギストス:ザ・アルティメット・フォーミュラ
https://bodoge.hoobby.net/games/trismegistus-ultimate-formula

[3]Board Game Geek: Trismegistus: The Ultimate Formula (2019)
https://boardgamegeek.com/boardgame/281442/trismegistus-ultimate-formula


★考察:「トリスメギストス」の魅力と懸念点
 錬金術がテーマ。物質を変換していく作業が楽しそうに見え、調査しました。

◎魅力を感じた点
・テーマ。キューブを個人ボード上を移動させて、物質を変換していく。それらの物質を組み合わせて、実験カードを達成できる。いろいろな材料をこねくり回していく、錬金術の雰囲気を味わえそうだ。
・システム。アクションポイント制であるが、1手番に1アクションだけで、残存ポイントは次手番に繰り越せる。アクションポイント制には、頭の中で数えなければいけないものが多く、記憶違いを起こしやすい。その点、このゲームでは、残存ポイントを示すトラックがあるので安心だ。

◎懸念点
・マーク。鉛・銅・水銀などの材料があるが、それぞれマークで表されているため、どれが何の材料か、イメージしにくい。材料ごとに特殊効果があり、覚えにくい。ゲーム中に確認の頻度が多くなりそうだ。スムーズに遊べないのでは。
・ゲーム内容。サイコロを取って、キューブを動かして、目標を達成して、の繰り返し。単調になってしまわないか。中心作業となる材料変換も、個人ボード上のキューブを1マス動かすだけ。キューブ自体は同じものを使い続けるため、見た目の変化が感じにくく、達成感に乏しいのでは。
・物品。暗めで地味な物品。見るからに楽しそう、とは言い難い。子供たちの関心を引けそうにない。


★判定結果:「トリスメギストス」は買うべきか?
 以上を踏まえて、「トリスメギストス」を買うべきかどうか、判定しました。

 判定結果:うちには必要ない。

※ぜひ買いたい/気になる/うちには必要ない、の3段階評価。

 錬金術というテーマで、個人ボードでの実験作業を楽しめそうです。見た目が地味なのと、マークの分かりづらさがネックに感じました。残念ながら、購入は見送ります。



この記事が役立ちましたら、ランキングクリックをお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング
関連記事
スポンサーサイト



↓↓↓SIKU&BRUDER記事リスト(画像をクリック!)↓↓↓ 20190224_sikubruder.jpg










管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★






トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.