家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓子供と楽しむボードゲーム↓↓↓ 子供と遊ぶボードゲーム

ボードゲームの購入を検討する記事です。今回は「アウトリブ(Outlive)」。


★検討にあたって
 以下の条件を前提に、ボードゲームを物色しています。候補となった物件について、詳細を検討します。
・遊ぶ相手は、家族(妻、娘10歳、長男7歳、次男5歳)。
・長い期間、繰り返し遊びたい。
・我が家はお金がない。本当に買う必要があるかどうか、厳選したい。

 今回の候補は、「アウトリブ(Outlive)」です。



★ゲーム内容の確認
 以下項目について、確認を行います。
1)基本情報:プレイ人数、プレイ時間など
2)テーマ:世界観、ゲームのあらまし
3)外観:絵柄、コンポーネントなど
4)ルール:手順概要、特徴的な要素など
5)遊びやすさ:言語依存、リプレイ性など
6)入手性:価格、在庫状況など
20211208zo01.jpg

1)基本情報
・タイトル:アウトリブ/アウトライブ
・作者:Gregory Oliver
・原題:Outlive
・発売年:2017年
・出版社(一例):La Boite de Jeu [1]
・プレイ人数:2~4人
・プレイ時間:60分
・推奨年齢:14歳以上

[1]La Boite de Jeu: Outlive


2)テーマ
・年代:核戦争後の未来
・場所:荒れ果てた地上
・プレイヤーの立場:生き残った集団
・目的:救済者「コンボイ」到着まで生き残ること。
・行うこと:
 ・各地を歩き資源や装備を収集する。
 ・仲間を集め、養う。
 ・シェルター内の設備を増やす。
 ・ライバルから物品を奪う。
 ・毎日発生する危険に対処する。


3)外観
・絵柄:暗くシリアスな雰囲気。劇画風の人物。
・コンポーネント:
 ・ボード:メインボード1個、サブボード1個、個人ボード4個
 ・木製コマ:ヒーローなど 約20個
 ・カード:イベント・リーダーなど 約20枚
 ・紙製タイル:装備・設備など 約110個
 ・紙製チップ:生存者・資源など 約340個

・サイズ感:箱30×30cm、メインボード:約40×40cm(推定)


4)ルール
 以下、英語語版マニュアル(La Boite de Jeu、2016年)を参照した情報。

○基本システム
・ロンデル要素のあるワーカープレイスメント。
・個人ボードへの建物設置(特殊効果の累積)。

○大まかな手順
1)ラウンド制。全6ラウンド。
2)ボード上の物品を補充する。
3)毎ラウンド、新たなイベントカードをめくる。
4)開始プレイヤーから、時計まわりに手番をとる。
 i)自色ワーカー1個を選び、1~2マス移動する。
 ii)移動先に別色ワーカーがいたら、物品を奪える。
 iii)アクションポイントを割り当て、移動先のアクションを行う。
5)全員が、全ワーカーを使い切るまで繰り返す。
6)全員同時に、以下を行う。
 i)イベントを解消する機会を持つ。
 ii)個人ボードを更新する。
 iii)設備の建設、装備の補修を行う。
7)次ラウンドを開始する。
8)6ラウンドを終えるたら、ゲーム終了。

○勝敗
・勝利点が高い人が勝ち。得点源には、以下がある。すべて終了時に集計。
 1)達成度:解決したイベント数、放射線トラック
 2)所持品:生存者で埋まった建物、生存者、装備品など

○アクション
a)基地:弾薬を得る。
b)森林:木材を得る/狩りをする。
c)鉱山:金属を得る/狩りをする。
d)広場:ICチップを得る/狩りをする。
e)船:缶詰・仲間を得る/開始プレイヤーになる。
f)ダム:水を得る。
g)廃墟:装備品を得る。

○特徴的な要素
・毎ラウンド、新たなイベントが追加される。
 ・イベントは、マイナスの永続効果を与える。
 ・ラウンド終了時、誰かが所定資源を払うと解決。
 ・未解決のイベントは、以降も効果が継続する。
・アクション選択はマンカラ方式。
 ・8箇所のアクションマスがある。
 ・各プレイヤーは、4個のワーカーを持つ。
 ・ワーカーは、現在マスから1~2歩移動できる。
 ・自色ワーカーは、同じマスには1個まで。
・ワーカーには3~5の数字があり、強さを示す。
 ・強さは、アクションポイントを示す。
 ・アクションポイントにより、物品の入手数などが変わる。
・他色ワーカーと同じマスに入ると、物品を奪える。
 ・強さの差分だけ、その人から物品を奪える。
 ・取られる側は弾薬を使うと、奪われる物品を減らせる。
・個人ボードに、設備を増やせる。
 ・建てられる設備タイルは、最初から個人ボードにある。
 ・所定コストを払ってタイルを裏返して、使用可能にする。
 ・生存者チップを置くと、設備の効果が有効になる。


5)遊びやすさ
・言語依存:
 ・ゲーム中の効果が、一部文字で説明されている。
・プレイ人数依存:
 ・2~4人用:使用する物品数を調整。
・リプレイ性:
 ・使用物品変化:
  ・初期資源は、最初に配られるリーダーカードで決まる。
  ・使用できる設備は、最初の配布で決まる。
 ・ランダム要素:
  ・狩りタイル・発見物タイルの出現順はランダム。
  ・装備タイルの出現順はランダム。


6)入手性
・日本語版:アークライトより販売。定価7150円。
 ・国内アマゾンで、普通に購入できる。実売約7100円。
・英語版:海外Amazon.comは在庫見つからず。定価50ユーロ。

※2021/12現在の状況。



★考察:「アウトリブ」の魅力と懸念点
 終末的な世界で生き残りを目指すというテーマと、ロンデル風のアクション選択システムが、気になりました。

◎魅力を感じた点
・システム。ロンデル風のワーカープレイスメント。接続マスを1~2歩移動してアクションを選ぶ。自色ワーカーは同じマスには止まれない、ワーカーごとに強さ(アクションポイント)が異なる、などの制約がある。計画的なワーカー使用を、悩ましく楽しめそうだ。

◎懸念点
・直接攻撃。強いワーカーを、他プレイヤーの弱いワーカーのマスに移動すると、物品を奪える。直接攻撃となるので、心の弱い人ばかりの我が家では、なかなか受け入れられないのでは。
・罰則要素。毎ラウンド、新たなマイナス効果のイベントが追加される。ラウンド終了時は、個人ボードの生存者への食糧供給、放射線レベルの増大、余剰物品の強制廃棄など、罰則的な手順がたくさんある。いつもペナルティと戦うことになりそう。明るく快適に楽しめそうにない。なるほど終末的である。
・世界観。暗くてシリアス。自己の優位性を示した人だけが救われる(海底都市に住む「コンボイ」という救世主が選ぶのだと。)という設定で、きわめて救いがない。気が滅入りそうだ。


★判定結果:「アウトリブ」は買うべきか?
 以上を踏まえて、「アウトリブ」を買うべきかどうか、判定しました。

 判定結果:うちには必要ない。

※ぜひ買いたい/気になる/うちには必要ない、の3段階評価。

 終末世界のサバイバルという、シリアスなテーマが興味を引きます。ただ、ゲーム内容があまりに終末的で、対人攻撃やペナルティの対処に明け暮れてしまいそうです。残念ながら、我が家には合わないと結論します。



この記事が役立ちましたら、ランキングクリックをお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング
関連記事
↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング学習&論理的思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg






管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★






トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.