家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング&論理思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg

ボードゲームの購入を検討する記事です。今回は「アルティプラーノ(Altiplano)」。

★検討にあたって
 以下の条件を前提に、ボードゲームを物色しています。候補となった物件について、詳細を検討します。
・遊ぶ相手は、家族(妻、娘10歳、長男7歳、次男5歳)。
・長い期間、繰り返し遊びたい。
・我が家はお金がない。本当に買う必要があるかどうか、厳選したい。

 今回の候補は、「アルティプラーノ(Altiplano)」です。



★ゲーム内容の確認
 以下項目について、確認を行います。
1)基本情報:プレイ人数、プレイ時間など
2)テーマ:世界観、ゲームのあらまし
3)外観:絵柄、コンポーネントなど
4)ルール:手順概要、特徴的な要素など
5)遊びやすさ:言語依存、リプレイ性など
6)入手性:価格、在庫状況など
20211206ap01.jpg

1)基本情報
・タイトル:アルティプラーノ
・作者:Reiner Stockhausen
・原題:Altiplano
・発売年:2017年
・出版社(一例):dlp games [1]
・プレイ人数:2~5人
・プレイ時間:60~120分
・推奨年齢:12歳以上

[1]dlp games: Altiplano
https://www.dlp-games.de/spiele/altiplano


2)テーマ
・年代:不明
・場所:南アメリカの高地
・プレイヤーの立場:地元の住人
・目的:生活を豊かにすること。
・行うこと:
 ・品物を使い、別の品物を入手する。
 ・余った品物を倉庫に貯める。
 ・新しい交換手段を追加する。
 ・家、船、道を作る。


3)外観
・絵柄:明るい色使い。漫画チックなイラスト。
・コンポーネント:
 ・共通ボード:8枚、個人ボード5×2枚
 ・カード:家・船・注文など 約60枚
 ・紙製タイル:改良タイルなど 約40枚
 ・紙製チップ:品物ほか 約210個
 ・木製コマ:人、マーカーほか 約30個
 ・その他:紙コンテナ5個(組立式)、得点表1冊、袋1個

・サイズ感:箱32×23cm、個人ボード:2枚×B5サイズ程度(推定)


4)ルール
 以下、英語語版マニュアル(dlp games、2017年版)を参照した情報。


○基本システム
・バッグビルディング(袋の中のチップを用いたデッキ構築)

○大まかな手順
1)ラウンド制。終了条件の充足まで繰り返す。
2)全員同時に、袋から品物チップを引く。
3)全員同時に、チップを個人ボードに配置する。
4)開始プレイヤーから、時計まわりに手番をとる。
 i)共通ボード上の自色コマを移動する。
 ii)コマの位置と置いたチップにより、アクションを行う。
 iii)使用・獲得したチップをコンテナに入れる。
5)開始プレイヤーを左に移し、次ラウンドを行う。
6)共通ボードのどこか1ヶ所の物品が尽きたら終了。

○勝敗
・勝利点が高い人が勝ち。得点源には、以下がある。
 1)品物チップ:チップ種類ごとの得点、倉庫の完成行の得点。
 2)カード   :完了した注文、船、家など。

○アクション
a)農場:食料・羊毛・布を得る。
b)森林:木・カカオを得る。
c)鉱山:石・銀を得る。
d)港 :食料・石を得る。船カードを得る。
e)村 :家カードを得る。倉庫に品物を置く。
f)市場:現金を得る。追加タイル、注文カードを得る。
g)道:道を作る。

○特徴的な要素
・袋から品物チップを引いて、アクションに使う。
 ・個人ボードのマスに指定されたチップを置く。
 ・チップを外して、アクションを行う。
 ・使ったチップ、入手チップはコンテナに入れる。
 ・袋が尽きたら、コンテナの中身を袋に移す。
 ・倉庫に移したチップは使えない。終了時得点になる。
 ・使えるチップ数は、道を作ると増やせる。
・アクションを行うには、自色コマが対応する場所に必要。
 ・自色コマは、アクション前に移動できる。
 ・カート1個につき、1ラウンドに1回だけ移動できる。
 ・食料1個を使って、追加で移動できる。
・アクションは、追加タイルによって追加される。
 ・追加タイルの価格は、売場の並び位置で定まる。
・船・家・注文カードは、終了時得点を増加する。
 ・各カードは、山から自由に選べる。

5)遊びやすさ
・言語依存:
 ・使用物品に文字記載はない。
・プレイ人数依存:
 ・2~5人用:使用チップ数・カード数を増減して調整。
・リプレイ性:
 ・使用物品変化:
  ・個別能力タイルを、ランダムに配布する。
  ・注文カードは所定数を抜粋して使う。
 ・ランダム要素:
  ・袋から引かれるチップはランダム。
  ・追加タイルの出現順はランダム。
 ・難易度調整:
  ・拡張として、目標カード(終了時得点)が同梱。

6)入手性
・日本語版:アークライトより販売[5]。定価7920円。
 ・国内アマゾンで、普通に購入できる。実売約7600円。
・英語版:海外Amazon.comで在庫あり。約46ドル+送料20ドル。

※2021/12現在の状況。
[5]アークライト:アルティプラーノ 完全日本語版
https://arclightgames.jp/product/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%8E/



(参考サイト)
 基本情報、ユーザーのレビューなどの情報源として、例えば、以下を参考にしました。
[2]ボドゲーマ:アルティプラーノ
https://bodoge.hoobby.net/games/altiplano

[3]Board Game Geek: Altiplano (2017)
https://boardgamegeek.com/boardgame/234487/altiplano

[4]新!ボードゲーム家族:アルティプラーノ (Altiplano)
https://boadgamekazoku.com/altiplano/


★考察:「アルティプラーノ」の魅力と懸念点
 我が家のNo.1のひとつ「オルレアン」(→こちらの記事)と同じ作者。かつ、袋からチップを引くという類似システム。どんな内容なのか、興味を持ち、調査しました。

◎魅力を感じた点
・システム。袋からチップを引いて、個人ボードでアクション。オルレアンと同様に、袋から引くときのドキドキ感と、個人ボードに割り当てるときのパズル的な悩ましさを楽しめそうだ。かつ、自色コマを対応する場所に動かさないとアクションができず、2重の悩ましさを味わえそう。
・追加タイル。オルレアンでは、追加アクションを与える「建物タイル」が、自由に選べる方式だった。このため、選ぶのに時間がかかったり、早い人が有利、初見者は選びにくい、という問題があった。本作では、売場に並ぶ中から買えて、かつ、人気がないタイルは安くなっていく方式。追加タイルにまつわる不公平感を解消できそうだ。
・絵柄。明るくて楽しそう。オルレアンよりも、こちらの方がテーマと目的がはっきりしている。子供たちにも、受け入れやすいのでは。

◎懸念点
・システム。オルレアンと似すぎている。オルレアンをすでに持っている。大切なお金を使って、このゲームを買う理由が見当たらない。


★判定結果:「アルティプラーノ」は買うべきか?
 以上を踏まえて、「アルティプラーノ」を買うべきかどうか、判定しました。

 判定結果:うちには必要ない。

※ぜひ買いたい/気になる/うちには必要ない、の3段階評価。

 オルレアンと似たシステムながら、明るく楽しげ、分かりやすいテーマで、子供たちにも評判が良さそうです。ただ、すでにオルレアンを持っているので、あえて買う必要はなさそうに感じました。残念ですが、見送ります。



この記事が役立ちましたら、ランキングクリックをお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング
関連記事
スポンサーサイト



↓↓↓SIKU&BRUDER記事リスト(画像をクリック!)↓↓↓ 20190224_sikubruder.jpg










管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★






トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.