家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング&論理思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg

ボードゲームの購入を検討する記事です。今回は「ファイブ・トライブス:ナカラの魔人(Five Tribes: The Djinns of Naqala)」。

★検討にあたって
 以下の条件を前提に、ボードゲームを物色しています。候補となった物件について、詳細を検討します。
・遊ぶ相手は、家族(妻、娘10歳、長男7歳、次男5歳)。
・長い期間、繰り返し遊びたい。
・我が家はお金がない。本当に買う必要があるかどうか、厳選したい。

 今回の候補は、「ファイブ・トライブス:ナカラの魔人(Five Tribes: The Djinns of Naqala)」です。



★ゲーム内容の確認
 以下項目について、確認を行います。
1)基本情報:プレイ人数、プレイ時間など
2)テーマ:世界観、ゲームのあらまし
3)外観:絵柄、コンポーネントなど
4)ルール:手順概要、特徴的な要素など
5)遊びやすさ:言語依存、リプレイ性など
6)入手性:価格、在庫状況など

20211031zf01.jpg

1)基本情報
・タイトル:ファイブ・トライブス:ナカラの魔人
・作者:Bruno Cathala
・原題:Five Tribes: The Djinns of Naqala
・発売年:2014年
・出版社(一例):Days of Wonder [1]
・プレイ人数:2~4人
・プレイ時間:40~80分
・推奨年齢:13歳以上

[1]Days of Wonder: Five Tribes The Djinns of Naqala
https://www.daysofwonder.com/five-tribes/en


2)テーマ
・年代:不明
・場所:アラビアンナイトの伝説の地・ナカラ
・プレイヤーの立場:ナカラを訪れた旅人
・目的:王の座につくこと。
・行うこと:
 ・5つの職業の人々を活用する。
 ・支配下の領地を増やす。
 ・魔人を呼び出し、力を借りる。
 ・貴重品・特産品・汎用品などの商品を集める。
 ・お金を使い、先手を取る。


3)外観
・絵柄:落ち着いた色づかい。怪しげな雰囲気の魔人イラスト。
・コンポーネント:
 ・ボード: なし
 ・紙製タイル: プレイ順表示、土地など 約30枚
 ・木製コマ:ラクダ、人、建物など 約160個
 ・カード: 商品、魔人など 約80枚
 ・紙製チップ: 金貨 約100個
 ・その他:袋1個、得点計算シート1冊

・サイズ感:箱30cm×30cm、プレイエリア:40cm×30cm程度(推定)


4)ルール
 以下、英語語版マニュアル(Days of Wonder、2014年版)を参照した情報。

○基本システム
・マンカラ方式のコマ移動。
・共通の場への建物設置。

○大まかな手順
1)ラウンド制。終了条件を満たすまで繰り返す。
2)プレイ順トラックにしたがい、手番をとる。
3)手番では、以下を順に行う。
 i)次のプレイ順の入札額を選び、コマを置く。
 ii)タイル1個を選び、マンカラ方式で人コマを移動する。
 iii)最後に置いた人コマの色に応じ、アクション実行する。
 iv)最後に置いたタイルの記載に応じ、アクション実行する。
 v)商品カードを売る。
4)全員が手番をとったら、ラウンド終了。
5)入札額の高い人から、次のプレイ順が先になる。
6)以下いずれかを満たしたら、ゲーム終了。
 ・誰かがラクダを使い果たす。
 ・ルールにしたがった人コマの移動ができない。

○勝敗
・得点の高い人が勝ち。以下の得点源がある。
 1)所持物品:現金、人コマ、魔人、商品
 2)タイル:自色ラクダを置いたタイル、木、宮殿

○アクション
・人コマによるアクション:
a)黄・大臣:終了時の所有数の順位により得点。
b)白・長老:魔人の取得などで消費。
c)青・大工:現金の獲得。
d)緑・商人:商品カードの取得。
e)赤・殺し屋:人コマの除去。

・タイルによるアクション:
a)オアシス:木を置く。
b)村:宮殿を置く。
c)市場:商品カードを買える。
d)聖地:魔人カードを買える。

○特徴的な要素
・タイルの人コマを移動させることで、アクションを行う。
 ・タイル1枚を選び、すべての人コマを手に取る。
 ・隣接したタイルに一筆書きで、1個づつ人コマを置いていく。
 ・最後に置く人コマは、置くタイルにあるのと同じ色であること。
 ・最後に置いたのと同じ色の人コマすべてを入手できる。
 ・人コマの色に応じて、アクションを実行する。
 ・入手した人コマの数が多いほど、アクションの効果が強まる。

・タイルの所有により、終了時勝利点を得られる。
 ・人コマを取ってタイルが空になれば、そのタイルを所有できる。
 ・所有したタイルには、自色のラクダを置く。
 ・所有タイルに木・宮殿があると、追加得点になる。

・プレイ順はオークション方式。
 ・手番の最初に、入札額の書かれたマスからひとつを選ぶ。
 ・入札額が高いほど、次ラウンドで先の手番を取れる。

・魔人カードによる特殊効果がある。
 イ)終了時、条件によるボーナス点。
 ロ)常時効果。
 ハ)コストを払い効果発動。手番に1回。


5)遊びやすさ
・言語依存:
 ・物品に文字の記載はない。
・プレイ人数依存:
 ・2人用:1ラウンドで2手番ずつ取る。
・リプレイ性:
 ・使用物品変化:
  ・毎回、同じ物品を使用する。
 ・ランダム要素:
  ・プレイエリアのタイル配置はランダム。
  ・開始時の人コマ配置はランダム。
  ・商品カード、魔人カードの出現順はランダム。
  ・人コマの追加は袋からランダムに引く。


6)入手性
・日本語版:アークライトより、2022/3/17発売予定。定価8800円。
・英語版:定価59.99ドル。生産終了か?
 ・国内アマゾンではプレミアム価格。約2万円など。
 ・海外Amazon.comでも入手性悪い。本体約66ドル+送料約39ドルなど。
※2021/10現在の状況。




(参考サイト)
 基本情報、ユーザーのレビューなどの情報源として、例えば、以下を参考にしました。
[2]ボドゲーマ:ファイブ・トライブス:ナカラの魔人
https://bodoge.hoobby.net/games/five-tribes

[3]Board Game Geek: Five Tribes (2014)
https://boardgamegeek.com/boardgame/157354/five-tribes

[4]新!ボードゲーム家族:ファイブトライブス:ナカラの魔人 (Five Tribes:the Djin of Naqala)
https://boadgamekazoku.com/five-tribesthe-djin-of-naqala/


★考察:「ファイブ・トライブス」の魅力と懸念点
 アラビアンナイトの世界が舞台。多数のミープル(人型コマ)をマンカラのように動かしてアクションを実行する、独特のプレイ方法に興味を引かれました。

◎魅力を感じた点
・マンカラ方式。タイルから人コマを取って、隣のタイルに順次配置していくのは、作業として楽しそうだ。うまく最後のタイルの人コマを空にできたときは、達成感がありそう。
・魔人。22枚の魔人カードは、すべて内容が違う。終了時ボーナス点、常時効果、コスト消費して効果発動など、さまざま。魔人をうまく活用する作戦を考えるのは、面白そうだ。

◎懸念点
・長考になりそう。マンカラ方式での移動では、最後に置くタイルに、最後に置く人と同じ色の人があることが条件。この条件を満たすタイルを探すのに、時間がかかりそう。まず選択肢をフィルターして、その後、どれを選ぶかを決める手順になる。相当の長考になりそうだ。待っている間に考えても、移動の結果によって、その選択肢が消えてしまうことがある。その結果、再び長考が必要になってしまう。コマの移動については、運の要素がない。1手の重みが大きく、失敗したときのダメージが大きい。考えるだけ考えてしまいそうだ。プレイ時間が非常に長くなりそうで、心配。
・ルール。人コマの色によるアクションの違い、僧侶カードによるボーナスなど、ルールの記憶が必要な処理が多い。説明書の参照が必要となり、スムーズなプレイができない懸念がある。
・直接攻撃。殺し屋は、他プレイヤーの手元にある人コマを除去することが可能。直接攻撃は、苦手だ。
・入手性。国内外とも入手性が悪く、プレミアム価格になっている。特に国内では、約2万円! とても妥当と言えない価格だ。


★判定結果:「ファイブ・トライブス」は買うべきか?
 以上を踏まえて、「ファイブ・トライブス」を買うべきかどうか、判定しました。

 判定結果:うちには必要ない。

※今すぐ買う/ぜひ買いたい/うちには必要ない、の3段階評価。

 アラビアンナイトのちょっと怪しげな世界観と、マンカラでアクションをする独特のルールが魅力です。ただ、運の要素が少なく、ガチガチの長考ゲームになりそうなのが懸念です。入手性も悪いため、購入は見送ります。

★2022/2/20追記:
 朗報! アークライトから、完全日本語版が発売される予定です。2022/3/17発売予定、定価8800円。



この記事が役立ちましたら、ランキングクリックをお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング


関連記事
スポンサーサイト



↓↓↓SIKU&BRUDER記事リスト(画像をクリック!)↓↓↓ 20190224_sikubruder.jpg










管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★






トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.