家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓子供と楽しむボードゲーム↓↓↓ 子供と遊ぶボードゲーム

ボードゲームの購入を検討する記事です。今回は「クマ牧場(Bear Park)」。

★検討にあたって
 以下の条件を前提に、ボードゲームを物色しています。候補となった物件について、詳細を検討します。
・遊ぶ相手は、家族(妻、娘10歳、長男7歳、次男5歳)。
・長い期間、繰り返し遊びたい。
・我が家はお金がない。本当に買う必要があるかどうか、厳選したい。

 今回の候補は、「クマ牧場(Bear Park)」です。


★ゲーム内容の確認
 以下項目について、確認を行います。
1)基本情報:プレイ人数、プレイ時間など
2)テーマ:世界観、ゲームのあらまし
3)外観:絵柄、コンポーネントなど
4)ルール:手順概要、特徴的な要素など
5)遊びやすさ:言語依存、リプレイ性など
6)入手性:価格、在庫状況など

20211029zb01.jpg


1)基本情報
・タイトル:クマ牧場/ベア・パーク
・作者:Phil Walker-Harding
・原題:Bear Park / Baerenpark
・発売年:2017年
・出版社(一例):Lookout Games [1]
・プレイ人数:2~4人
・プレイ時間:30~45分
・推奨年齢:8歳以上

[1]Lookout Games: Baerenpark


2)テーマ
・年代:現代
・場所:動物園の予定地
・プレイヤーの立場:動物園の建設業者
・目的:クマの動物園を完成すること。
・行うこと:
 ・動物園の用地を準備する。
 ・園内に動物の展示場や施設を配置する。
 ・記念のクマ像を建てる。


3)外観
・絵柄:明るくカラフルな色づかい。かわいらしいクマのイラスト。
・コンポーネント:
 ・ボード: 共通ボード1枚、用地ボード16枚
 ・紙製タイル: 動物、施設など 約100枚
 ・カード: 目標カード 30枚

・サイズ感:箱28cm×18cm、ボード:40cm×30cm程度(推定)


4)ルール
 以下、英語語版マニュアル(Lookout Games/ Mayfair Games、2016年版)を参照した情報。

○基本システム
・個人ボードへのタイル(ポリオミノ)配置パズル。

○大まかな手順
1)開始プレイヤーから、時計回りで手番を取る。
2)手番では、以下を順に行う。
 i)手持ちのタイル1枚を、個人ボードに置く。
 ii)タイルで覆ったマークに応じて、アクションを行う。
 iii)用地1枚が埋まったら、石像タイルを得る。
3)誰かが用地4枚を埋めたら、ゲーム終了。

○勝敗
・配置したタイルに書かれた勝利点を合計する。点数が高い人が勝ち。

○アクション
・タイルで用地のマークを覆うことで、以下アクションを行える。
a)手押し車:緑地タイル1枚を得る。
b)ミキサー車:動物の建物1枚を得る。
c)ショベルカー:動物の展示場1枚を得る。
d)測量士:用地ボード1枚を得る。

○特徴的な要素
・動物の種類は、北極グマ、ゴビ砂漠グマ、パンダ、コアラ。
 ・コアラは熊でないが、みんな好きなので入れちゃった、とのこと。
・タイルの取得は、マークを覆うことで行う。
 ・マークによって、得られるタイルの種類が異なる。
 ・用地ボードを入手するマークもある。
 ・タイルを持っていない場合、パスをしてタイル1枚を取れる。
・誰かが用地ボード4枚を完成したらゲーム終了。
 ・用地ボードは4×4マス。最初は1枚からスタート。
 ・用地の1マスには穴が描かれており、タイルが置けない。
 ・穴以外すべてを覆うと、穴に銅像タイル(ボーナス点)を置ける。
 ・追加入手したボードは、既存のボードに隣接させて設置する。
 ・複数のボードにまたがってタイルを置いてもよい。


5)遊びやすさ
・言語依存:
 ・文字の記載はない。
・プレイ人数依存:
 ・人数に応じて、タイル数を調整する。
・リプレイ性:
 ・使用物品変化:
  ・毎回、同じ物品を使用する。
 ・ランダム要素:
  ・用地ボードの出現順はランダム。
 ・バリアント:
  ・上級者ルールとして、目標カードを追加できる。
・拡張:「がんばれ!グリズリー(The Bad News Bears)」
 ・以下3要素を、自由に組み合わせて追加できる。
  1)グリズリー:大きい熊タイル+5枚目の用地
  2)モノレール:緑タイルを空中でつないで得点する
  3)新・目標タイル:新目標6種類


6)入手性
・日本語版:日本語版あり(ホビージャパン)[4]。定価4400円。
 ・国内アマゾンで普通に購入できる。約3500円。
・英語版:定価33.99ユーロ。Amazon.comで約36ドル+送料約17ドル。
※2021/10現在の状況。

[4]ホビージャパン:クマ牧場
https://hobbyjapan.games/bear_park/



★考察:「クマ牧場」の魅力と懸念点
 テトリス風の形状のタイルを個人ボードに配置するゲームです。かわいらしい、ちいさい熊が魅力的です。知育的要素もありそうで、目に止まりました。

◎魅力を感じた点
・クマ。タイルには、小さいクマが描かれていて、たいへんかわいらしい。コアラは熊でないと知りつつ入れてしまうのが、ユーモラスで楽しい(英語ではKoala Bearとも言うそうな)。用地ボードにある、ミキサー車やショベルカーも、子供ウケが良さそうだ。
・ルール。マークを覆うことで次のタイルを取れる、というのがユニーク。隙間なく効率的にボードを埋めることを考えつつ、マークをうまく覆うことも考えないといけない。用地を拡張するタイミングも重要だ。さらに、用地を完成させるともらえるクマの銅像は、早く取るほど点数が高い。2手先、3手先を考えて作戦を練り、計画的にタイルを配置・取得していくのが重要になりそうだ。目標カードの上級ルールもあり、悩ましい選択を追加しそうだ。
・得点方法。タイルに記載された点数を合計するだけ。子供たちが自分で計算できると、満足感を味わえるだろう。この手のタイル配置ゲームは、得点方法が複雑なことが多い(連続するマス数、全プレイヤーで最大数所持、などがよくある例)。これだけシンプルな得点計算は珍しく、たいへん貴重なゲームだ。
・入手性。日本語版が、比較的求めやすい価格(実売約3500円)で流通している。

◎懸念点
・ゲーム進行。ひたすらタイルを置いて取って、の繰り返し作業になる。飽きてしまわないか。後半に向かってパワーアップする、などの要素もない。あと一歩、スパイスになるような要素が欲しかった。


★判定結果:「クマ牧場」は買うべきか?
 以上を踏まえて、「クマ牧場」を買うべきかどうか、判定しました。

 判定結果:ぜひ買いたい。(購入済)

※今すぐ買う/ぜひ買いたい/うちには必要ない、の3段階評価。

 シンプルなルールで、テトリス風タイルを隙間なく詰める、空間的思考を要する作業に集中できそうです。小さいクマ&コアラも、かわいらしい。ぜひ、子供たちと遊びたいゲームです!




この記事が役立ちましたら、ランキングクリックをお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング


関連記事
↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング学習&論理的思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg






管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★






トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.