家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓子供と楽しむボードゲーム↓↓↓ 子供と遊ぶボードゲーム

家族で遊ぶボードゲームを調査しています。今回は「ペブルロックの配達サービス(Pebble Rock Delivery Service)」。船で島々をめぐり、物品やお客を届けるピック&デリバリーすごろくです。
20211024zp01.jpg


★島々をめぐる動物たちのピック&デリバリー!
 「ペブルロックの配達サービス(Pebble Rock Delivery Service)」は、運搬船を操る動物たちが主人公。さいころを振って島々をめぐり、荷物やお客を入手・配達する、すごろく風ゲームです。かわいらしい絵柄の動物たちと、立体的な船や島々の模型に、興味をひかれました。
 2~4人、30~45分、8歳以上。日本語版なし(物品に一部言語依存あり)。英語版は海外アマゾンで普通に購入できる(約22ドル+送料18ドル。国内アマゾンは、かなり割高)。

 今回、英語マニュアル(Skybound Games, 2021)を読んで、内容を確認しました。

[1]Skybound: Pebble Rock Delivery Service (2021)
https://store.skybound.com/collections/tabletop/products/pebble-rock-delivery-service



★サイコロを振って、荷物を届けよう!
 ゲームは、島々が散在する海が舞台です。すごろくのようなマスが配置された、地図ボード上を、自分の船を動かします。目的はピック&デリバリーで、場にある目的地カードに示された島に、指定個数の荷物を運ぶのが目的です。荷物は、決まった島で入手でき、1種類だけです。目的地カードの中には、お客を運ぶものもあります。この場合は、カードで指定された島でお客を乗せ、別の指定された島でお客を降ろします。目的を達成すると、勝利点がもらえます。10ラウンドを終えて、勝利点が高い人が勝ち。

 手番では、サイコロを振って、出目の範囲内の歩数だけ、自由な方向に進めます。このとき、サイコロは同時に2個を振ります。2種類の選択肢があります。1)出目の小さいサイコロ+良いイベントが起きるサイコロ、2)出目の大きいサイコロ+悪いイベントが起きるサイコロ。つまり、いちどにたくさん進むこともできますが、悪いイベントが起きるリスクがある、ということです。良いイベントでは物品を入手できますが、悪いイベントでは物品を失います。

 道中には、無人で動くコマとして、クジラ、サメ、海賊船があります。これらを通り過ぎるときは、イベントが発生します。クジラは物品の入手、サメ・海賊船は物品を奪われます。これらは、イベントを起こすサイコロによって、プレイヤーの隣に移動します(このときもイベント発生)。
 船が止まったマスによるアクションもあります。荷物を得る、魚を得る、宝を得る、アイテムカードを買う、などです。アイテムには、1回限りの効果のもの(悪いイベントを無効化など)、永続効果(荷物の所持数が増加など)、があります。魚を使うと、船を1歩追加で進められます。
 目的地カードの場所については、通過するだけで荷物を届けたことになります。目標達成すると、即時ポイントを得て、新たな目的地カードが出現します。

 プレイヤー全員が1手番ずつ取ると、1ラウンド終了です。10ラウンド終了後、得点のいちばん高い人が勝ちです。


★まとめ:楽しげな外観で、子供が喜びそう!
 「ペブルロックの配達サービス」の内容を確認しました。魅力と懸念点をまとめます。

◎魅力に感じた点
・外観。明るい色使いの、かわいらしいキャラクター。船や島は、立体的な模型で、見栄えがする。楽しそうな外観で、子供たちが意欲的に取り組むことができるのでは。
・テーマ。船で荷物を届ける、というのは、きわめて分かりやすい。所定の場所で積荷を乗せる。毎回変わる目的地に届ける。個人ボードの船に荷物を置くので、実際に配達している感覚を体験できそうだ。
・ゲーム内容。基本は、サイコロを振るだけだが、出目の範囲内で、歩数を自由に選べる。また、弱気と強気のどちらのサイコロ・セットを使うかを選べる。運頼りにならず、自分の意思をもって、作戦を立てて遊べるだろう。
・プレイ時間。必ず10ラウンドで終了する。プレイ時間の見通しがよい。だらだらと長引くことがなく、集中してプレイできそうだ。

◎懸念に思う点
・言語依存。目的地カードの目的地は英語表記。ボードの英語表記と、照合する必要がある。目的地には目印コマを置くのだが、同時に4箇所に置くため、どの目印がどのカードに対応するか分からない。判別には、文字照合が必要である。地名とはいえ、英語になじみのない子供たちには、自力での照合が難しいのでは。
・ゲーム内容。サイコロを振って進むだけ。早々に飽きてしまいそうな予感がする。


 明るくにぎやかな見た目。サイコロで進んで荷物を届ける、直感的で分かりやすいルールが魅力です。小さな子供たちとも、楽しく遊べそうです。



この記事が役立ちましたら、ランキングクリックをお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング
関連記事
↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング学習&論理的思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg






管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★






トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.