家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓自宅で過ごす休日は、ボードゲームで遊ぼう!↓↓↓ 20210728_mcboard01a.jpg

鎌倉の名所めぐりを楽しむボードゲーム「カマクラコレクション」を買いました。実際の鎌倉散策の思い出を交えつつ、レビューします。


★舞台は鎌倉! すごろく風ワカプレ
 「カマクラ・コレクション」を入手しました。鎌倉を舞台に、名所の観光を楽しむ、すごろく風のボードゲームです[1]。2~4人用、45分、対象年齢14歳以上。
[1]Jugame Studio: カマクラコレクション
https://www.jugame.info/kamakura.html
20211014zk101.jpg

 ゲーム全景です。全体に明るく優しい色使いで、楽しい雰囲気です。メインボードは、40×40センチくらいで、コンパクト。すごろく風で、鎌倉の各名所を移動できるようになっています。収集したチップを置く個人ボード、行動を決めるアクションボード(円形のボード)があります。
20211014zk207.jpg

 見た目はすごろくですが、コマの移動方法は独特です。アクションボードのコマを動かすことで、行動の内容(1歩進む、名所チップを取る、など)を決めます。そして、決めたアクションにしたがって、メインボードのコマを動かしたり、チップを取ったりします。これは、いわゆる「ワーカープレイスメント(略称:ワカプレ)」と呼ばれるシステムです。
20211014zk202.jpg

 アクションボードのコマは、ネコです。手番順にコマを移動しますが、他のプレイヤーのネコがいるアクションは、使うことができません。空いているマスから、アクションを選ばなければなりません。移動やチップ取得のコマは、色が指定されていて、目的物がその色でないと、実行できません。
20211014zk205.jpg

 もうひとつ、特徴的なのが、各プレイヤーが、旅行者2人を持つことです。どちらか1人の旅行者を自由に選んで、アクションを実行できます。
20211014zk204.jpg

 旅行者を移動させて、名所チップを集めるのが目的です。チップごとに、得点があります。取ったチップは、個人ボードに、順番に配置します。ここで、上下のチップの色が同じだと、ボーナス点がもらえます。名所チップのほかに、食べ歩きチップもあります。これらの得点を合計して、いちばん得点の高い人が勝ちです。特定のチップを集めるとボーナス点がもらえる、「目標カード」もあります。
20211014zk206.jpg

 今回、子供たち(長男7歳、次男5歳)と遊びました。コマの動かしかたが少し独特ですが、すぐに慣れました。特に長男7歳は、目標カードを満たしつつ、上下に同じ色のチップを揃え、みごと優勝でした。


★ボードゲームで回想する鎌倉の思い出
 鎌倉は、私にとって、思い出深い土地です。居住地が近いこともあり、何度も訪れています。このメインボードを見ていると、さまざまな名所の思い出が、よみがえってきます。

 鎌倉駅からほど近い、鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)。ここの舞殿では、結婚式が行われたりします。
20211014zk203.jpg20211014zk511.jpg

 報国寺(ほうこくじ)は、竹林が有名です。海外からの観光客にも、人気のスポットらしいです。
20211014zk206.jpg 20211014zk501.jpg

 大きなお寺もあります。円覚寺(えんがくじ)の紅葉と、建長寺(けんちょうじ)の天狗(半僧坊)の思い出。これらは、北鎌倉駅の周辺です。
20211014zk502.jpg 20211014zk513.jpg

 高徳院(こうとくいん)の大仏は、いわずとしれた鎌倉名物です。
20211014zk203.jpg 20211014zk512.jpg

 ゲーム中の移動手段としても登場する、人力車です。乗ったこと、あります?
20211014zk205.jpg 20211014zk541.jpg

 そして、食べ歩き。おそば、おいしかったなあ。
20211014zk204.jpg 20211014zk551.jpg


★まとめ:鎌倉の思い出がよみがえる!
 鎌倉を散策するボードゲーム「カマクラコレクション」。実際に遊んで、良い点、いまひとつの点を書きます。

◎良いところ
・鎌倉が舞台。あのとき訪れたあの場所、あの景色の、思い出がよみがえる。鎌倉グルメまでカバーしているのが、素晴らしい。
・カラフルでかわいらしいボード。見ていて、ほのぼのとして、心がなごむ感じだ。
・ルール。移動方法は独特だが、すぐに慣れるだろう。名所チップを集めるという目標も分かりやすく、遊びやすい。

◎今ひとつのところ
・ゲーム展開。移動してチップを集めるだけの展開。起伏が少なく、退屈に感じてしまう。


 明るい色使いのボードの雰囲気が良いです。鎌倉になじみがある人ならば、特に楽しめると思います。ゲーム内容としては、ややシンプルすぎるかもしれません。


ランキングクリックをお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング

関連記事
スポンサーサイト



↓↓↓SIKU&BRUDER記事リスト(画像をクリック!)↓↓↓ 20190224_sikubruder.jpg










管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★






トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.