家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓子供と楽しむボードゲーム↓↓↓ 子供と遊ぶボードゲーム

ボードゲームの購入を検討する記事です。今回は「らくがきダンジョン(Doodle Dungeon)」。


★検討にあたって
 以下の条件を前提に、ボードゲームを物色しています。候補となった物件について、詳細を検討します。
・遊ぶ相手は、家族(妻、娘10歳、長男7歳、次男5歳)。
・長い期間、繰り返し遊びたい。
・我が家はお金がない。本当に買う必要があるかどうか、厳選したい。

 今回の候補は、「らくがきダンジョン(Doodle Dungeon)」です。 



★ゲーム内容の確認
 以下項目について、確認を行います。
1)基本情報:プレイ人数、プレイ時間など
2)テーマ:世界観、ゲームのあらまし
3)外観:絵柄、コンポーネントなど
4)ルール:手順概要、特徴的な要素など
5)遊びやすさ:言語依存、リプレイ性など
6)入手性:価格、在庫状況など
20211011zd01.jpg

1)基本情報
・タイトル:らくがきダンジョン
・作者: Ulrich Blum (ウルリッヒ・ブルム)
・原題:Doodle Dungeon
・発売年:2020年
・出版社(一例):Pegasus Spiele [1]
・プレイ人数:2~4人
・プレイ時間:45~60分
・推奨年齢:10歳以上

[1]Pegasus Spiele: Doodle Dungeon


2)テーマ
・年代:不明
・場所:剣と魔法の世界
・プレイヤーの立場:悪のダンジョンマスター
・目的:ダンジョンを勇者から守ること。
・行うこと:
 ・ダンジョンに物品やモンスターを配置する。
 ・他プレイヤーのダンジョンの勇者の移動経路を決める。
 ・自分のダンジョンに来た勇者を迎え撃つ。
 ・他プレイヤーのダンジョンの勇者を支援する。


3)外観
・絵柄:コミカルなキャラクター。明るくカラフルな色使い。
・コンポーネント:
 ・シート:ダンジョン100枚、得点表100枚
 ・カード:60枚
 ・サイコロ:4個
 ・木製コマ:勇者フィギュア4個
 ・その他:鉛筆4本、消しゴム1個、鉛筆削り1個、テンプレート4個
・サイズ感:箱30cm×22cm、シート:A4サイズ程度(推定)


4)ルール
 以下、英語語版マニュアル(Pegasus Spiele、2020年版)を参照した情報。

○基本システム
・紙ペン(カードめくりによる記載内容決定)。
・サイコロ出目で勝敗決定する戦闘。

○大まかな手順
1.ダンジョン構築
1)プレイ順に手番を取る。
2)手番では、以下を行う。
 i)場のカード1枚を選び、取る。
 ii)記載の物品をダンジョンシートに記入する。
 iii)カードは個人デッキに加える。
3)開始プレイヤーを移動し、繰り返す。
4)全14ラウンドで終了。

2.勇者の経路設定
1)全員同時に行う。
2)各自、隣の人にダンジョンシートを渡す。
3)勇者の経路を記入する。
4)シートを元の人に返す。

3.勇者の撃退
1)プレイ順に手番を取る。
2)手番では、以下を行う。
 i)勇者コマを次のイベントまで動かす。
 ii)イベントに応じ、撃退アクションを行う。
 iii)必要なら、手札を使用する。
 iv)手札を補充する。
3)全員が終了条件を満たすまで繰り返す。


○勝敗
・勝利点が高い人が勝ち。得点源には、以下がある。
 1)ダンジョンに残った物品:宝箱、モンスター
 2)勇者の状況:撃退→ボーナス、脱出→減点

○アクション
 手札は、以下の用途で使用する。
a)自分のダンジョンのモンスターの支援。
b)他プレイヤーのダンジョンの勇者の支援。

○特徴的な要素
・ダンジョン構築と勇者の撃退の、2部構成。
 ・カードは、ダンジョン構築と勇者の撃退で併用する。
 ・ダンジョン構築では、カード記載の物品を紙ペンで作成。
 ・勇者の撃退では、カードとサイコロを使って勇者を倒す。
 ・勇者の移動経路は、他プレイヤーが作成する。
・ダンジョン構築では、以下の要素がある。
 ・トラップ:勇者にダメージを与える。
 ・モンスター:勇者と戦い、勝てばダメージと得点。
 ・宝箱:勇者の略奪を防げば得点。
 ・強化:各要素の効果を強化する。
・勇者の撃退では、以下の要素がある。
 ・10面サイコロ2個を振り、合計の出目で勝敗判定。
 ・モンスターが勝てば勇者にダメージ。
 ・勇者のダメージが一定数で、勇者を倒せる。
 ・勇者が出口まで辿り着くと、勇者が脱出。


5)遊びやすさ
・言語依存:
 ・カードの効果の理解は、文字記載を読む必要がある。
・プレイ人数依存:
 ・人数によって、使用カード数を調整する。
・リプレイ性:
 ・使用物品変化:
  ・毎回、同じ物品を使用する。
 ・ランダム要素:
  ・カードの出現順はランダム。
  ・サイコロの出目はランダム。


6)入手性
・日本語版:
 ・ホビージャパンから、日本語版が出版されている[4]。定価4400円。
 ・アマゾンで普通に購入できる。
※2021/10現在の状況。
[4]ホビージャパン:らくがきダンジョン




★考察:「らくがきダンジョン」の魅力と懸念点
 壁やモンスターを配置して、自分だけのダンジョンを作るのが楽しそう! 絵柄もユーモラスで、ぜひ遊んでみたいと感じました。

◎魅力を感じた点
・ダンジョン構築。壁やモンスターなど、ちょっと複雑な形状の物品を、紙ペンで配置する。記入用のテンプレートもあり、描くのが楽しそうだ。完成したダンジョンを見て、満足感にひたれそう。
・勇者の経路。勇者の経路は、自分でなく、別プレイヤーが設定する。モンスターを残すと得点になってしまうし、戦いすぎると勇者が倒れてボーナス点になってしまう。あんばいを考えながら経路を決めるのが楽しそうだ。また、宝箱の場所は秘密になっている(どれかのモンスターが保持)。宝探しのような楽しみもありそう。

◎懸念点
・勇者の撃退。撃退は、手番順に1人ずつ、勇者コマを1ステップ移動させて実行する。これは、自分のダンジョンシートの上で行われる。他プレイヤーには状況をつかみにくく、待つだけになってしまいそう。子供たちは、集中力を保ちにくいのでは。
・直接攻撃。他プレイヤーの勇者を支援するカードがあるが、直接攻撃の要素になる。直接攻撃が好みでない我が家では、受け入れられるか不安。
・プレイ時間。紙ペンは気軽なイメージがあるが、このゲームはプレイ時間45~60分と、長め。勇者の撃退が1人ずつ解決なのが、長くなる一因だろう。多人数は避けて、2人プレイにするのがよいかもしれない。
・言語依存。カードの効果が文字記載。日本語版でも漢字があるため、小さい子供は読むのに難儀するだろう。


★判定結果:「らくがきダンジョン」は買うべきか?
 以上を踏まえて、「らくがきダンジョン」を買うべきかどうか、判定しました。

 判定結果:うちには必要ない。

※今すぐ買う/ぜひ買いたい/うちには必要ない、の3段階評価。

前半のダンジョン構築は、創作意欲をかきたてそうで、たいへん魅力的です。しかし、後半の勇者撃退は、待ち時間で退屈しそうです。プレイ時間が長めなのもネック。残念ながら、購入は見送りです。



この記事が役立ちましたら、ランキングクリックをお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング


関連記事
↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング学習&論理的思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg






管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★






トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.