家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング&論理思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg

幼稚園~小学生の子供と遊ぶボードゲームを物色しています。今回は、「セットコレクション」と呼ばれるシステムを採用した商品について、比較検討します。

<検討対象>
・ポーション・エクスプロージョン
・ギズモ
・ヴィア・マジカ
・フィンカ


★子供も一緒に! セットコレクション・ボドゲーで遊ぼう
 私がボードゲームに熱中するきっかけになったのは、「アルマ・マータ(Alma Mater;我らが母校)」という商品でした。この商品は、いわゆる「ドイツゲーム(ユーロゲーム)」と呼ばれるものです。アルマ・マータでは、プレイヤーは大学の学長となって、学生や教授を集めることが、ひとつの目的です。そのためには、複数の色の「本」を、所定の数・組合せで、支払わなければなりません。このように、特定の種類のアイテムを集めて、別の成果物と交換するシステムを「セットコレクション」と呼ぶそうです。有名な「カタン」でも、資源カードを所定の組合せで集めると、拠点やカードと交換できます。これもまた、セットコレクションです。
20210404sa96.jpg

 セットコレクションは、要は物々交換で、非常に分かりやすい仕組みです。効率的に交換をするには、計画性が重要です。考えたとおりにできると、達成感・満足感を得られます。今回は、子供と遊ぶのを前提に、「セットコレクション」を中心に据えた、シンプルなゲームを選んでみました。



★シンプルなセットコレクション・ゲーム!
 今回、以下のボードゲームを比較検討します。
1)ポーション・エクスプロージョン
2)ギズモ
3)ヴィア・マジカ
4)フィンカ



★1)ポーション・エクスプロージョン(Potion Explosion)
 魔法学校の最終試験として、魔法の薬を調合するゲームです。薬ごとに決められた色のビー玉(魔法の材料)を集めることで、その薬を完成できます。完成した薬は得点になるほか、使用することで特殊能力を発動できます。ユニークな点は、ビー玉が立体的な容器(ディスペンサー)に並んでいるところです。ビー玉を取ると、並んでいるビー玉が落ちてきます。そして、同じ色のビー玉が当たったら、そのビー玉も取れる、という「連鎖(爆発、エクスプロージョン)」が起きます。2~4人用、8歳以上、30分。

[1]Horrible Guild Game Studio: Potion Explosion
https://www.horribleguild.com/potion-explosion/

<良さそうなところ>
・ビー玉が並ぶ立体的な容器。見た目が良く、子供ウケが良さそう。
・連鎖。同じ色のビー玉が当たると、多量のビー玉を一度に取れる。うまく連鎖を続けられると、喜びが大きいだろう。
・テーマとルール。材料を集めて薬を作る、というのが分かりやすい。作った薬がそのまま得点になるので、子供でも見通しを立てて遊びやすいだろう。

<いまひとつのところ>
・単調な作業の繰り返し。ビー玉を集めて薬を完成、だけの流れ。早々に飽きてしまいそうな懸念がある。
・薬の特殊効果。アイコンで示されているが、説明書を読まないと内容が分かりにくい。


★2)ギズモ(Gizmos)
 特殊な能力を持つ機械「ギズモ」を作る大会を舞台にしたゲームです。ポーション・エクスプロージョン同様に、立体的な容器から出てくるビー玉(エネルギーボール)を集めて、さまざまな機械装置を完成させます。作った機械には特殊能力があり、プレイヤーが特定のアクション(ビー玉を取る、など)を選んだときに発動します。そして、そのアクションがさらに別の機械のアクションを発動させる、という「連鎖(チェーン・リアクション)」ができます。この連鎖をつぎつぎに引き起こせるところが、このゲームの特徴です。2~4人用、14歳以上、40~50分。

[2]CMON: Gizmos
https://www.cmon.com/product/gizmos/gizmos-second-edition

<良さそうなところ>
・ビー玉が並ぶ立体的な容器。見た目が良く、子供ウケが良さそう。
・2021/8現在、日本語版の入手性がよい。約4000円で、妥当な価格。

<いまひとつのところ>
・連鎖。たくさんの機械のアクションが連鎖するのがウリだが、各機械は1手番で1度しか動かせない。どのような順で連鎖させるかを考えると、長考になりそうだ。待ち時間が長くなってしまいそう。また、機械が増えてくると、どの機械を連鎖したか覚えきれない懸念がある。小さい子供(長男7歳、次男5歳)には、難しいかもしれない。
・ギズモカード。機械の絵が描いてあるが、説明がなく、何の装置なのか分からない。この機械が欲しい、というモチベーションが湧きにくいのではないか。


★3)ヴィア・マジカ(Via Magica、ビア・マギカ)
 魔法学校の最終試験として、異世界への扉を開くという設定です。ビンゴに似たゲームです。手持ちのカードには複数のマークがあり、袋から引いたマーク(精霊)と同じマークがあれば、そこにコマ(クリスタル)を置けます。すべてのマークにコマが乗ったら、そのカードは完成です。ビンゴ方式なので、全員が同時にゲームに参加でき、待ち時間がないのが特徴です。2~6人用、7歳以上、30分。(詳しい購入検討は、→こちらの記事

[3]ACD distribution: Via Magica
https://www.acdd.com/via-magicka.html

<良さそうなところ>
・ビンゴ方式なので、全員参加できる。待ち時間がなく、飽きずに遊べそうだ。しかも、6人まで遊べる。
・物品。カラフルで明るい色使いで、カードを集めるのが楽しそうだ。
・ルール。カードを完成させると特殊効果が得られたり、早取りのボーナスがあったりするので、戦略的な考えどころもありそう。

<いまひとつのところ>
・ビンゴなので、2人で遊ぶと、ちょっと寂しいカモ。
・入手性。国内アマゾンでは販売されていない。海外アマゾンでも品薄な様子。


★4)フィンカ(Finca)
 地中海の島で、さまざまな果物を集めて、市場に届けるのが目的。いわゆる「ロンデル」で果物(木製コマ)を入手します。所定の組合せの果物がそろったら、果物を届けて、勝利点を得ることができます。ロンデルとは、円形にマスが並んだトラックです。このゲームでは、自分のコマのいるマスに、コマが何個あるかによって、進める歩数や、入手できる果物の数が決まるのが特徴です。2~4人用、10歳以上、45分。

[4]Franjos Spieleverlag: Finca
https://www.franjos.de/spiel_finca.htm

<良さそうなところ>
・ロンデル。各マスのコマの人数によって入手できる果物が定まるシステム。悩ましく、楽しめそうだ。
・木製コマ。カラフルで果物の形をしていて、見ていて楽しげ。

<いまひとつのところ>
・ロンデル。悩ましいぶん、長考になりがちかもしれない。
・入手性。国内アマゾンでは扱いなし。海外アマゾンでも扱いがない。


★まとめ:やっぱり欲しい、ヴィア・マジカ!
 シンプルなセットコレクション・ゲームとして、以下のボードゲームを比較検討しました。
1)ポーション・エクスプロージョン
2)ギズモ
3)ヴィア・マジカ
4)フィンカ



 使用物品の魅力、システムとしての楽しさから、「ヴィア・マジカ」が気に入っています。 ビンゴ方式なので、小さい子供も互角に楽しめそうです。待ち時間がないのも、素晴らしいと思います。


この記事が役立ちましたら、ランキングクリックをお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング

関連記事
スポンサーサイト



↓↓↓SIKU&BRUDER記事リスト(画像をクリック!)↓↓↓ 20190224_sikubruder.jpg










管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★






トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.