家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓自宅で過ごす休日は、ボードゲームで遊ぼう!↓↓↓ 20210728_mcboard01a.jpg

ボードゲームの購入を検討する記事です。今回は「ディープ・ブルー(Deep Blue)」。

★検討にあたって
 以下の条件を前提に、ボードゲームを物色しています。候補となった物件について、詳細を検討します。
・遊ぶ相手は、家族(妻、娘10歳、長男7歳、次男4歳)。
・長い期間、繰り返し遊びたい。
・我が家はお金がない。本当に買う必要があるかどうか、厳選したい。

 今回の候補は、「ディープ・ブルー(Deep Blue)」です。 




★ゲーム内容の確認
 以下項目について、確認を行います。
1)基本情報:プレイ人数、プレイ時間など
2)テーマ:世界観、ゲームのあらまし
3)外観:絵柄、コンポーネントなど
4)ルール:手順概要、特徴的な要素など
5)遊びやすさ:言語依存、リプレイ性など
6)入手性:価格、在庫状況など
20210812zd02.jpg


1)基本情報
・タイトル:ディープ・ブルー
・作者: Daniel Skjold Pedersen, Asger Harding Granerud
・原題:Deep Blue
・発売年:2019年
・出版社(一例):Days of Wonder [1]
・プレイ人数:2~5人
・プレイ時間:45分
・推奨年齢:8歳以上

[1]Days of Wonder: Deep Blue
https://www.daysofwonder.com/deep-blue/en/


2)テーマ
・年代:近代~現代
・場所:どこかの海
・プレイヤーの立場:宝を探す船長
・目的:海に沈む宝を見つけること。
・行うこと:
 ・海域を船で移動する。
 ・仲間を雇う。
 ・宝を探し海に潜る。


3)外観
・絵柄:海外アニメ風のキャラクター。暗めの色使い。
・コンポーネント:
 ・ボード:メインボード1個、サブボード1個、個人ボード5個
 ・カード:仲間など 約60枚
 ・プラ製コマ:船、宝石など 約40個
 ・紙製タイル:場所など 約20個
 ・紙製チップ:得点など 約120個
 ・その他:プラ製宝箱 5個
・サイズ感:箱30cm×30cm、メインボード:60cm×40cm?(推定)


4)ルール
 以下、英語語版マニュアル(Days of Wonder、2019年版)を参照した情報。

○大まかな手順
1.各プレイヤーは基本カード4枚を手札に持つ。
2.開始プレイヤーから、時計回りに手番を取る。
3.手番では、アクションを1つ実行する。
4.宝探しのときは、以下の手順で行う。
 1)手番の人がリーダーになる。
 2)隣のマスにいる人は、船を移動して参加できる。
 3)リーダーは、袋から宝を1個引く。
 4)続けて引くか、やめるか、リーダーが選ぶ。
 5)危険物を2個引いたら、強制終了になる。
 6)無事に帰還できた人は、得点を得られる。
 7)宝探しが完了した場所タイルは、取り除く。
5.時計回りに手番を回し、繰り返す。
6.特定の場所タイルが4個除かれたら、ゲーム終了。

○勝敗
・ゲーム終了時、点数が高い人が勝ち。得点源は以下。
 1)宝探しで見つけた宝。
 2)宝探し中に使用した仲間カード。

○アクション
 手番では、以下の基本アクションから1つを選ぶ。
a)仲間:手札を払い、新しいカードを入手する。
b)移動:手札を払い、船を移動する(1人あたり2個を持つ)。
c)休憩:手札を3枚補充する。
d)潜水:船のいる場所で、宝を探す。

○特徴的な要素
・宝探しでは、袋からプラ製の宝石を1個ずつ引く。
 ・隣のマスの人も参加できる。
 ・宝石の色に対応したカードを出すと、得点になる。
 ・黒・青は危険。同色が2個貯まると、強制終了。
 ・強制終了になると、宝石は得点にならない。
 ・宝石は、いつでも引くのをやめられる。
 ・潜る場所に先に来た人は、特殊効果を得られる。
・得点チップは、宝箱の中に入れる。
・手札の使い道には、以下がある。
 ・新カードを得るときのコスト支払い:お金マーク。
 ・移動するときの移動力の支払い:プロペラマーク。
 ・宝探しのときのボーナス取得:宝石マーク。
・船長カードにより、ゲームのルールが変化する。
 ・船長カードは、ゲーム開始時に選ぶ。
 ・特定の場所に潜るときのみ、適用される。


5)遊びやすさ
・言語依存:
 ・仲間カードは固有名詞のみ、文字で記載されている。
 ・船長カードは文字で記載されている。読む必要がある。
・プレイ人数依存:
 ・人数によるルール変化はない。
・リプレイ性:
 ・使用物品変化:
  ・船長カードは、7枚から1枚を選ぶ。
 ・ランダム要素:
  ・宝探しの場所タイルの配置はランダム。
  ・仲間カードの出現順はランダム。
  ・袋からの宝の引きはランダム。


6)入手性
・日本語版:
 ・日本版がホビージャーパンから販売されている。定価6600円。
 ・アマゾンで普通に購入できる。約5200円。

※2021/8現在の状況。



(参考サイト)
 基本情報、ユーザーのレビューなどの情報源として、例えば、以下を参考にしました。
[2]ボドゲーマ:ディープ・ブルー
https://bodoge.hoobby.net/games/deep-blue

[3]Board Game Geek: Deep Blue (2019)
https://boardgamegeek.com/boardgame/283649/deep-blue

[4]ボードゲーム家族:No.405 ディープ・ブルー(Deep Blue)
https://ameblo.jp/boadgamekazoku/entry-12574472876.html


★考察:「ディープ・ブルー」の魅力と懸念点
 仲間を集めて海底の宝探しという設定がワクワクさせます。袋から宝石を引くチキンレース、デッキ構築のような強化要素があり、楽しみどころが多そうです。

◎魅力を感じた点
・見た目。冒険気分をかきたれるボード&タイルと、たくさんの仲間カード。これらが一体となって、独自の世界観を完成させている。宝箱まで付属しており、子供が喜びそうだ。
・宝探し。袋から宝を1個ずつ引くドキドキ感。いちかばちかでチャレンジをするか、安全を見てやめるか、毎回の判断が悩ましく、楽しそうだ。複数人が参加できるので、参加者が一体となって楽しめそうだ。
・仲間カード。仲間によって宝石の価値が変わる。パワーアップの楽しみがあり、他プレイヤーと差別化もできる。

◎懸念点
・宝探し。宝探しは、人数が多い方が楽しい。しかし、ゲーム的には、独り占めしたくなるかも。ひとりで引くことになると、勝負としては有利だが、楽しみとしては半減してしまう懸念がある。勝負をとるか、楽しさをとるか、という、本編と関係ないジレンマに襲われそうな予感。
・宝探しボード。全員が参加するわりに、小さいボードでチマチマした作業になる。宝石、ボードとも、もう少し大きいものが使えると、楽しみが増しそうだ。宝石が小さいので、なくしてしまいそうな心配もある。


★判定結果:「ディープ・ブルー」は買うべきか?
 以上を踏まえて、「ディープ・ブルー」を買うべきかどうか、判定しました。

 判定結果:ぜひ買いたい。

※今すぐ買う/ぜひ買いたい/うちには必要ない、の3段階評価。

 物品が一体となって完成された世界観が素晴らしい。カード収集と宝さがしのチキンレースが一体となったシステムも、たいへん興味深いです。子供たちと一緒に、ドキドキしながら楽しめると思います。 今なら日本語版の入手性もよく、ぜひ買いたいと考えています。




この記事が役立ちましたら、ランキングクリックをお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング
関連記事
スポンサーサイト



↓↓↓SIKU&BRUDER記事リスト(画像をクリック!)↓↓↓ 20190224_sikubruder.jpg










管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★






トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.