家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング&論理思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg

ボードゲームの購入を検討する記事です。今回は「ルーンストーン(Rune Stones)」。

★検討にあたって
 以下の条件を前提に、ボードゲームを物色しています。候補となった物件について、詳細を検討します。
・遊ぶ相手は、家族(妻、娘10歳、長男7歳、次男4歳)。
・長い期間、繰り返し遊びたい。
・我が家はお金がない。本当に買う必要があるかどうか、厳選したい。

 今回の候補は、「ルーンストーン(Rune Stones)」です。 



★ゲーム内容の確認
 以下項目について、確認を行います。
1)基本情報:プレイ人数、プレイ時間など
2)テーマ:世界観、ゲームのあらまし
3)外観:絵柄、コンポーネントなど
4)ルール:手順概要、特徴的な要素など
5)遊びやすさ:言語依存、リプレイ性など
6)入手性:価格、在庫状況など
20210812zr01.jpg


1)基本情報
・タイトル:ルーンストーン
・作者: Ruediger Dorn (リュディガー・ドルン)
・原題:Rune Stones
・発売年:2019年
・出版社(一例):Queen Games [1]
・プレイ人数:2~4人
・プレイ時間:60分
・推奨年齢:12歳以上

[1]Queen Games: Rune Stones
https://new.queen-games.com/en/runestones/


2)テーマ
・年代:不明
・場所:魔法の国
・プレイヤーの立場:有力な魔法使い(ドルイド)
・目的:力をたくわえ、王座につくこと。
・行うこと:
 ・魔物を召喚し、仲間にする。
 ・宝石を集めて、魔法のアイテムを作る。
 ・アイテムで魔力を高め、ルーンストーンを手に入れる。


3)外観
・絵柄:暗めの色使い。怪しげな雰囲気の魔物。
・コンポーネント:
 ・ボード:メインボード1個、 個人ボード 4個
 ・カード:ドルイド、魔物など 約100枚
 ・プラ製コマ:宝石など 約80個
 ・紙製チップ:ルーンストーンなど 約80個
・サイズ感:箱30cm×30cm?(推定)、メインボード:40cm×40cm?(推定)


4)ルール
 以下、英語語版マニュアル(Queen Games、2019年版)を参照した情報。

○大まかな手順
1.各プレイヤーは、同じ構成のカード8枚を個人デッキとする。
2.個人デッキから、手札4枚を引いてスタート。
3.開始プレイヤーから、時計回りに手番をとる。
4.手番では、以下を行う。
 1)基本アクションを実行する。
 2)可能なら、ルーンストーンを入手する。
 3)手札を補充して4枚にする。
5.時計回りに、各プレイヤーが手番を取る。
6.誰かが65点に達した回でゲーム終了。

○勝敗
・ゲーム終了時、点数が高い人が勝ち。得点源は以下。
 1)ゲーム中の得点:カード効果、ルーンストーン獲得など。
 2)終了時の得点:所持品から得られる。

○アクション
 手番では、以下の基本アクションから1つを選ぶ。
a)召喚:カードを捨て、新しいカードを入手する。
b)発動:カードを捨て、効果を発動する。
c)作成:宝石を払い、魔法のアイテムを作る。

○特徴的な要素
・カードの効果を発動するときは、必ず2枚セットで使う。
 ・カードの数字が大きい1枚は、使い捨てになる。
 ・数字が小さい1枚は、個人デッキの捨て山に戻る。
・物々交換により、ルーンストーンを集める。
 ・カードをコストとして払い、新たなカードを入手する。
 ・カードの効果で、宝石を入手する。
 ・宝石を組み合わせて、魔法のアイテムを作る。
 ・魔法のアイテムを集めて、ルーンストーンと交換できる。
 ・交換時、アイテムを多く払うほど、ボーナス点が増す。
 ・ルーンストーンは、永続的な効果を持つ。


5)遊びやすさ
・言語依存:
 ・物品に文字の記載はない。
・プレイ人数依存:
 ・人数によって、ルーンストーンの数を調整する。
・リプレイ性:
 ・使用物品変化:
  ・毎回、同じ物品を用いる。
 ・ランダム要素:
  ・魔法アイテムの初期配置、出現順はランダム。
  ・魔物カードの出現順はランダム。


6)入手性
・日本語版:
 ・日本語説明書付きの商品が流通している。
 ・アマゾンは取扱いなし。品薄と思われる。
 ・メビウスゲームズで扱いあり[5]。定価6800円。
・英語版:
 ・海外アマゾン(Amazon.com)で普通に流通。本体約49ドル+送料17ドル。

※2021/8現在の状況。
[5]メビウスゲームズ:オンラインショップ - ルーンストーン
https://mobiusgames.shop-pro.jp/?pid=148900672



(参考サイト)
 基本情報、ユーザーのレビューなどの情報源として、例えば、以下を参考にしました。
[2]ボドゲーマ:ルーンストーン
https://bodoge.hoobby.net/games/rune-stones

[3]Board Game Geek: Rune Stones (2019)
https://boardgamegeek.com/boardgame/285265/rune-stones

[4]新!ボードゲーム家族:ルーンストーン(Rune Stones)
https://boadgamekazoku.com/rune-stones/


★考察:「ルーンストーン」の魅力と懸念点
 魔法の世界を舞台にしていて、魔法使い(ドルイド)が主役。直接的な攻撃はなく、魔物を仲間にしながら、互いに修行をするという設定に魅かれました。盤面の雰囲気、宝石などのコンポーネントの見た目も、気に入りました。

◎魅力を感じた点
・見た目の雰囲気。宝石やアイテムなど、集める物品にも雰囲気があってよい。カードには、いろいろな種類の魔物があって、絵柄を見るだけでも楽しめると思う。
・シンプルなルール。基本は物々交換。カード→宝石→アイテム→ルーンストーンというサイクルを、いかに効率よく回せるかがカギになる。いろいろな作戦が考えられそうで、リプレイ性が高そう。
・ルーンストーンの入手。ルーンストーン1個は、アイテム2~5個と交換するが、アイテム数が少ないとボーナス得点が低い。ルーンストーンの効果を見込んで早めに手に入れるか、大量得点を目指して粘るか、悩ましく楽しめそう。

◎懸念点
・単調な手順。基本は物々交換で、そのほかの要素がない。カードを出して、物品を交換して、の繰り返しになりそう。終了条件の65点は、なかなか遠そうに見える。アイテム5個交換でも15点なので、最低でもアイテム20個ほど必要。アイテムには宝石3個、宝石3個にはカードプレイ1回(2枚)と考えると、20回のカードプレイが想定される。これにアイテム交換20回、失ったカードの補充10回を合わせて50手番が必要。後半にいくにしたがって、能力が増すことを考えても、30~40手番はかかりそうだ。飽きてしまわないのか。
・プレイ時間。公称60分とあるが、長考族の我が家では90分はかかりそうだ。この90分間を、カードを出して物品交換だけ続けるとなると、少しながら気が滅入ってしまう。
・リプレイ性。毎回、同じ物品を使用し、出現順だけが変わる。繰り返し遊ぶと、飽きてしまいそうに思える。出現順がランダムのカードやアイテムの影響で、毎回の展開が、どこまで変わるものなのか。
・65点ゴール。ハイスコアを目指す我が家では、一定得点で終了というゲームは、ウケが悪そうだ。上達を客観的に知ることができない。


★判定結果:「ルーンストーン」は買うべきか?
 以上を踏まえて、「ルーンストーン」を買うべきかどうか、判定しました。

 判定結果:うちには必要ない。

※今すぐ買う/ぜひ買いたい/うちには必要ない、の3段階評価。

 見るからに「魔法の世界」な雰囲気が素敵です。カードを2枚組で使い、強制圧縮されるデッキシステムもユニークです。ただ、延々と物々交換を続けるようなプレイ感が気になります。残念ながら、購入を決断するには至りませんでした。


この記事が役立ちましたら、ランキングクリックをお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング
関連記事
スポンサーサイト



↓↓↓SIKU&BRUDER記事リスト(画像をクリック!)↓↓↓ 20190224_sikubruder.jpg










管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★






トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.