家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓子供と楽しむボードゲーム↓↓↓ 子供と遊ぶボードゲーム

ボードゲームの購入を検討する記事です。今回は「ビア・マジカ(Via Magica)」。

★検討にあたって
 以下の条件を前提に、ボードゲームを物色しています。候補となった物件について、詳細を検討します。
・遊ぶ相手は、家族(妻、娘10歳、長男7歳、次男4歳)。
・長い期間、繰り返し遊びたい。
・我が家はお金がない。本当に買う必要があるかどうか、厳選したい。

 今回の候補は、「ビア・マジカ(Via Magica)」です。 



★ゲーム内容の確認
 以下項目について、確認を行います。
1)基本情報:プレイ人数、プレイ時間など
2)テーマ:世界観、ゲームのあらまし
3)外観:絵柄、コンポーネントなど
4)ルール:手順概要、特徴的な要素など
5)遊びやすさ:言語依存、リプレイ性など
6)入手性:価格、在庫状況など
20210811zc02.jpg

1)基本情報
・タイトル:ビア・マジカ / ヴィア・マギカ
・作者: Paolo Mori
・原題:Via Magica
・発売年:2020年
・出版社(一例):Hurrican Games ※
・プレイ人数:2~6人
・プレイ時間:30分
・推奨年齢:7歳以上
※メーカーサイトで商品確認できず

※ローマ帝国を舞台にした「Rise of Augustus(アウグストゥス)」のリメイク版です。


2)テーマ
・年代:不明
・場所:魔法の世界
・プレイヤーの立場:魔法学校の学生
・目的:最終試験で高い成績を修めること。
・行うこと:
 ・クリスタルを集め、ポータルを開く。


3)外観
・絵柄:海外アニメ映画のようなキャラクター。明るくカラフル。
・コンポーネント:
 ・カード:ポータルなど 約100枚
 ・プラ製コマ:クリスタル 約50個
 ・紙チップ類:精霊など 約20個
 ・その他:袋 1個
・サイズ感:箱20cm×20cm、ボードなし

4)ルール
 以下、英語語版マニュアル(Hurrican Games、2020年版)を参照した情報。

○基本ルール
・ビンゴ(出現マークと同じマークにコマを置く)。
・セットコレクション。

○大まかな手順
1.各プレイヤーは、ポータルカードを3枚持ってスタート。
2.開始プレイヤーは、袋から精霊チップを1個引く。
3.全員は、自分のポータルの同じ精霊マークに、クリスタルを置ける。
4.すべてのマークが埋まった人は、以下を行う。
 1)魔法の呪文を叫ぶ。
 2)ポータルを完成エリアに移し、次のポータルを受け取る。
 3)目標カードを満たしていれば、ボーナスを受け取る。
5.袋からチップを続けて引く。
6.終了チップが出たら終わり。次の人に袋を渡す。
7.誰かがポータル7個を完成した回で、ゲームは終了。

○勝敗
・勝利点が高い人が勝ち。得点源には、以下がある。
 ・完成したポータルの得点。
 ・目標達成のボーナス点。
 ・所定条件で得点を与えるポータルからの得点。

○特徴的な要素
・魔法の呪文は「インカンタトゥーム!(INCANTATUM!)」。
・魔法学校の学長の名前は「アウグストゥス」。
・精霊チップは、種類によって数が異なる。
・ポータルには、永続効果や即時効果を与えるものもある。
・手持ちのクリスタルの数は限られている。
・クリスタルが不足する場合、置いたものを移動できる。


5)遊びやすさ
・言語依存:
 ・使用物品に文字記載はない。
・プレイ人数依存:
 ・プレイ人数によらず、同じルールで遊ぶ。
・リプレイ性:
 ・使用物品変化:毎回、同じ物品を使用する。
 ・ランダム要素:
  ・ポータルの出現順はランダム。
  ・精霊の引きはランダム。


6)入手性
・日本語版:日本語版の存在は確認できない。
・英語版:
 ・国内アマゾンでは見つからず。
 ・海外アマゾン(Amazon.com)でも見つからない。
 ・Miniature Marketで販売あり。約19ドル+送料不明。
※2021/8現在の状況。


★考察:「ビア・マジカ」の魅力と懸念点
 魔法世界のビンゴゲーム! 袋からチップを引くのを、全員が期待して待つ。場の一体感を楽しめそうです。

◎魅力を感じた点
・手番待ちがない。いつも自分にチャンスがある。待ち時間で集中力が途切れてしまうようなことがなく、ゲームに専念できそうだ。
・ビンゴのくじを引く楽しさ。袋からゴソゴソとチップを引くのは、楽しくないはずがない。
・単純なルール。考えるのは、どこにクリスタルを置くかだけ。小さい子供(長男7歳、次男4歳)でも、どうすればよいか分からない、という場面がほとんどないだろう。
・絵柄。明るくて楽しげで、子供の食いつきがよさそう。ほぼ同じルールのゲーム「アウグストゥス」のリメイクということだが、そちらは古代ローマが舞台で、見るからにおじさんくさく、子供がぜひ遊びたい、とはならないだろう。見た目はとても大事だ。
・6人まで遊べる。要するにビンゴゲームなので、ワイワイと盛り上がれそう。
・言語依存がない。文字が読めなくてもOK。

◎懸念点
・基本的に、アクションが受動的。考えるのは、どこにクリスタルを置くかだけ。深い戦略は楽しめそうにない。すぐに飽きてしまいそうだ。
・ポータルのキャラクター(魔法の材料らしい)。絵だけで、何を意味しているのか分からないものがある。言語依存があっても、キャラクター名を入れたほうが楽しめたのではないか。
・少人数(2人など)で遊ぶと、寂しそうだ。
・入手性が悪い。2021/8現在、海外アマゾンでも取扱いがない。


★判定結果:「ビア・マジカ」は買うべきか?
 以上を踏まえて、「ビア・マジカ」を買うべきかどうか、判定しました。

 判定結果:気になる。

※ぜひ買いたい/気になる/うちには必要ない、の3段階評価。

 ビンゴをベースにした、全員参加型のゲームで、家族みんなで楽しめそうです。絵柄も明るく楽しげで、気に入りました。 入手性が良くないのが難点ですが、在庫状況を見ながら、購入のタイミングをつかみたいと思います。日本語版の登場にも、期待します。


この記事が役立ちましたら、ランキングクリックをお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング


関連記事
↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング学習&論理的思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg






管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★






トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.