家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。



小学生の自宅学習用に、電子辞書を買いました。カシオ「EX-word・XD-C100J」です。


★小学4年生の自宅学習、電子辞書を購入
 今年(2020年)は、新型コロナによる外出自粛の影響もあって、娘9歳(小学4年生)の、自宅での学習の時間が増えています。勉強用ツールとして有用性が高いのが、「辞書」です。4年生にもなると、分からない言葉は自分で調べられるようになります。

 これまで、辞書は、紙の辞書を使っていました。しかし、紙の辞書は、引くのに時間がかかるため、面倒を感じて、調べないで済ませてしまうことがある、という欠点があります。そこで今回、電子辞書を買いました。カシオ計算機(CASIO)の「電子辞書 EX-word XD-C100J」です[1]。同社の電子辞書では、もっともシンプルなタイプで、約1万円でした。
[1]カシオ計算機:製品情報 - 電子辞書 - コンパクト - XD-C100J
https://casio.jp/exword/products/XD-C100J/
2020712zd01.jpg


★小学生には「丈夫さ」もポイント!
 外観です。全幅10センチ程度と、コンパクトサイズです。キー配列は、50音配列(あいうえお順)を選びました。
2020712zd12.jpg

 折りたたむと、とてもコンパクトです。厚さは15ミリ程度です。コンパクトですが、ヒンジ部などは十分な幅・厚さがあって、堅牢感を感じます。本機には「TAFCOT(タフコット)」という設計が適用されており、サイドビーム&アルミ合金パネルによるボディ剛性・強度の向上、液晶フローティング構造による衝撃吸収などを実現しています。これによって、落下や加圧、振動への耐性に配慮されているそうです[1]。小学生程度の子供が扱う場合、丈夫さは大事なポイントだと思います。
2020712zd14.jpg 2020712zd15.jpg


★必要十分な機能で、すぐに使える!
 さて、使用感です。この価格ながら、バックライト付きのカラー液晶で、たいへん見やすいです。液晶画面の開閉で電源オン・オフができて、電源ボタンの操作が不要なのが便利です。
2020712zd21.jpg

 収録コンテンツ(辞書)は、10種類です。昨今の電子辞書としては控えめですが、小学生の学習用には、十分すぎる内容です。マナー事典や文例集など、まったく使いそうにない内容も入っています。
・国語系:明鏡国語辞典、漢字源、類語例解辞典、現代カタカナ語辞典
・英語系:オーレックス英和辞典、オーレックス和英辞典、カタカナで引くスペリング辞典
・生活・実用:冠婚葬祭マナー事典
・実務・情報:手紙文例集、スピーチ文例集
2020712zd23.jpg

 50音配列なので、小学4年生の娘でも、支障なく検索が可能です。今のところ、使っているコンテンツは、国語辞典と漢字辞典だけです。紙の辞書に比べて引く手間が少なく、珍しさもあってか、思いついたときに自発的に検索をしています。教育上、なかなか良好な効果があるように思えます。

 文字サイズは、ボタン1個で3段階に切り替えが可能です。写真の文字は中サイズですが、止め・はね・はらいがきちんとした楷書体で表示されるので、小学生の学習にも安心です。
2020712zd22.jpg

 「小学生向け」をうたった電子辞書には、もっと高機能なものもあります。カシオのホームページでは、小学生向けとして「小学生モデル・XD-SK2800」という製品を推しています。英語・日本語の発音機能、国算社理の参考書収録、タッチパネル画面などなど、たいへん豪華な使用です。しかし、価格も3万円弱と、やはり豪華です。我が家の場合、ここまでの内容は、必要ないと判断しました。機能が多すぎると、故障も心配です(タッチパネルや音声出力は、使い方が荒いと、トラブルが生じやすい機能だと思っています)。



★まとめ:小学生の自宅学習に、コストパフォーマンス良好!
 小学4年生の自発的な学習を目的に、電子辞書「EX-word XD-C100J」を購入しました。実際に使ってみて、また、子供が使うのを見て、感じたメリットとデメリットは以下です。

<メリット>
・必要十分な収録コンテンツなので、必要なコンテンツを選びやすい。
・あいうえお順の配列なので、小学生でもすぐに、手軽に使える。
・辞書を引いて分からない言葉がある場合、「ジャンプ」機能で、続けてその言葉を検索できる。
・文字サイズを「中」以上にすれば、止め・はねがきちんとした楷書体で字を表示できる。
・液晶画面の開閉だけで電源オン・オフできるのが便利。
・堅牢性に配慮した設計がされており、子供が雑に扱っても大丈夫そう。
・タッチパネルや音声出力などの不要機能がなく、故障の心配が少なそう。
・電池が、単三電池1本だけでよい。
・妥当な価格。

<デメリット>
・50音の配列が、縦書きなのに左から順に並んでいる。縦書きは右から、が基本なので、違和感がある。
・漢字辞典は、ボタン1発で選択できない(メニュー→漢字辞典を選ぶ2段階操作)。
・大人が操作する場合、ちょっとボタンが小さいように感じる。

 必要十分な機能を搭載し、堅牢感があり、かつ妥当な価格の電子辞書「EX-word XD-C100J」。小学生の自宅学習に、しっかりと活用できそうです。



この記事が役立ちましたら、ランキングクリックをお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング
関連記事
スポンサーサイト



↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング学習&論理的思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg












管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★






トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.