FC2ブログ
家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。



長男5歳が、ナノブロックの大型モデル「東京 NB-040」に挑戦しました。パーツ数1280の高難度モデルですが、どこまで作成できるのでしょうか。


★東京の名所を再現!ナノブロック大型セット
 妻方のおじさんが、子供たちにクリスマスプレゼントを買ってくれる、ということです。長男5歳は、「ナノブロック(nanoblock)」を所望しました。ナノブロックとは、カワダ(Kawada)社が販売している、「世界最小級」のブロックです[1]。最小のブロックは、なんと□4mm×5mmです。(カワダ社は、ダイヤブロックでも有名です。)
[1]カワダ:ナノブロック
http://www.diablock.co.jp/nanoblock/about

 長男5歳が所望したのは、その小さい小さいブロックの中の、大型商品です。東京の名所を再現した、「東京 NB-040」です。世界最小級ブロックのくせに、箱は巨大で、40センチ(長辺)もありますよ!
20200118zn01.jpg


★驚愕せよ!小さいブロック、なんと1000個以上!
 ナノブロックを組み立てるのは、はじめてのことです。開けてみてビックリ、というか、想像通りというか。小さい小さいブロックが、山ほど詰まっています。パッケージによると、パーツ数は1280ピースとのこと。以前に長男が作った、大型のレゴテクニック(→こちら)の1000パーツをしのぐ、大量のパーツ数です。
20200118zn02.jpg

 1個1個の袋には、小さなピースがたくさん入っています。レゴのように、組み立て手順による分包ではなく、ブロック種類(色、形)ごとの分包になっているようです。これは、所定ピースを探すのに、苦労しそうです。しかも、小さいんです。
20200118zn04.jpg

 こんなときには、仕分け箱(パーツケース、パーツボックス)が役立ちます。このリングスターの製品は、仕切り位置を調整できて、ひっくり返してもパーツが混ざりません。探しやすいように、袋ごとに、仕分けしました。レゴ・テクニックでの経験が活きています。
20200118zn05.jpg


★いきなり難所!基礎板の複雑な組み立て
 説明書にしたがって、まずは基礎板から組み立てるわけですが。いきなり難所です。プレートの微妙な位置に、微妙な長さで、長方形ブロックを組み付けていくように、指示がされています。見るからに難しそうなのですが、長男5歳は、慎重に検討をしつつ、一歩一歩確実に、正確に組み上げていきます。意外と細かいようです、この人は。
20200118zn11.jpg 20200118zn12.jpg

 そうして基礎板が完成しました!ただの板に見えますが、裏側には、長方形パーツが複雑に絡み合っています。完成サイズは25センチ四方くらいとなることが分かりました。大型商品ですが、ブロックがナノですので、意外と小さいのですね。
20200118zn21.jpg


★続々と組み上がる、東京の名所たち
 長男5歳は、説明書にしたがって、コツコツと組み立てを進めます。下から順に、ブロックを積み上げていく様は、実際の建築現場のようでもあります。
20200118zn31.jpg 20200118zn32.jpg
20200118zn33.jpg 20200118zn41.jpg
20200118zn42.jpg 20200118zn51.jpg
20200118zn52.jpg 20200118zn53.jpg

 この「ナノブロック東京」には、以下の名所が含まれています。
・東京都庁
・浅草寺(雷門、五重塔)
・東京駅
・東京スカイツリー
・新国立競技場
・レインボーブリッジ
・東京タワー



★あると便利な「専用ピンセット」
 今回、ナノブロック専用のピンセットも用意しました。先端に凹部が設けられており、ナノブロックのポッチ(凸突起)とピッタリ合うようにできています。
20200118zn81.jpg

 この専用ピンセットは、いちばん小さいブロック(4mm四方)を組み付けるときに便利です。周囲に部品があっても、手が干渉せずに、シッカリと組み立てることができます。
20200118zn83.jpg

 当方所有の精密ピンセット(タミヤ)と比べてみました。上がタミヤ、下がナノブロック用です。ナノブロック用は、シッカリした組み立てに便利ですが、板の肉厚が厚いため、はさむときに少々力が必要です。続けて使うと疲れるのが難点です。一方のタミヤの精密ピンセットは、根元の肉厚が薄く加工されていて、軽い力で扱えます。パーツケースの中から所望のパーツを拾い上げるときは、タミヤ品が便利です。
20200118zn82.jpg


★まとめ:レッツトライ!小さなナノブロック
 大人のホビーと思われた「ナノブロック」ですが、長男5歳でも、十分に組み立てることができています。説明書通りに部品を組み立てることは、集中力の鍛錬になりそうです。コツコツと、ちょっとずつ進めています。

 ナノブロックの大型シリーズには、東京以外にも、パリやニューヨーク、ロンドンなど、いろいろな種類があります。気に入ったものがあれば、いちどチャレンジしてみると、面白いかもしれません。



この記事が有用でしたら、応援をお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング
関連記事
スポンサーサイト



↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング学習&論理的思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg












管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★



マツジュンさんがいうほどピント遅くなかったですよー、フジフィルム。私が鈍感なんでしょうかねー。
じじさん | URL | 2020/02/10/Mon 01:15 [編集]
> じじさん
 私が気にしすぎなのだと思います。スペック上は、フジもソニーもオリも、AF速度は大差ないレベルのはずなのです。あれこれ言う人は無視して、自分の感覚を信じるのが最善です。ご自身の良いと思うものが、一番ですよ。
マツジョン | URL | 2020/02/10/Mon 05:57 [編集]
隣の芝は青いというやつでしょうねー。私もいくつも揃えられるほどの予算は組めないので、暫くオリンパスとソニーで頑張ろうと思ってます。天気がいい時はもちろん12-100mmがエースですよ! 
あ、先ほどem10Ⅲを我慢できずにポチッちゃいましたよ。現物を見た事がないですが、届くのが楽しみですねー。
じじさん | URL | 2020/02/10/Mon 22:23 [編集]
> じじさん
エーーッ!? フジフイルムを買いましょうよーーー。
em10Ⅲも良いですが、m5mk2と比べると、見劣りしてしまいます。とはいえ、カメラ2台あると、レンズの有効活用ができますね。新型の、m5mk3も良さそうです。
マツジョン | URL | 2020/02/11/Tue 18:21 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.