FC2ブログ
家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。

レゴ・テクニックの大型モデル「42080 森林作業車」を買いました!今回は、「Bモデル・森林フォワーダー」の製作&実動レビューですッ!!

★Aモデル・森林ハーベスターの記事は、→こちら


★農機の大型レゴ・Bモデルに挑戦!
 先日、ついに買ってしまったのが、レゴ・テクニックの「42080 森林作業車(Forest Machine)」です。パワーファンクション(Power Function;電動モーター)&ニューマティックシステム(Pneumatic System V2;空気圧シリンダー)搭載の大型モデルで、箱の幅は50センチもあります。通常、約12000円のところ、1万円未満で売っていたので、思い切って買うことに決めました。
20190828z101.jpg

 キットは、ツー・イン・ワン・モデルとなっており、2種類の森林作業車を作ることができます。Aモデルが「フォレスト・ハーベスター(Forest Harvester;木材伐採機)」、Bモデルが「フォレスト・フォワーダー(Forest Forwarder;木材搬出機)」となっています。そして今回は、「Bモデル・フォレスト・フォワーダー(森林フォワーダー)」の紹介です。(Aモデル・森林ハーベスターの記事は、→こちら
20190828z102.jpg

 おそらく、大多数の方は、フォワーダーなんて知らな~い、という感想をお持ちかと思います。そこで、「フォレスト・フォワーダー」の実機の動画を引用しておきます。フォレスト・フォワーダーは、森林で伐採した木材を、運搬するのに用いる重機です。先に紹介したAモデルのハーベスターが刈った木材を、まとめて運搬する、自走式の機械なのです。


 ハーベスター同様に、日本人には、なじみのない機械だと思います。興味のない人はまったく興味がなさそうで、レゴの中では、不人気モデルなのかもしれません。しかし、トラクター等の農機ミニカー(SIKU、BRUDER)をコレクションする私には、「まさにこれだ!」という一品なのでした。


★Bモデルは、2段アームのクレーンを搭載!
 どん! というわけで、Bモデル(モデルB;B model)の「フォレスト・フォワーダー」です。いっけん、普通のトラックふうとも見えますが、大型の8輪タイヤと、車体中央のクレーンが特徴的です。
20190913zb01.jpg

 後ろからみたところ。クレーンを使って、木材を荷台に積むことができます。(写真では、レゴ・ブロックの木材のかわりに、カプラ積み木(Kapla)を使っています。
20190913zb04.jpg

 機能の全体像と、楽しい遊び方は、下の動画をご覧ください!Aモデルとは違う、繊細な操作を要求されるクレーンの動きが注目ポイントです。



★ギミック満載のフォレスト・フォワーダー
 細部を見ていきます。把持部であるグラップラー(ハンド、クロー)は、手動で開閉します。青色の部分がつまみになっており、これを回すと、リンク機構により、先端を開閉できます。
20190913zb12.jpg 20190913zb13.jpg

 荷台の側面には、本物のフォワーダー同様に、ポールが立っています。このポールで、材木が落下しないようにするわけです。ただ、レゴの木材が小さすぎて、間から落ちてしまいます。荷台の大きさが小さいのも、少々残念なポイントです。
20190913zb21.jpg

 車体前部には、電動モーターでクランクを動かす、コンプレッサー・ユニットが収容されています。ボンネットが開きそうに見えるのですが、開かないのが残念です。
20190913zb31.jpg20190913zb32.jpg

 ドアーは開閉します。コックピットにはレバーがあり、前後に動かすことができます。
20190913zb41.jpg

 そしてコックピット(キャビン)の天井にあるつまみで、ステアリングが切れます。Aモデルでは、ホイールも操舵されましたが、このBモデルでは、車体中央の関節部(アーティキュレート部)のみが曲がります。
20190913zb51.jpg

 このBモデルも、重厚感があってカッコウイイのですが、後部の荷台部分が短くて、ややバランスが悪いように感じてしまいました。残念ながら、Aモデルと比べると、やや見劣りする印象です。
20190913zb02.jpg


★幼稚園児の長男、けっこう作れました!
 実は、このBモデルは、長男5歳(幼稚園・年中)が、ほとんどの部分を作りました。Aモデルと違って、パーツが番号のついた袋に分かれていないので、探すのが大変です。それでも、説明書(タブレット端末)を見ながら、コツコツと進めました。
20190913zb82.jpg

 2日間かけて、完成です。パーツが見つからなかったり、組み方が分からなかったりで、何度もヘルプをしましたが、70~80%くらいは、自力でできたのではないでしょうか。途中、部品の付け間違えが発覚して、手戻りが発生したものの、正直、彼の能力に、びっくりしました。写真は、完成して遊んでいるところ。
20190913zb85a.jpg

 余剰パーツが、これだけありました。やはりAモデルに比べると、最適化はできていないのかもしれません。でも、クレーンの動きは、(難しいですが、)Bモデルのほうが自由度があって良いと感じました。
20190913zb83.jpg


 というわけで、Aモデル「フォレスト・ハーベスター」と、Bモデル「フォレスト・フォワーダー」の2種類を楽しめる、農機レゴ42080でした。2台はペアになって働く機械ですので、2つ買っても楽しめますねッ!!
20190828z306.jpg
20190913zb01.jpg


この記事が役立ちましたら、応援をお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング

関連記事
スポンサーサイト



omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑












管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★






トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.