FC2ブログ
家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。

 今回は、マクセルイズミの電動シェーバー「IZF-V588」を紹介します。いわゆる「クチコミ購入レビュー」あるいは「買いましたブログ記事」ですが、FFTで動作音を解析した結果つきの、豪華版ですよ!


★電池が長持ち!イズミのシェーバー
 新しい電動シェーバー(電動ヒゲソリ)を買いました。マクセルイズミ(IZUMI、旧:泉精器製作所)のソリッドシリーズ「S-DRIVE」、型式IZF-V558-Kという製品です[1]。ヨドバシカメラで、約5000円でした。IZF-V558-Kが黒色、IZF-V558-Nが銀色。購入したのは黒色です。

[1]マクセルイズミ:メンズグルーミング - フォイルシェーバー
https://www.izumi.maxell.co.jp/kaden/search/cgi_sys/item_search.cgi?ccg=0-1-3-4
20190501z01.jpg

 本品を選んだ決め手は、次の点です。
・充電1回で、約28日の使用が可能(カタログスペック)。これは他社をしのぐ特徴で、面倒な充電を減らせそう。
・ヒゲソリ3大メーカー(パナソニック、フィリップス、ブラウン)と比べて、価格帯が低い。
・充電プラグを差し込んだままでも、使用可能。
(上位の防水機種IZF-V758、IZF-V738などは、プラグを外さないと動作しないようです。)
・ネットでも、コスパが高いとの評判。


 特に、1回の充電での使用可能日数「28日」は、他社に比べて突出した性能です。例えば、パナソニックは14日程度、ブラウンとフィリップスは17日程度、となっています。(いずれも1日1回約3分間使用とした場合。ブラウンとフィリップスは総駆動時間から当方計算。)


★さあ、開梱だ。外観をチェック!
 中身です。本体のほか、カバー、充電器、携帯袋、掃除ブラシ、が付属しています。
20190501z02.jpg

 サイズはこれくらい。一般的な電動ヒゲソリのサイズで、違和感はありません。
20190501z11.jpg

 本品は、4枚刃(4列刃)です。これまで使っていたヒゲソリ(パナソニック製の3枚刃)と比べると、厚みがあり、ゴツい印象を受けました。
20190501z12.jpg

 持ち運び用のカバーです。はめこみは、カパカパしており、外れやすい印象でした。付属の携帯袋に入れないと、すぐに外れてしまいそうです。ちょっと残念なポイント。
20190501z25.jpg

 中を開けたところ。外刃は4枚刃ですが、内刃はアーチ状の刃が3枚の構成となっています。残りの1枚、平型の内刃(クセヒゲとらえ刃)は、外刃側に組み込まれた構造となっているようです。
20190501z26.jpg

 刃のサイズです。私は、ヒゲが薄く、生えている範囲が少ないので、小型が好みです。本機は、4枚刃ということで、ちょっと大きいように感じました。
20190501z28.jpg

 そして、注目の充電器です。本体に直接差し込むタイプとなっています。本機は「充電・交流式」なので、プラグを差し込んだままでも、使用できます。
20190501z22.jpg

 電池の残量が3段階で表示される、インジケータ付きです。充電時間は約2時間で、約28日(1日1回3分使用)使用可能とされています。電池は、Li-ion電池です。
20190501z31.jpg


★気になるソリ心地&動作音の比較
 ソリ心地ですが、現有のパナソニックのヒゲソリ(2009年購入、型式ES8111P。当時価格約1万円)と比べて、あまり差を感じられません。動作音が低く、大きいためか、ゴリゴリと豪快に削れていく気がします。そもそも私の場合、ヒゲがかなり薄いので、比較がしにくいのだと思います。

 パナソニックヒゲソリと、作動音を比較してみました。このパナソニックはリニアモータ駆動でしたので、今回のイズミと比べて、カン高い音がします。


 上の動画にもありますが、以下、音の波形および周波数の比較結果を示します。まずは、イズミから。ピーク周波数は、約140Hzの倍波で出ています。最も大きいピークは280Hz。毎分に換算すると、280Hz×60s/min=16800[回/min]となります。このヒゲソリは往復動作なので、1往復で2回大きな振動が発生すると思われるので、16800÷2=8400[回/min]が、毎分の振動回数(ストローク数)と推定されます。
20190501result_izumi.jpg

 次に、パナソニックの結果です。こちらは220Hzの倍波が出ていて、最大ピークは440Hzです。毎分往復数に換算すると、440Hz×60s/min÷2=13200[回/min]となります(これはカタログスペックの13000回と一致)。イズミに比べて、約1.5倍のスピードです。さすが、リニアモータ駆動です。早ければいいのか、というと、なんとも分かりませんが。
20190501result_pana.jpg

★まとめ:イズミ電動シェーバー IZF-V558
 マクセルイズミの電動シェーバー、S-DRIVE・IZF-V558の特徴をまとめます。
・充電2時間で約28日間の動作が可能なスタミナ電池。
・濃いヒゲにも対応するであろう、4枚刃。
・刃の往復スピードは、推定8400回/分。


 28日間の使用が可能なイズミのスタミナ機には、今回紹介したV558のほかにも、以下があります。
機種刃数特徴価格
IZF-V9985全自動洗浄機、高速駆動17,000円
IZF-V9784全自動洗浄機、高速駆動14,000円
IZF-V9485高速駆動10,000円
IZF-V9384高速駆動10,000円
IZF-V7584高防水、充電専用6,000円
IZF-V7383高防水、充電専用6,000円
IZF-V5785スリムボディ6,000円
IZF-V5584スリムボディ4,000円
※価格はアマゾン、税込、1000円単位丸め。2019/4現在。





この記事が役立ちましたら、応援をお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング
関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑












管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★






トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.