家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓子供と楽しむボードゲーム↓↓↓ 子供と遊ぶボードゲーム

【今日の昼食】
 今日は、はじめて宅配のパエリアを頼んでみました。「ビバパエリア(VIVA)」というブランドで、ピザーラから宅配されました。ピザと比べると重くなく、食べやすかったです。
r20171216.jpg

応援して下さい:
写真日記


【今日のおじさん】2017年クリスマス!家族で楽しいボードゲーム&カードゲーム(娘6歳、長男3歳)
 もうすぐクリスマスです。子供たち(娘6歳、長男3歳、次男1歳)のプレゼント選びの参考に、我が家のおもちゃの棚卸しをしてみました。家族で遊べる、カードゲームやボードゲーム(すごろく)を中心に、まとめました。クリスマスプレゼント選びの、ヒントになるでしょうか。

★猫とネズミの大レース(Viva Topo!)
 ドイツ・ペガサスシュピーレ社(Pegasus Spiele)の、すごろくタイプのゲームです。2~4人まで。ネズミや猫のコマは木製で、たいへんかわいらしいです。1人につき、4~5匹のネズミを動かして、チーズを集めるのが目的です。
20171216z31.jpg
 一度に動かせるネズミは1匹だけなので、どのネズミを動かすべきか、頭を使います。また、サイコロで1が出るとネコが動き、ネコに追い越されたネズミは、食べられてしまいます。現在6歳の娘に、たいへん好評なゲームです。
20171216z32.jpg


★はじめてのアルゴ
 学研ステイフルの商品で、「頭がよくなるゲーム」だそうです。オリジナルの「アルゴ」はカードを使うようですが、これは自立するコマを使うので、小さな子でも遊びやすいのが特徴です。ルールも、多少簡略化されているようです。2~4人で遊べます。
20171216z51.jpg
 ルールは単純です。見えない相手のコマの数字を予想して、当たればそのコマを開くことができます。コマは、左から小さい順に並べるのがルールです。
20171216z52.jpg
 コマは1枚ずつ追加していき、追加したコマは開いておきます。開かれたコマが、前後の数字を推理するヒントになる、という仕組みです。相手のコマを、先に全部当てたら勝ち。カンに頼る部分もあるので、購入時5歳の娘でも、大人の私と互角に戦えました。
20171216z53.jpg


★夜店でお買い物すごろく
 アーテック社の、すごろくです。お金や商品(わたがし、たこやき、おもちゃなど)の小さいカードを使って、お買い物あそびも楽しめるようになっています。
20171216z41.jpg
 娘は、5歳のころから、このゲームがたいへん気に入ったようです。30分程度で終わるので、ちょうどよく集中して遊べます。(2回目をやると、途中でダレます。また、3歳の長男は、1回目の途中で飽きます。)
20171216z42.jpg


★洗濯日和(Piccobello)
 ドイツ・セレクタ社(selecta)の、2~4人で楽しめるボードゲームです。サイコロを振り、出た色の洗濯ものを、ロープに洗濯ばさみで止めていきます。
20171216z10.jpg
 洗濯ものを干した後には、別のサイコロを振ると、もう一枚干せたり(晴れ)、一枚をとりこまなければいけなかったり(雨)します。単純なルールなので、2~3歳くらいから遊べますが、反面、飽きやすくもありました。
20171216z11.jpg


★妖精探し(Dwarves and Dice)
 ドイツ・セレクタ社(selecta)の、カード探しゲームです。3個のサイコロを同時に振って、出た3色の組み合わせを持つ妖精を、はやく探した人が、そのカードをもらえます。
20171216z21.jpg
 反射神経を問われ、けっこう差がつきます。小さい子(3歳)には、ちょっと難しいかな、という印象です。娘の場合、5~6歳から、大人と互角に戦えるようになりました。
20171216z22.jpg

★ほかにもあります
◎虹色のヘビ →こちら
N4010088.jpg

◎キンダーメモリー →こちら
20130612z3.jpg

◎スティッキー →こちら
20130817om5d.jpg

 そして、いま狙っているのが、こちらです。ヴァルタークラウル(Walter Kraul)社の、「森の影(Waldschattenspiel;ヴァルトシャッテンシュピール)」です[1]。本物のろうそくを使って、コマを影に隠して遊ぶゲーム?らしい。(1歳児がいるので、しばらくはムリそうですが。)
[1]Kraul:Das märchenhafte Waldschattenspiel
https://www.spielzeug-kraul.de/




 家族で遊べるボードゲーム・カードゲームは、子供がたまに思い出すと引っぱり出してきては、遊んでいます。単純なルールのものほど、子供の成長に合わせて、遊び方に変化があって、長く遊べると思います。今年(2017年)のクリスマスは、何を買おうかしら?


この記事が役立ちましたら、応援をお願いします:
写真日記

関連記事
↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング学習&論理的思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg






管理者にだけ表示を許可する

★コメント受付に時間がかかることがあります★






トラックバック
TB*URL





Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.