家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。


☆祝☆ 200万ページビュー! ご訪問に感謝します。

↓↓↓子供と学ぶ、プログラミング&論理思考↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg

この冬になって、ひどく寝汗をかくようになりました。対策として、速乾性と吸湿性の高い「タオル生地」パジャマを試しました。


★どうして? 寝汗がひどくて寝られない!
 なぜかこの冬は、寝汗がひどいです。もともと夜中に汗をかきやすい傾向があったのですが、度を超しているように感じます。夜中に体が濡れていて、目を覚ましてしまいます。50歳が近いので、いわゆる「更年期障害」かもしれません。
 理由はさておき、当面の対策として、汗を吸収しやすく、乾燥しやすい生地の寝間着(ねまき)を探すことにしました。
 そして見つけたのが、「タオル生地」のパジャマです。

 
 
★今治タオルのパジャマを買いました
 タオル生地のパジャマといっても、安いものから高いものまで、いろいろあります。当初、安いもの(2000~3000円)でよいと思っていたのですが、「生地がペラペラ」などのクチコミが気になりました。また、安いものを買って効果がなければ、高いものを買い直すことになってしまう危険があります。そこでフンパツして、「今治タオル(いまばりたおる)」のブランド品を選ぶことにしました。

 最終的に購入したのは、「今治浴巾」のパジャマです[1]。通販で、11000円でした(送料無料)。
[1]丸栄タオル:今治浴巾オンラインショップ- イデゾラ オムパジャマ(長袖)
https://imabariyokkin.com/fs/imabariyokkin/gr84/5031461

 Mサイズ・グレーを購入。モデルは170cm・ヤセ型の、アラフィフおじさんです。写真ではニュートラルな灰色に見えますが、実際には少し茶色がかったグレーです。
20220103zn101a.jpg

 生地は、思ったよりも薄いと感じました。バスタオルのような厚みはなく、贈答用の手ぬぐいタオルのような厚さです。表裏ともループ状の起毛があるので、薄さの割には暖かいと思います。ただ、冬場は、上に1枚羽織らないと、寒いです。
20220103zn801.jpg 20220103zn802.jpg

 肌触りがよく、動きやすく、快適です。
20220103zn501.jpg 20220103zn106.jpg
20220103zn108.jpg 20220103zn202.jpg


★残念、寝汗対策には効果なし!
 このパジャマを着て、実際に寝てみました。
 1週間ほど試しましたが、結果は、残念ながら「目立った効果なし」でした。
 以前と同様に、寝汗で体が濡れて、目が覚めてしまいます。ただ、速乾性は良いようで、温風ヒーターに当てると、すぐに乾きます。乾いた後は、すぐにまた眠りにつくことができます。多少ながら、改善したと言えそうです。

 肌触りが良く、動きやすく、気持ちよく寝られる気がします。当初期待した寝汗対策にはなりませんでしたが、パジャマとしては良い買い物だったと思います。




この記事が役立ちましたら、ランキングクリックをお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング
関連記事
スポンサーサイト



↓↓↓SIKU&BRUDER記事リスト(画像をクリック!)↓↓↓ 20190224_sikubruder.jpg







子供と遊ぶボードゲームを物色しています。今回、2018年発売の戦略的ボードゲームを、しらみつぶしに調べました。


★ボードゲーム、どうやって選ぶ?
 いわゆる「ドイツゲーム」「ユーロゲーム」と呼ばれるボードゲームを、物色しています。この種のボードゲームは、今年(2021年)に買った「アルマ・マータ」が初めてでした(詳しくは、→こちらの記事)。
20210506z521.jpg

 新たなボードゲームを物色していますが、いかんせん、種類が多すぎます。「BGG(Board Game Geek;ボードゲームギーク)」という海外で有名なボードゲーム情報サイトには、約13万件ものボードゲームが登録されているようです。これらのすべてから選んでいたのでは、一生を終えてしまいます。

 そこで、BGGの検索機能(Advanced Search)で、以下のフィルターをかけて、新たなボードゲームを見つけようと試みました。
・リリース年:2011年~2020年を、単年ごと設定
・拡張:除く
・プレイ人数:「2~3人」を含む
・プレイ時間:30分以上
・カテゴリ:以下を除く
 ・Trivia, Vietnam War, Wargame, Word Game, World War I, World War II, Zombies
・メカニクス:Cooperative Game(協力ゲーム)を除く
・サブ分類:
 ・以下を含む:Strategy Games
 ・以下を除く:Abstract Games, Children's Games, Party Games, Wargames

 今回は、2018年の調査結果を示します。


★2018年、調査結果はこれだ!
 検索ヒットした件数は、84件でした。以下、詳細です。

◎戦略ゲームのトップ10
 まず、投票数(Num Voters)が多いトップ10を、下表に示します。(「Board Game Rank」はマニア視点の順位のため、一般的な人気(ユーザ数)と直結すると思われる「Num Voters」を使いました。)
No.原題邦題テーマ・内容記事
1Everdellエバーデール
★日本語版あり
・年代:架空の世界
・場所:エバーデールの谷
・立場:動物のリーダー
・目的:新しい町を作ること。
・特徴:ワカプレ&カード強化
・時間:40~80分
2Brass: Birminghamブラス:バーミ
ンガム
★日本語版あり
・年代:1770-1870年・産業革命
・場所:イギリス・イングランド
・立場:有力な起業家
・目的:産業を発展させること。
・特徴:ネットワーク構築
・時間:60~120分
購入検討
3Architects of the West Kingdom西フランク王国の建築家
★日本語版あり
・年代:西暦850年頃
・場所:ヨーロッパ・西フランク王国
・立場:王に仕える建築士
・目的:建築を通じ王の信頼を得ること。
・特徴:ワカプレ
・時間:60~80分
4Teotihuacan: City of Godsテオティワカン:神々の町
★日本語版あり
・年代:紀元前2世紀~紀元6世紀
・場所:中米・テオティワカン
・立場:有力な一族の子孫
・目的:巨大建築を通じ地位を高めること。
・特徴:ロンデル
・時間:90~120分
5Underwater Citiesアンダーウォーター・シティーズ
★日本語版あり
・年代:未来
・場所:地球の海中
・立場:海底都市の計画者
・目的:理想の海底都市を建設すること。
・特徴:カード使用&個人ボード上コマ配置
・時間:80~150分
6Coimbraコインブラ
★日本語版あり
・年代:15~16世紀
・場所:ポルトガル・コインブラの町
・立場:有力な一族の長
・目的:富と権力を集めること。
・特徴:サイコロ選択&カード収集
・時間:60~90分
購入検討
7Endeavor: Age of Sailエンデバー:帆船の時代・年代:1571~1862年
・場所:世界の海・沿岸
・立場:ヨーロッパ列強国の指導者
・目的:海路の覇権を得ること。
・特徴:カード選択&陣取り
・時間:60~90分
8Gugong故宮(グーゴン)
★日本語版あり
・年代:1570年
・場所:中国・明王朝
・立場:有力な一族の長
・目的:影響力を高めること。
・特徴:カード配置&トラック進行
・時間:60~90分
9Lords of Hellasロード・オブ・ヘラス・年代:ギリシアの暗黒時代
・場所:架空のギリシア
・立場:英雄
・目的:唯一の王になること。
・特徴:戦闘・陣取り
・時間:60~90分
10Carpe Diemカルペ・ディエム
★日本語版あり
・年代:紀元前1年
・場所:ローマの町
・立場:都市計画に関わる貴族
・目的:名高い町を作ること。
・特徴:個人ボード上タイル配置
・時間:45~75分
※邦題は、日本語版のタイトル、または、当方独自に命名。


◎トップ10物件の確認
 ひととおり、マニュアルに目を通しました。「ブラス」「コインブラ」は購入検討済み(購入見送り)。「エバーデール」は、世界観やイラストは好きなのですが、言語依存が強そうなのと、カードを蓄積するテラフォーミングマーズ風のプレイ感が気になり、購入候補外です。「西フランク王国」は、変則的なワーカー回収が興味深いですが、テーマと絵柄が好みでないのが残念。
 「アンダーウォーターシティーズ」「カルペ・ディエム」は、個人ボード上の町づくり。前者はSFチックな海底都市、後者は古代ローマですが、いずれも暗いイメージで、我々向きではなさそうです。
 「エンデバー」は、世界各国に領地をめぐる争いで、平和主義の我が家には不要です。「ヘラス」は古代ギリシアを舞台とした陣取りで、直接攻撃がゲームの中心にあることから、これも我が家には不向きでしょう。賄賂を中心に据えた「故宮」は、やはりテーマが子供向きでなく、実際に遊びたいとは思えませんでした。
 そして「テオティワカン」は、マニュアルを一見して挫折。多層的な処理が複雑すぎて、とても遊べる気がしません。

 以上の結果から、残念ながら、ベスト10内には購入候補なし、となりました。






◎トップ10外の注目作は
 該当84件のうち、11位以下のゲームについても、気になるものがないか、ザッと確認しました。以下に結果をまとめます。
・購入検討済→不要:ニュートン
・ルール確認済→不要:クルセイダーズ、イマジナリウム、レイズ、エステート
・新規購入候補:リフトオフ(Lift Off)

 「リフトオフ」は、ロケットを打ち上げて成果をあげるゲーム。見た目が楽しげで、後半に進むにつれて強化される個人ボードに充実感がありそうです。

 購入候補のボードゲームに、新たに1件を加えることができました。今後、詳細検討に進む予定です。



★まとめ:新規候補1件を追加!
 2018年・戦略ボードゲーム84件から、我が家に合いそうなものがないか、物色しました。以下の結果です。

1)リフトオフ:詳細確認予定


 引き続き、2017年以前の調査をしたいと思います。


この記事が役立ちましたら、ランキングクリックをお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング


関連記事
↓↓↓SIKU&BRUDER記事リスト(画像をクリック!)↓↓↓ 20190224_sikubruder.jpg







 対戦トレーディングカードゲーム「遊戯王・ラッシュデュエル」用の、ライフ計算アプリを作りました。Androidスマーホ・タブレットに対応します。


★「ラッシュデュエル」ブームがやってきた!
 しばらく、ボードゲームで夢中になっていた我が家ですが、この年末年始に、新たなブームがやってきました。「遊戯王・ラッシュデュエル」という、カードゲームです[1]。私は「アサナ」の構築済みデッキを買いました。

[1]コナミデジタルエンターテイメント:遊戯王ラッシュデュエル
https://www.konami.com/yugioh/rushduel/
20220114z05.jpg


★ライフポイント記録アプリ「ライフポインター」
 ラッシュデュエルは、2人用の対戦ゲームです。双方、ライフポイント8000点からスタートします。お互いに攻撃をして相手のライフをゼロにしたら勝ちです。このライフポイントの記録は、通常は、紙と鉛筆で行います。それで十分なのですが、やや煩雑さを感じます。

 そこで、いっそう対戦に集中できるよう、ライフポイントの計算アプリ「ライフポインター(LifePointer)」を自作しました。
 アンドロイド携帯(スマホ)・タブレットに対応しています。非公式の、ファンメイドアプリです。
20220114z01.jpg

 使い方は簡単です。中央のキーボードで数値を入力し、左右いずれかの「ダメージ」または「かいふく」ボタンを押すだけ。効果音とともに、数字がライフポイントに反映されます。



 以下リンク[2]の、「Google Play」から入手できます。関心がありましたら、ぜひお試しください。
 もちろん無料、広告表示もありません。さらに軽量サイズで、ストレージ容量を圧迫しません。

[2]Google Play:トレーディングカード用ライフカウンター
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.release.jumat.lifepointer
20220114z02.jpg


 ライフポイント計算を簡単・スマートにして、いっそうアツいバトルを楽しみましょう!



この記事が役立ちましたら、ランキングクリックをお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング


関連記事
↓↓↓SIKU&BRUDER記事リスト(画像をクリック!)↓↓↓ 20190224_sikubruder.jpg









Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.