FC2ブログ
家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。

 今回は、ドイツ・Herpa社の1/87スケール・トラック&トレーラーのミニカーを紹介します。 たいへん精密なミニカーなのですが、「子供のおもちゃ」としての実力は、いかほどでしょうか。


★超精密!Herpa社の1/87トラック&トレーラー!
 ドイツのミニチュア・カーの有名メーカーに、「Herpa(ヘルパ)」という会社があります。同社は、1949年に「Hergenröther und Patente」として設立された、老舗のミニカー製造会社です。当初は、電車模型向けの情景アクセサリーを製造していたようです[1]。今回、そのHerpa社のミニカーを、中古屋(ホビーオフ)で入手しました。2個で、約1800円でした。定価ですと、1個2000円~2500円もするようです。
[1]Herpa: Museum - History
http://www.herpa.de/herpa_cms/(S(1vtd0arwzihm34ttn1vku4em))/en-GB,217,0,1,0.aspx
20190718z01.jpg

 開封してみたのですが、その精密感にビックリ! プラスチック製(おそらくPS;ポリスチレン)で、1/87サイズ(全長10~15センチ)なのですが、細部までシャープに造形されています。
20190718z02.jpg

 サイドミラーは、別部品で用意されています。この繊細さ!ミラーを固定するパイプの部分は、なんと直径0.4ミリしかありませんよ!!
20190718z05.jpg



★繊細すぎて、子供が触れば一撃で壊れそう!
 では、細部を見てみましょう。まずは、「Alfred Talke」と印字されたトレーラーから。スケールは1/87で、全長15センチくらい。トミカを2台並べたくらいの長さです。すべてプラスチック製なので、重量感はありませんが、細部まで丁寧に作られているので、存在感があります。
20190718z11.jpg

 トレーラー、コンテナは、取り外し可能です。トレーラーの接続部は小さな棒で、所定方向に90°回すと外せるようになっています。乱暴に扱えば、簡単に折れるので、注意が必要です。コンテナは、トレーラーに載っているだけなので、すぐに取れてしまいます。まさに「ディスプレイ・モデル」で、子供の遊びには、おそらく1分と耐えられない作りです。
20190718z12.jpg

 フロント部は、エンブレムやライトに、メッキ・パーツが別部品で装着されています。運転席内部の作りも、本格的です。そしてさらに!デッキが前傾して、エンジンが露出するギミックが付いています。これは、やりすぎでしょう、と感じるほどです。
20190718z16.jpg 20190718z15.jpg

 そして、圧巻なのが、下面のつくりです。プロペラシャフトまでも、精密に再現されています。精密なのはよいのですが、精密すぎて、「楽しい転がし遊び」はできそうにありません。力を入れて押し付ければ、どこかがすぐにポキリと折れそうです。(タイヤのシャフトは金属製です。)
20190718z13.jpg 20190718z14.jpg


★すぐに折れそう!精密すぎるプロペラシャフト&サスペンション
 もう一台のトラックです。「Baumann」と印字。車高が高く、オフロード向けのトラックでしょうか。
20190718z31.jpg
 
 こちらもまた、繊細な仕上がり。フロントのバンパーは、とても細くて、あっというまに折れそうな予感。荷台のカバーは脱着が可能です。
20190718z35.jpg 20190718z34.jpg

 そして、裏面が素晴らしい。プロペラシャフトを含む精密なメカニズム再現に加えて、なんと、後輪が大きく前後に傾きます。実機のオフロード用サスペンションを、正確に再現したものと思われます。これまた、すぐに壊れそうでステキ!
20190718z32.jpg 20190718z33.jpg

★まとめ:子供には触らせられませんが、1/87サイズに満足!
 以上の通り繊細すぎて、子供に与えることはできそうにありません。分かってはいたのですが、それでも買ったのは、我が家のSIKUミニカー・1/87スケールと並べたかったからです。SIKUは、1/87スケールのラインナップが少ないし、高い(3000円前後が主流)のです。
 
 そして、1/87前後のミニカーを集めて、実際に並べてみると…おおっ!! シャベルカーなどの建機とのスケール感が合って、感激です!! 一般的に手に入るトミカは、1/60程度で、大きすぎるのです。やはり、スケールが合ってこそ、「本物感」が増し、教育的価値のある玩具となりうるのです。ちなみに、写真に写っている乗用車(フェアレディZ)は、トミカではなく、プルバックの小型おもちゃです(推定1/80程度)。
20190718z51.jpg

 Herpaミニカーの導入により、スケールがそろって教育的価値は増しましたが、子供が触れない点では、使えない玩具と言えます。趣味のコレクション、インテリアとしてはカッコウイイので、子供の手の届かないところに、保管しておきたいと思います。


この記事が役立ちましたら、応援をお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング


↓↓↓SIKU&BRUDER記事リスト(画像をクリック!)↓↓↓
20190224_sikubruder.jpg


関連記事
スポンサーサイト
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









我が家の子供たち(娘8歳、長男5歳、次男2歳)は、絵本が大好きです。本棚に並ぶ絵本の中から、特にお気に入りのものを紹介します。
20190530z00.jpg

 我が家の絵本ラインナップの中でも、充実しているもののひとつが、「ジョン・バーニンガム(John Burningham)」の絵本です。写真は、初期の頃の作品である、「ずどんといっぱつ すていぬシンプだいかつやく」、「トラブロフ バラライカにみせられたねずみ」、「はたらくうまのハンバートとロンドン市長さんのはなし」、「ハーキン 谷へおりたきつね」の4点です。
20190715z01.jpg



 この中から、「ずどんといっぱつ-すていぬシンプだいかつやく-」、渡辺茂男訳、童話館出版(1995)を紹介します。原題はJohn Burningham: CANNONBALL SIMP(1966)。
20190715z11.jpg

 この話の主人公は、みにくい子犬の「シンプ」です。飼い主に捨てられたシンプが、行き場を探してさまよいます。行きついた先は、サーカスのテント。自分の居場所は、見つかるのでしょうか。
20190715z12.jpg

 ジョン・バーニンガムの、独特な色調の絵には迫力があり、物語にただよう悲壮感を、いっそう強調しています。正直、子供たちには、あまり読んでいない(読んでほしいと言われない)のですが、私のお気に入りの絵本です。
20190715z13.jpg

 この絵本に出会う以前、ジョン・バーニンガムの「ガンピーさんのふなあそび」、「もうふ」などを読んでいました。氏の絵本は、ほのぼのとしたもの、という印象があったのですが、特に初期の作品は、ずいぶん作風が異なることを知りました。
20190715z21.jpg



この記事が役立ちましたら、応援をお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング
関連記事
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑









当ブログは、「FC2ブログ」を利用しています。昨今のセキュリティ対応の流れから、当ブログでも、今年に入ってから、SSL/TLS対応(サイトのhttps化)を行うことにしました。

 https化の手順そのものは、簡単なのですが、過去の記事や画像等の資産を十分に活かすためには、リンク先アドレスの書き換えが必要で、この手間がたいへんでした(→こちらの記事)。そうして現在、主要な記事については、対応を終えています。

 …と、思ったのですが。先日、Google Chromeブラウザで、当ブログを表示したところ、セキュリティに関する警告画面(information)が表示されました。「暗号化ネットワークトラフィック・信頼できない証明書」とのことです。普段、Firefoxを利用しているときは、同様の画面は表示されたことがありません。Chromeは、チェックが厳しいのでしょうか。
20190526z01_SECerror.jpg

 ともあれ、当ブログの訪問者において、この画面が表示されて、「ブロック」をクリックされたならば、当ブログへの訪問者が減ってしまいます。ただでさえ多いとはいえない訪問者を、これ以上減らすわけにはいきません。

 というわけで、原因調査です。調査の結果、古いブログランキングへのリンクバナー(画像へのリンク)が、警告表示の原因になっていることが判明しました。
20190526z02_SECerror.jpg

 対策としては、古いリンクバナーを、新しいものに置き換えることです。ただ、これもまた、多数の過去の記事の中に埋め込まれているので、修正が大変です。手作業で進めるしか、ないのでしょうか。
20190526z03_SECerror.jpg

 そんなこんなで、FC2のhttps化の道は、まだしばらく続きそうです。こうした地道な改善を続けて、訪問数が増えるとよいなあ。


この記事が役立ちましたら、応援をお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング
関連記事
omocha201612.jpg
↑↑↑画像クリックで、我が家のおもちゃを紹介します!↑↑↑











Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.