家と子供と、今日のおじさん(仮)

2017年築の家で、妻+子供3人と過ごす記録です。ほのかに工学テイスト。

↓↓↓自宅で過ごす休日に。理系玩具で遊ぼう!↓↓↓ 20190217_logicalprog.jpg

実用性はさておき、飾りたくなる、外観の素敵なドライバー・セット(ねじ回し工具)を物色中です。


★見た目で勝負! 飾るためのドライバーが欲しい
 先日、中国xiaomi(シャオミ)社ブランドの、精密ドライバー・セットを買いました。アルミ製のケースに入った、見た目がたいへん美しいドライバー・セットです(詳細は、→こちらの記事)。
20210109zd123a.jpg
 この精密ドライバー、使いやすくはあるのですが、ケースが無駄に重かったり、めったに使わない特殊ビット(いたずら防止ねじ用)がセットになっていたりして、実用性が高いかどうかは、疑問です。
 しかし、考えてみると、精密ドライバーを使う機会など、月に1回あるかないか、くらいです。すなわち、私にとっては、精密ドライバーの最も頻度の高い利用方法は、「しまっておく」ことと言えます。それならば、いっそのこと「見た目」を最大限重視して、「飾っておける」ような、美しいドライバーを選ぶべきでは。

 そんなわけで今回、「見た目のよさ」を最重視して、ドライバー(ねじ回し工具)を探してみました。


★「見た目」で探すドライバー・セット
 ネット上を捜索して、いくつか、「ピンとくる」アイテムを探しました。以下を紹介します。
1)Jimihome:ビットが長い精密ドライバー
2)iFixit:電子機器の分解修理向け精密ドライバー
3)mininch:ロケットペンシルのようなドライバー
4)Wera:ミニチュアサイズのレンチ&ドライバーセット




◎Jimihome(ジミホーム)
 JIMIHOME(吉米家居)は、中国・上海に拠点を置く「米粒优合家居科技有限责任公司」という会社のブランドです[1]。ペンチやドライバー、電気用テスターなど、DIY用製品を扱っています。
 同社の製品は、本体の外観はxiaomoに似ていますが、xiaomiに比べてビットの首が長く、深い穴にも対応できるメリットがありそうです。ビットはS2鋼材製です。30in1は、斜めに立てられるビット収容部を備えたケースが特徴です。18in1は、細長くてコンパクトなケースが、収納に便利そうです。いずれも、精密ドライバーに加えて、ピンセットがセットです。カッコウイイですが、xiaomiに似ているので、新鮮さが少ないのが難点でしょうか。
・JM-GNT30
・JM-GNT18
[1]吉米家居 JIMIHOME:http://www.shjimi.com/



◎iFixit(アイフィックスイット)
 iFixit(アイフィックスイット)は、さまざまな物品の修理方法を集めた、知識共有サイトです。「修理する権利」に着目し、個人のものは個人で修理できるような社会を目指しているそうです[2]。製品種類ごとの分解に適した、さまざまな工具の販売も行っています。
 私の注目したのは、「Mako Driver Kit-64」というアイテムです。iPhoneなどの「いたずら防止ねじ(頭が特殊形状のねじ)」に対応できる、64種類のビットを備えた、精密ドライバーセットです。さまざまなビットがズラリと並んだ見た目は壮観で、飾って楽しい、眺めて楽しいドライバーだと思います。
・Mako Driver Kit-64
[2]iFixit:https://jp.ifixit.com/




◎mininch(ミニンチ)
 台湾の企業「mininch(ミニンチ、ミニインチ)」の注目製品が、ロケットペンシルのような形状の「ツールペン」です。円筒状のボディの内部に複数のビットを列にして備えており、これを後端から順次前方に繰り出して、ビットを交換します。
 一般的なドライバーサイズのツールペン(プラス#1、#2などを収容)と、精密ドライバーのツールペンミニ(プラス#00、#0、#1などを収容)があります。本体側面に穴があり、そこからビット種類を確認できるのは、機能的な美しさを感じます。ただ、ドライバーは、基本的に「ねじに押し付けて」使うのですが、この構造だとビットがへこんでしまわないのか、疑問があります。精密ドライバーも太すぎて、見るからに使いにくそうです。しかし、例え工具としての使い勝手が劣るとしても、「飾る」という目的には最適に見え、所有欲を満たす製品だと思います。
・Tool Pen: standard bits
・Tool Pen mini: precision bits
[2]mininch: https://mininch.com/




◎Wera(ヴェラ)
 Wera Werkzeuge(ヴェラ・ヴェルクツォイゲ)社は、ドイツに拠点を置き、革新的な工具の創出を目指す工具メーカーです[4]。ラインアップには、美しく、機能的な工具が揃っています。
 私の注目は、「Tool Check Plus(ツールチェックプラス)」です。写真をみると、立派な工具セットですが、実際は200×100mmという、驚くほどコンパクトな製品です。ミニチュアサイズのレンチ・ドライバーは、使い勝手が悪そうで、かなり使用場面を選ぶだろうことが想像されますが、そんなことは問題ではありません。重要なのは、その精密感であり、ずっと眺めていられそうです。まさに、「飾るための工具」にふさわしい。
[4]Wera: https://www-de.wera.de/ja/




★まとめ:使わなくっても、いいじゃない!
 「見た目」に着目した、「飾るためのドライバー」を物色しました。
 ドライバーは工具であり、どうしても「使いやすさ」「耐久性」といった、実用面を重視しがちです。しかし、少し考えてみれば、私のようにドライバーを使う機会がそう多くない人にとっては、実用性はほとんど意味をなさないのかもしれません。むしろ重視すべきは「見た目」「所有欲を満たすこと」ではないでしょうか。

 実用性は置いておいて、「飾って楽しい工具」を備えてみることは、楽しい趣味(「散財」ともいう。)になりそうです。



ランキングクリックをお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング
関連記事
スポンサーサイト



↓↓↓SIKU&BRUDER記事リスト(画像をクリック!)↓↓↓ 20190224_sikubruder.jpg







遊び盛りの子供たちは、家の中を「屋内アスレチック場」に変えて、遊んでいます。


★家でも体を動かせ!「室内アスレチック」はじめました
 昨年(2020年)から続くコロナ状況下で、子供たち(娘9歳、長男6歳、次男4歳)と、気軽に外に遊びにいく機会が減りました。体を動かせないと、力が余ってしまうようです。そこで最近は、室内を遊び場にしています。
20210116za432.jpg

 今回は、我が家の「室内アスレチック」のアトラクションを紹介します。


★ステージ1:うんてい
 最初は「うんてい(雲梯)」です。私たちの家を建てたとき、大工さんに作ってもらったものです。吹き抜けの横に設置してあるので、開放感があります。
20210116za110.jpg 20210116za111.jpg
 運動能力が要求されるため、遊べる人は限られます。娘(当時7歳)は、アクロバティックな遊び方をしていました。最近は、洗濯物干し(ハンガーかけ)として使われていることが多く、使用停止となる日が多いです。
20210116za121.jpg


★ステージ2:トランポリン
 次は、屋内運動器具の定番(?)、「トランポリン」です。(アマゾンリンク商品は、類似商品です。当方の所有物そのものではない場合があります。以下同様。)
20210116za202.jpg
 これは、簡単に遊べます。当時2歳の次男も、乗るだけで楽しめます。耐荷重は100kgくらい(記憶値)あり、大人でも遊べます。さらに、後述の「登り綱(のぼりつな)」と合わせれば、楽しみがアップします。
20210116za211.jpg 20210116za221.jpg
 ただ、最近は稼働率が低いです。子供のコレクションのディスプレイ用などに使われています。購入から3年ですが、そろそろ廃棄しようかと、考えています。
20210116za281.jpg


★ステージ3:バランスボード
 次は、バランスボードです。昨年(2020年)、ステイホーム要請に合わせて購入しました。屋外で運動できないので、家で運動の機会を増やそうという狙いでした。上に乗ってバランスをとると、体幹を鍛えられるそうです。
20210116za501.jpg
 「ファットブレイン・Teeter Popper(ティーターポッパー)」は、裏に付いた吸盤が特徴です。上にのって動くと、吸盤が付いたり離れたりして、ポコポコと音が鳴ります。
20210116za502.jpg 20210116za503.jpg
 慣れてくると、自由に歩くこともできます。左右に交互に体重を乗せて、娘9歳は、とても上手です。なお、床がフローリング(スギのムク木材)ですが、キズがものすごく付く、ということはありませんでした。(もともと、かなりキズだらけなので、目立たないだけかもしれません。)
20210116za504.jpg 20210116za507.jpg


★ステージ4:オゴビルド・ポッド
 変わり種。「オゴビルド・ポッド(Ogo Build POD)」という商品です。ロッドとボールを組み合わせて、立体的な構造物をつくることができます。これは、どちらかというとインドア系の遊びで、長男6歳が関心を持ちました。
20210116za300.jpg 20210116za311.jpg
 上にシーツなどをかけると、「秘密基地」のように遊べます。とても狭いのですが、子供にとっては快適そうです。
20210116za314.jpg 20210116za316.jpg
 難点があります。まず、子供の力だと、ロッドをボールに挿すときに固すぎる点(小学生以上でないとダメそうです)。次に、穴の方向が斜めなので、作れる形状の制約が大きい点。正四面体はきれいにつくれますが、立方体を作ろうとすると、歪んでしまいます(写真左)。最後に、「棒」なので、男子は違う遊び方をする傾向が高い点。次男4歳は、棒を振り回して遊び始めました(写真右)。これは、危険だ!
20210116za380.jpg 20210116za381.jpg
 「秘密基地」で遊びたいなら、それに特化した製品が良さそうです。例えば「Crazy Forts!(クレイジー・フォート)」が、気になっています。



★ステージ5:登りづな
 今回の目玉アトラクションです。天井の「梁(はり)」を利用して、「綱(つな)」をぶら下げました。最初は、不要な布を使って、妻が手作りをしていました。ハンモックのような、ブランコのような遊具として、遊べます。スリルがあって、楽しいです。
20210116za402.jpg 20210116za405.jpg
 そして現在は、立派な「登りづな(ターザン・ロープ)」にアップグレードされました。(Powered by サンタクロース)
20210116za423.jpg 20210116za424.jpg
 梁にベルト(ハンモック用ベルト)を巻き付けて、ガッチリと固定されています(写真左)。登りづなの構想は、この家を建てたときからあり、天井には固定用金具がありました(写真右)。しかし、入手した綱に対して高さが高すぎる(綱が床に届かない)ため、今は梁を使っています。
20210116za425.jpg 20210116za426.jpg
 子供3人がぶらさがった様子は、たいへん微笑ましいです。
20210116za432.jpg


★ステージ6:飛び石
 最後は、飛び石です。「バランスストーン」とも呼ばれるようです。
20210116za603.jpg
 床に置いて行けば、手軽に「アスレチック・コース」ができあがります。登りづなと組み合わせれば、難易度の高いコースにもなります。家の中をぐるぐる回れる間取りを利用して、周回コースを作るのが、人気の遊び方です。
20210116za611.jpg 20210116za613.jpg


★まとめ:遊ぼう! 自宅でアスレチック
 ステイホームが続く日々ですが、子供たちは屋内でも元気いっぱいです! 遊び道具なんてなくても、自分たちで工夫して、新しい遊びを開発しています。
20210116za901.jpg





ランキングクリックをお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング

関連記事
↓↓↓SIKU&BRUDER記事リスト(画像をクリック!)↓↓↓ 20190224_sikubruder.jpg







娘10歳の誕生日プレゼントに、大学と本がテーマのボードゲーム「アルマ・マータ~我らが母校」を買いました。
 明るくてかわいらしい雰囲気ですが、中身は論理的・戦略的な思考が求められ、プレイ時間は3~4時間にも及ぶ、本格的で重量級の内容です。



★★★★詳しい遊び方は、以下参照ください。★★★★★
※ボードゲームファンのサイト「ボドゲーマ」内の、当方投稿記事です。

◎ざっくりルール解説:ゲーム内容を知りたい方向け
https://bodoge.hoobby.net/games/alma-mater/instructions/24540

◎レビュー:おすすめポイントと気になる点
https://bodoge.hoobby.net/games/alma-mater/reviews/24558


★娘10歳・誕生日には本格ボードゲーム!
 娘は、10歳の誕生日に「ボードゲーム」を所望しました。「アルマ・マータ(Alma Mater;アルママータ、アルマメータ)」というゲームです。アルママータとは、ラテン語で「母校」のことだそうです。ルネサンス期の大学を舞台に、カラフルな「本」を活用して教授や学生を集め、立派な大学をつくっていく、という内容です。他のゲームとも比較検討した結果、このゲームを超える魅力のあるものはない、という結論に至りました(詳しい顛末は、→こちらの記事)。

 そして迎えた誕生日。「アルマ・マータ~我らが母校~」現品の登場です! 2020年に欧州・Eggertspieleブランド(エッゲルトシュピーレ;Plan B Games社)で発売されたもので、2021年1月に「完全日本語版」が発売されたばかりです(ArclightGamesより)[1]。
[1]アークライト:Products - アルマ・マータ~我らが母校~完全日本語版
https://arclightgames.jp/product/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%BF%E6%88%91%E3%82%89%E3%81%8C%E6%AF%8D%E6%A0%A1/
20200220zmc002.jpg

 大きく重たい箱を手にとり、さっそく開封です! 今まで遊んだのはカタン、スコットランドヤード程度で、これだけ本格的なボードゲームは初めての私たち。ぎっしりと詰まった物品(専門用語でコンポーネントと言うそうな)に、興奮が高まります。
20200220zmc003.jpg 20200220zmc004.jpg
20200220zmc005.jpg 20200220zmc006.jpg


★カラフルなアイテムで「自分の大学」を成長させる!
 コマやタイルなど、構成部品は明るい色使いで、とてもかわいらしいです。特にプラスチック製の「本」はカラフルで、カッチリとした作りです。この「本」の存在が、娘がアルマ・マータに魅力を感じた、大きなポイントだと思っています。
20200220zmc026.jpg 20200220zmc024.jpg
20200220zmc030.jpg 20200220zmc031.jpg

 ゲームボードは四つ折りになっていて、広げると60センチ角になります。明るくて楽しげな色使いです。この周囲に各プレイヤーのボードやカードを並べると、さらに華やかな雰囲気になります。
20200220zmc040.jpg

 各プレイヤーは、「大学ボード」を持ちます。自分の領地を管理している、という気持ちにしてくれます。ゲームが進んでいくと、このボードや周囲に置かれる学生や教授などのアイテムが充実してきて、大学が成長していく様子を実感できます。
20200220zmc042.jpg 20200220zmc049.jpg
20200220zmc044.jpg 20200220zmc047.jpg

 箱には仕切りがあり、物品一式を収納できます。ただし本当にキチキチなので、しっかり並べないとフタが閉まらなくなります。
20200220zmc051.jpg

 マニュアル(ルールブック)は、完全日本語版です。英語版と比較しましたが、省略なく忠実に訳されていると感じました。私と娘は先に英語マニュアルの翻訳版(自前で翻訳)を熟読していたので、マニュアルを読むことなくスタートできました。妻には、これも手製の「簡単マニュアル」を用意してあり、遊ぶ準備は万端です!
20200220zmc009.jpg 20200220zmc081.jpg


★遊んでみよう! はじめての「重量級ボードゲーム」
 「アルマ・マータ」のカタログ上のプレイ所要時間は、90~150分です。ボードゲーム専門サイトなどの情報によると、所要時間は「重さ」と表現され、90分超は「重量級」と表現されるようです。私たちにとって、これほど長い所要時間のゲームは初めてです。カタログ時間60分の「カタン」でも2時間くらいかかる私たちですから、おそらく3時間はかかりそうです。
 そうした予想があったので、誕生日は丸1日「アルマ・マータ」で遊ぶ、と決めていました。午前中にボードのセットアップをして、昼食後にスタート。途中、誕生日ケーキを挟んで、続きを遊ぶ、という計画です。

 今回の参加者は、娘10歳、私、妻、の3名です。小さい子供(長男6歳、次男4歳)は、今回は観戦としました。

 準備として、ボード上の定められたエリアに、定められたカード群を置いていきます。種類や場所にはランダム要素があるので、毎回少しずつ違った配置になり、何度遊んでも飽きないようになっています。
20200220zp302.jpg 20200220zp301.jpg

 セットアップカードというものを引いて、スタート時の持ち物(本やお金)を決めます。また、ここで「学長」すなわち自分のキャラクターも決まります。キャラクターによって能力(必殺技のようなもの)が違っていて、これを踏まえて戦略を決めることが重要です。このセットアップの後は、完全に運の要素はなく、すべての情報が公開された、論理的思考のみで進めるゲームになります。
20200220zp321.jpg 20200220zp322.jpg

 ゲームは、1人ずつ順番に、1手ずつ行動ができる、という形式です。マスター(ワーカー、修士コマ)というコマを使い、ボード上のスペースに置くと、そのスペースに応じたアクションが行える、という仕組みです。このような仕組み(メカニクス)を、専門用語で「ワーカープレイスメント(worker placement)」と言うそうです。
20200220zp325.jpg

 購入の決め手となった、カラフルでかわいらしい「本」は、ゲーム中で大活躍します。教授や学生を取るときは、決められた色と数の本が必要です。また、自分の色の本は安価で作ることができて、他のプレイヤーに高値で売ることができます。これが重要な収入源になります。自分の本の価値を高める(教授や学生を取るときに必要な本を自分の色にする)方法があって、その方法を活用することで、ゲームを有利に進められます。逆に、自分の本の人気が低いままだと、資金繰りが厳しくなっていきます。
20200220zp332.jpg 20200220zp331.jpg

 ゲームが進んでいくと、自分の教授や学生が増えてきます。教授や学生は特殊効果を持っているので、収入が増え、支出が減り、さらに大学を成長させやすくなります。ボードゲームの専門用語では、継続的な収入の仕組みを作ることを「エンジンビルド」、その仕組みを利用してさらに高い成長を進めることを「拡大再生産」と言うそうです。たくさんの教授や学生がいると、大学ボードがにぎやかになるので、まさに「大学が成長した」という実感を得られて、とても達成感があります。
20200220zp335.jpg 20200220zp336.jpg
20200220zp337.jpg 20200220zp338.jpg


★3時間の熱戦! 時間を忘れて遊びました
 そうして、大学間の競争は佳境を迎えます。対象年齢12歳以上ですが、事前にルールを熟読していたこともあって、娘10歳は大人と互角に戦っていました。このゲームでは、多数の学長・教授・学生が登場し、多彩なボーナスもあるために、全体像を把握していないと、将来の計画が立てにくいです。今回、内容を初見だった妻は、だいぶ苦戦していたようです。
20200220zp339.jpg

 最終ラウンドを終えて、得点計算に入ります。集めた教授や学生の数、「研究トラック」の成果状況などの数字を、足したりかけあわせたりして、総合的に得点(名誉点、名声ポイント)を計算します。得点がいちばん高い人が勝ちです。
20200220zp343.jpg 20200220zp344.jpg

 はじめてのゲーム(3人プレイ)では、以下の結果でした。
・私   :72点★…アルベルティ学長(教授を無料で使える)
・娘10歳:67点 …エラスムス学長(教会でマスター1人追加とみなす)
・妻   :50点 …グラレアヌス学長(セットアップカード1枚追加)
・プレイ時間=約3時間

 予想通り、3時間の長丁場でした。しかし、相手の番であっても、自分の次の手番について考えることが多くて、待っている時間が長いと感じることは、まったくありませんでした。「カタン」などでは待ち時間が長くてイライラする私ですが、このゲームは大丈夫です。
 ただ、プレイ中は時間が短く感じますが、やはり結果的には3時間を要するので、遊べる機会は限られてしまいます。しかし、それでも、なんとか時間をとって遊びたくなるゲームです。あまりゲームに前向きでない妻も今回は乗り気で、積極的に時間を苦心しています。(結局、購入して4日間のうちに、妻は2回、私と娘は3回も遊びました。)
 ボードゲーム専門サイトの情報によると、慣れてくると100点以上をコンスタントにとれるようになるそうです。ぜひもう一度遊んで、高得点を取りたいと思います。


★まとめ:じっくり遊べる! 「学びの場」ボードゲーム
 「アルマ・マータ(完全日本語版)」を実際に遊んでみて、良い点・悪い点を書きます。

◎メリット
  • 本や学校(学びの場)というテーマや、明るい雰囲気のコンポーネントが魅力的(娘にクリーンヒット)。
  • 自分の「大学ボード」が成長していくのを目で確認できるので、達成感を得られる。
  • 論理的な思考を追求できる。遊んだ後の脳の疲労感がほどよく、満足感が高い。

◎デメリット
  • 2~4人のメンバーを、まとまった時間(目安:1時間×人数)拘束する必要がある。
  • 多様な教授・学生の能力やボーナスなどの全体の理解を要し、初心者と経験者の差が出やすい。
  • 運の要素や、一発逆転の要素がなく、アッと驚く展開にはなりにくい。
 
 大学ボードの成長が分かりやすいので達成感があり、プレイ後の脳の疲労感もほどよく、高い満足感を得られます。家族でじっくり、濃密な時間を過ごしたい方に、オススメしたいゲームです。
20200220zmc002.jpg


★★★★詳しい遊び方は、以下参照ください。★★★★★
※ボードゲームファンのサイト「ボドゲーマ」内の、当方投稿記事です。

◎ざっくりルール解説:ゲーム内容を知りたい方向け
https://bodoge.hoobby.net/games/alma-mater/instructions/24540

◎レビュー:おすすめポイントと気になる点
https://bodoge.hoobby.net/games/alma-mater/reviews/24558


この記事が役立ちましたら、ランキングクリックをお願いします:
PVアクセスランキング にほんブログ村
技術・工学ランキング

関連記事
↓↓↓SIKU&BRUDER記事リスト(画像をクリック!)↓↓↓ 20190224_sikubruder.jpg









Copyright © 家と子供と、今日のおじさん(仮). all rights reserved.